合成音声(用語)

合成音声に関する記事一覧

  • 動画音声を本人の自然な声で別言語に吹き替えるAIシステム開発のPapercupが約11億円調達

    動画音声を本人の自然な声で別言語に吹き替えるAIシステム開発のPapercupが約11億円調達

    すでにゲームやテレビ業界で使われているが、話した人の声で別の言語に変換するスピーチ技術を開発した英国のAIスタートアップPapercupは、800万スターリングポンド(約11億円)の資金を調達した。 続きを読む

  • WellSaid Labs、合成音声を数秒間のクリップから数時間のクリップへと進化

    WellSaid Labs、合成音声を数秒間のクリップから数時間のクリップへと進化

    今や何百万世帯もの家庭で音声対応のデバイスが利用されているが、数秒以上続く長い合成音声を普段耳にすることはまずないだろう。WellSaid Labs(ウェルセッドラブズ)は、音声エンジン分野の開発を押し進め、我々が日々Siri(シリ)やAlexa(アレクサ)で聞いている短文と同等、またはそれ以上のクオリティを持つ、数時間にもわたる音声コンテンツを素早く簡単に生成することに成功した。 続きを読む

  • 合成音声に人間の深い感情を吹き込むSonantic、本当に人が泣いているかのような表現も可能に

    合成音声に人間の深い感情を吹き込むSonantic、本当に人が泣いているかのような表現も可能に

    Sonantic(ソナンティック)というスタートアップは、真に迫った泣き方をする「人間の深い感情」を表現できるAIの開発に取り組んでいる。英国を拠点とするこのスタートアップは、先月、EQT Ventures主導による230万ユーロ(約2億7000万円)の投資を獲得したと発表したが、5月12日にその技術がどれほどのものかを示す動画が公開した。 続きを読む

  • WellSaidは人間の代役が務まるほど自然な合成音声を公開

    WellSaidは人間の代役が務まるほど自然な合成音声を公開

    文字で読むより、口で言ってもらったほうがいいことは多い。しかし、今のところ最高の音声技術は音声アシスタントが独占していて、画面の読み上げやオーディオブックの自動生成などには使えていない。 続きを読む

  • Googleの機械学習式音声生成システムWaveNetが、Google Assistantに導入される

    Googleの機械学習式音声生成システムWaveNetが、Google Assistantに導入される

    Googleは昨年、新しい音声生成の方法であるWaveNetを発表した。これは大量の単語ライブラリや、堅苦しくなりがちな簡易手段に頼らない手法だ。WaveNetは、機械学習を使いサンプル毎に音声を生成する。その結果は私に言わせれば「気味が悪いほど良くできた」ものだ。これまではラボの中で提供されていたが、今やこの技術は、最新版のGoogle Assistantに導入されている。 この技術の背後にある基本的なアイデアは、文法や音調のルールを手でコーディングして単語や文を生成するのではなく、機械学習システムを使ってスピーチのパターンを見出し、そ… 続きを読む