TC Disrupt Hackathon

  • Meter Maid Monitorは駐車違反取締りを出し抜くサービス

    Meter Maid Monitorは駐車違反取締りを出し抜くサービス

    今年のTechCrunch Disruptハッカソンでおそらく一番気に入ったハックは、非常にサンフランシスコらしい問題を解決するものだった。Meter Maid Monitorはハイテクなクラウドのマジックを使って、市内の2時間制限駐車スペースに止めた時の、メーターメイド[駐車違反を取締る婦人警官]とのバトルを自動化する。 続きを読む

  • Waiterは、あなたに代ってカスタマーサポートの電話を待ってくれるサービス

    Waiterは、あなたに代ってカスタマーサポートの電話を待ってくれるサービス

    サポート電話で待たされるが好きな人などいないが、担当者が空いた時に電話をかけてくる会社はほとんどない。 その結果私たちは延々と待たされ、挙句の果てに電話をかけていることを忘れてしまい、相手に切られたり時間切れになったりする。いずれの場合も待った時間は無駄になる。 続きを読む

  • 国際ガールズデー特別寄稿:小4女子ですがTechCrunch Disruptに参加しました!

    国際ガールズデー特別寄稿:小4女子ですがTechCrunch Disruptに参加しました!

    編集部:先日のTechCrunch Disruptハッカソンではカリフォルニア州サニーベールから来た小学校4年生のAlexandra Jordanが聴衆のお気に入り賞を獲得した。 JordanはSuper Fun Kid Timeという友だちと遊ぶ時間を予約するサービスを自分で考案し、コードを書き、プレゼンをした。ローンチは11月になる予定だ。10月11日は昨年国連によって正式に国際ガールズデーと定めれられた。そこでわれわれはこの日を記念してJordanにガール・ハッカーとしてDisruptに参加した体験を寄稿してもらった。 1月ほど前、パパと私は… 続きを読む

  • StoryKidは、文学博士2人が作った子供がお話を作るためのアプリ

    StoryKidは、文学博士2人が作った子供がお話を作るためのアプリ

    子供はごっこ遊びが大好きだ。今日Disrutpハッカソンで紹介されたStoryKidというアプリは、これに注目して子供に視覚的ヒントとして一連の絵を見せ、それに基づいてお話を作らせようという新しい試みだ。StoryKidのターゲットは2~5歳の、おしゃべりはできるが書くにはまだ早い子供たちだ。開発したのはコロンビア大学の比較文学博士ふたりで、その目標は子供たちが物語や文学の世界に進むのを助けることだ。そして共同ファウンダーのTianjiao Yuが私に言ったように、これは親たちが自作のお伽ぎ話を作るアイデアがなくなった時にも使える。 続きを読む

  • ハッカソンの最年少出場者は14歳のニューヨークっ子

    ハッカソンの最年少出場者は14歳のニューヨークっ子

    夕べ(米国時間5/21)のニューヨークは、TechCrunch DisruptのHackathon(ハッカソン)に集まって腕を競うハッカーたちの熱気でむんむんしていた。ガソリンの代わりにRedBullとコーヒーと大量のジャンクフードが体の中で燃焼している彼らは、 徹夜もへいちゃら、自分のアイデアを審査員の目に見える形にするのに懸命だった。審査員は、VCのJeff Clavier、Canv.asのファウンダChristopher Poole、それにGoogleの製品担当VP Bradley Horowitzだ。 さて、この記事と写真でご紹介するのは… 続きを読む