タスク / タスク管理(用語)

タスク / タスク管理に関する記事一覧

  • タスク管理とメモ帳を組み合わせた新感覚の生産性向上アプリ「Routine」

    タスク管理とメモ帳を組み合わせた新感覚の生産性向上アプリ「Routine」

    1日の仕事をより効率的に管理するための生産性向上ツールを開発している新しいスタートアップRoutineを紹介しよう。「Routine」は、タスクと、実行を必要としないメモ、そしてデイリープランナーを組み合わせた、まったく新しいToDoリストだ。 続きを読む

  • スピード重視の新しいタスクマネージャーKairnが登場

    スピード重視の新しいタスクマネージャーKairnが登場

    Kairnは、新しいタスクマネージャーを開発するスタートアップ。Wunderlistが閉鎖される中、革新的なタスク管理サービスにはニーズがあることを証明したいと考えている。重視しているのは、タスクを入力する作業を、できるだけ簡単すること。 続きを読む

  • Googleが単独のトゥドゥアプリGoogle Tasksをリリース、メールやカレンダーと連携あり

    Googleが単独のトゥドゥアプリGoogle Tasksをリリース、メールやカレンダーと連携あり

    今日(米国時間4/25)はGmailのデザイン一新というビッグニュースが目立ったが、しかしGoogleはその陰でひっそりと、同社の生産性アプリケーションの一員となる新しいツール、Google Tasksを立ち上げた。このアプリケーションはその名のとおり、タスク(仕事、作業)のリストや予定表(to-dos)を作って見て編集できる場所だ。それには、新しいGmailやGoogle Calendarを起源とするタスクも含まれる。 続きを読む

  • タスクマネジメントアプリのAsanaが、手軽で便利なカスタムフィールド機能を追加

    タスクマネジメントアプリのAsanaが、手軽で便利なカスタムフィールド機能を追加

    Facebookの共同創業者のDustin Moskovitzと、Facebookの初期の従業員Justin Rosensteinによって創業されたエンタープライズSaaSのAsanaは、チームが何を行えば良いかの明確化を簡単にし、より生産的になる手助けをしてくれるワークフローとタスク管理アプリとして有名だ。しかし、本日、同社は新しいサービスを公開した。何をすればよいかをはっきりさせるだけではなく、実際にそれを行う手助けもしてくれるサービスだ。 続きを読む

  • SaaSの作業管理ツールに自由度の大きいカスタム化機能を導入したWrike、今後は大企業もねらう

    SaaSの作業管理ツールに自由度の大きいカスタム化機能を導入したWrike、今後は大企業もねらう

    作業管理ツールは二種類あるようだ。高価でカスタマイズの幅の大きいエンタプライズソリューションか、または、自由度の乏しい消費者ソフト的な製品だ。Wrikeは、今日(米国時間12/15)のアップデートで、同社の作業管理とコラボレーションのサービスにより、両者のギャップを填めようとしている。 続きを読む

  • To-Do管理のAny.DO、Gmailとの統合して今後もこれを強化予定。メールからのTo-DoをiOS、Android、そしてChrome間にて簡単共有

    To-Do管理のAny.DO、Gmailとの統合して今後もこれを強化予定。メールからのTo-DoをiOS、Android、そしてChrome間にて簡単共有

    モバイルで広く活用されているTo-Doリスト管理アプリケーションのAny.DOをご存知のことと思う。Eric SchmidtのInnovation Endeavors、Blumberg Capital、Genesis Partnersなどから100万ドルの資金を調達しているサービスだ。このAny.DOは「単なるタスクリスト以上のもの」を目指すと宣言しているが、最近、Gmailとの統合機能をリリースしている。新機能を利用することで、GmailからTo-Doを作成して、Any.DOを利用しているデバイス間で簡単に共有できるようになるわけだ。… 続きを読む

  • Android版で大人気となったTo-Do管理アプリケーションのAny.DO、ついにiOS版およびウェブ版が登場

    Android版で大人気となったTo-Do管理アプリケーションのAny.DO、ついにiOS版およびウェブ版が登場

    Androidの世界で評判になっているTo-Do管理アプリケーションのAny.DOのiPhone版がついに登場した。それと同時にウェブ版もリリースされている。Any.DOはTaskosを開発したメンバーが開発したもので、Androidマーケット内で最も有名なTo-Do管理アプリケーションのひとつとなっている。企業としてのAny.DOは100万ドルのエンジェル資金を集めて、昨年11月に立ち上げられた。いくぶんかはiPhone利用者にも羨ましく思われたはずの(と、謙虚に表現しておこう)アプリケーションが、ついにiPhoneでも利用できるよ… 続きを読む