Sysmos

  • Sysomos、「6次の隔たり」理論をTwitterで検証

    Sysomos、「6次の隔たり」理論をTwitterで検証

    「ケビン・ベーコン」というゲームのことを聞いたか、実際に試したことがある読者も多いだろう。これは任意に選んだハリウッドの俳優から共演者の連鎖を通じてケビン・ベーコンに一番早くたどり着く経路を探すというトリビア・ゲームだ。これはゲームに過ぎないが、実際には「6次の隔たり」として知られる社会理論をベースにしている。この理論によれば、世界のあらゆる人々は知り合いを6人介せば関係がたどれるというものだ。今日(米国時間4/29)、ショーシャルメディアの統計分析サービスSysomosがTwitterユーザー間の結びつきを分析した興味深いレポートを… 続きを読む