監視 / 監視社会(用語)

監視 / 監視社会に関する記事一覧

  • 欧州議会が生体認証による遠隔監視の禁止を支持

    欧州議会が生体認証による遠隔監視の禁止を支持

    欧州議会は、生体認証による大規模な監視を全面的に禁止することについて賛成の立場を採択した。顔認証などのAIを使った遠隔監視技術は、プライバシーのように自由や基本的な権利に大きく関わる問題だが、欧州ではすでに公共の場での使用が浸透している。 続きを読む

  • 欧州人権裁判所は「大規模なデジタル通信の傍受には有効なプライバシー保護手段が必要」と強調

    欧州人権裁判所は「大規模なデジタル通信の傍受には有効なプライバシー保護手段が必要」と強調

    欧州人権裁判所(ECHR)の最高院は、デジタル通信の大量傍受が人権法(プライバシーと表現の自由に対する個人の権利を規定)に抵触することを本質的には認定せず、欧州の監視反対運動家たちに打撃を与えた。ただし、現地時間5月25日に下された大法廷判決は、判事がいうところの「エンド・ツー・エンドの保護手段」を備えた上でこうした侵入的諜報権限を運用する必要性について強調している。 続きを読む

  • アマゾン傘下Ringが警察に映像を取得されたユーザー数についての情報開示を拒否

    アマゾン傘下Ringが警察に映像を取得されたユーザー数についての情報開示を拒否

    Ringは、家庭用ビデオドアベルの大規模な監視ネットワークや、問題のあるプライバシーやセキュリティ運用に対してだけではなく、ドアベルの映像を法執行機関に提供していることでも、多くの批判を受けている。同社は透明性を追求しようとしているものの、これまで何人のユーザーのデータが警察に提供されたかについては開示を拒否している。 続きを読む

  • 今も米国の自治体は中国共産党に関連する監視技術を購入している

    今も米国の自治体は中国共産党に関連する監視技術を購入している

    TechCrunchが入手した契約データから、米国の少なくとも100の郡や町、そして市が、米国政府が人権侵害と関連づけた中国製の監視システムを購入していることがわかった。 続きを読む

  • 米移民局や検察局などが採用中の顔認識技術が一般企業にも売られていた

    米移民局や検察局などが採用中の顔認識技術が一般企業にも売られていた

    ClearviewのCEO Hoan Ton氏は、同社の技術は「法執行機関にしか提供していない」、と言っている。でも同社の最近の顧客リストと、彼のその言葉は矛盾しているようだ。 続きを読む

  • 大学における顔認識技術の導入をUCLAが中止

    大学における顔認識技術の導入をUCLAが中止

    大学構内の防犯カメラの映像を顔認識のソフトウェアで処理することに関心を示していたUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)が、その計画を撤回した。 続きを読む

  • Amazonの顔認識技術による監視網

    Amazonの顔認識技術による監視網

    ACLU(アメリカ自由人権協会)は私たちに、昨年「Amazonの従業員が、同社の顔認識技術を売り込みむために、ICE(アメリカ合衆国移民・関税執行局)の担当者と会った」という情報を教えてくれた。 続きを読む

  • 中国のとあるスマートシティ監視システムのデータが公開状態になっていた

    中国のとあるスマートシティ監視システムのデータが公開状態になっていた

    スマートシティとは、住民の生活が楽になるようにデザインされるものだ。交通整理を行い、公共交通機関が時間どおりに運行できるようにし、カメラを使って頭上からの見守りを行う。しかしそのデータが漏洩したときにはどうなるのだろうか?実はそうしたデータベースの1つが、数週間に渡って誰でも中が見られるようになっていた。 続きを読む

  • 米議会に超党派で提出、顔認識技術の商業的利用を監視監督する法案

    米議会に超党派で提出、顔認識技術の商業的利用を監視監督する法案

    商用顔認識プライバシー法と名付けられたその法律は、顔認識を使用している企業がそのことを消費者に知らせる義務と、企業がユーザーの同意なく顔認識データをサードパーティと自由に共有することに対する制限を定めている。 続きを読む

  • スマート家電が見聞きした情報を政府に開示するかどうかメーカーに聞いてみた

    スマート家電が見聞きした情報を政府に開示するかどうかメーカーに聞いてみた

    10年前には、ほぼすべての家電製品がインターネットにつながることなど想像もつかなかった。今では、スマートではない家電製品のほうが大変に貴重になっている。だが、スマート家電は、普段、私たちが考えてもいない新しいデータを大量に吸い上げているのだ。 続きを読む