Surf Canyon

  • ユーザとの対話でより適切な結果を生み出す検索エンジンSurf Canyonが"完全に動的な"検索を開始

    ユーザとの対話でより適切な結果を生み出す検索エンジンSurf Canyonが"完全に動的な"検索を開始

    Google Instantの人気に便乗して、レレバンシー(relevancy, 検索意図に対する結果の適切性)重視をうたう検索の新人Surf Canyonが今日(米国時間10/11)、“Fully Dynamic Search”(完全に動的な検索)を立ち上げた。それは、このサイトでの検索をブラウザのエクステンションから行えるようにし、ユーザにとってより適切な検索結果を提供するためだ。 Surf CanyonがGoogleやBingと違ってユニークなのは、ユーザとの対話に基づいて検索結果を提供することだ。ユーザが検索中に何か… 続きを読む

  • 検索エンジンの新興企業Surf Canyonがシードラウンドの資金調達に成功

    検索エンジンの新興企業Surf Canyonがシードラウンドの資金調達に成功

    検索エンジンマーケットで勝ち抜くことは今や至難の業だ。しかし、いくつかの新興検索エンジン企業はこの状況に対して新たな試みを行っている。大手の検索エンジンのシステムを利用することによって、自社の検索結果やインターフェイスを向上させるというものだ。タイヤ(検索結果)を安定させる為に、何故タイヤを支えるホイール(検索エンジン)を再発明する必要があるのか?既存のホイールにスポーク(他社の検索エンジン)を増やして、タイヤの安定性を向上させればいいだけの話なのだ。今年の2月に私が書いた、自己資金のみで始動した新興企業Surf Canyonはブラウザ… 続きを読む

  • 検索をハイジャック~Surf CanyonとManagedQに見る検索新潮流

    検索をハイジャック~Surf CanyonとManagedQに見る検索新潮流

    新しい検索エンジンを作ることは不毛に思える。ヤフーとマイクロソフトがグーグルに太刀打ちできないなら零細のスタートアップにどんな勝ち目があるというのだろう? ―というわけで最近は新しい検索エンジンを作るのではなく、代わりに既存の検索エンジンに乗っかった検索アプリケーションの台頭が目につくようになってきた。 一番最近の例が「Surf Canyon」という本日(米国時間2/19)ブラウザ専用アドオン公開に踏み切った会社と、数週間前に静かにサイトを開設した「ManagedQ」だ。どちらも大体1週間ぐらい前から弄って遊んでるんだが、みんな使い慣れた… 続きを読む