TC40

  • アリーナの男

    Yossi VardiはTechCrunchを始めてこのかた知り合った中でも、本当に知り合えて良かったと心から喜べる一人だ。世界中のテクノロジー関連のイベントを飛び回っている人なので、会場で人垣に囲まれてニコニコしているモシャモシャ頭の男を見かけたら、それがヨシだ。 彼の業績を知りたい人は、wikipediaのエントリが参考になる。ICQの最初の投資家として有名だが、それ以外にも60社を超える企業に出資している。 先月もわざわざ専門家パネルとしてTechCrunch40参加のために時間を割いてくれた。 スタートアップ各社と討論中、ヨシはセオド… 続きを読む

  • Facebook、Accel、Founders「fbFund」発表。Facebookアプリ開発スタートアップ企業に補助金提供へ

    Facebook、Accel、Founders「fbFund」発表。Facebookアプリ開発スタートアップ企業に補助金提供へ

    Facebookファウンダー/CEOであるMark Zuckerbergは、同社がAccelとFounders Fundと共に「fbFund」の名称で新事業を始めることを発表。これは、今日午後(米国時間9/17)TechCrunch40コンファレンスで、Michael Arringtonとの基調講演トーク中に、Mark Zuckerbergが明らかにしたもの。 同ファンドの規模は、$10M(1000万ドル)(AccelとFounders Fundからのもの)。Facebookアプリ開発を専門に手がけるスタートアップ企業各社に対し$25,000(2… 続きを読む

  • TechCrunch40、Mintが$50,000の賞金を獲得!

    TechCrunch40、Mintが$50,000の賞金を獲得!

    Jason Calacanはたった今、MintがTechCrunch40のベスト・プレゼンテーション企業として選ばれたことを発表した。素晴らしいパーソナル・ファイナンス・アプリケーション(オンライン版会計ソフト)を提供するこの企業には、賞金として$50,000(5万ドル)が贈られた。 Mintは、今朝、「生産性とウェブアプリケーション」をテーマとしたSession5中にプレゼンテーションをした企業のひとつ。そのセッションのレポートはこちらからどうぞ。 下記は、 TechCrunch40 websiteにあるMintの企業紹介文。 “M… 続きを読む

  • TC40 パネルディスカッション:エグジット戦略

    TC40 パネルディスカッション:エグジット戦略

    午前中のパネルセッションでは資金調達について議論したが、TC40最後のパネルセッションは、スタートアップ・サイクルの終点に至る「エグジット戦略」にフォーカスしたもの。TechCrunchのHeather Hardeがモデレーターを務め、パネリストとしてはMichael Montgomery (Montgomery & Co社)、Craig Walker (GrandCentral/Google)、Raj Kappor (Mayfield)、Ted Wand (Fenwick)、Michael Marquez (CBS)、Evan Williams (Ob… 続きを読む

  • TechCrunch40、Kalturaが40番目の企業としてプレゼンの栄光を手に

    TechCrunch40、Kalturaが40番目の企業としてプレゼンの栄光を手に

    ブルックリンを拠点とするKalturaは今年のTechCrunch40カンファレンスにて、次世代フォーラム・プロバイダーTanglerをわずかの差で倒し、第40番目の企業としてプレゼンテーションの機会を得るという栄光を手にした。 会場に設置されたDemoPitで本日デモをしていた同社は、この2日間Pit内の企業の中でもっともポーカーチップを多く手にした企業である。カンファレンスの参加者はチップ2枚が与えられ、ひとつは月曜日にPit内でのお気に入りの企業に、もうひとつは2日目に気に入った企業に与えるようになっていた。そして、投票によりKa… 続きを読む

  • TechCrunch40 Session 8: あらゆる年代層へのエンターテイメント

    TechCrunch40 Session 8: あらゆる年代層へのエンターテイメント

    FlowPlay FlowPlayは、ブラウザーベースのカジュアルゲームを軸に作られたバーチャルワールドコミュニティ。ユーザーは自分で作成したアニメ風アバターを使って、バーチャルグッズを獲得しながらカジュアル・ゲームをプレイする。バーチャルグッズには、服や冷蔵庫、そのほかのバーチャルストアのアイテムが含まれる。アバターのために遊べる。このサイトでは、単にカジュアルゲームをプレイするか、もしくはバーチャルワールドで人々と交流するか、もしくは両方のオプションが用意されている。 アニメーション・バーチャルワールドのサービス、アニメスタイル2.5… 続きを読む

  • TechCrunch40 Session 7:リッチメディアとマッシュアップ

    TechCrunch40 Session 7:リッチメディアとマッシュアップ

    現在、個々の企業のサマリーに続けて、直接TechCrunch 40のフロアからセッションをライブブロギングでお届けしています。 XRT3D XTR3D Dは、ユーザーが3Dの動作を使ってコンピュータやゲームコンソールと対話することを可能にするソフトウェアを開発している。そのリアルタイムソフトウェアは、簡単なWebカメラ1個でとらえた人間の動作を3次元解析する。ユーザーは、キーボードやマウス、ジョイスティックなどを使わずに、ゲームを愉しみ、仮想世界とのインタラクションができる。彼らはこの技術を“3D Human Machine Inter… 続きを読む

  • TC40パネルディスカッション: 資金調達

    TC40パネルディスカッション: 資金調達

    サンフランシスコのダウンタウンからライブ中継。現在パネルディスカッションをライブブログ中、ここにいる数多くのスタートアップの興味の的: 資金調達。 パネルは、モデレーターJason Calacanisの他、Jay Adelson (Digg)、David Sacks (Geni)、RoelofBotha (Sequoia)、Sumant Mandel (Clearstone)、George Zachery (CRV)、Hank Barry(Howard Rice)、Jeff Clavier (SoftTechVC)。 Wifi不調、でも再度トライ 質問(Q): 会社はどう… 続きを読む

  • TechCrunch40: Jeff Clavierが$12Mベンチャーファンド発表

    TechCrunch40: Jeff Clavierが$12Mベンチャーファンド発表

    エンジェル投資家でスタートアップアドバイザーのJeff Clavier(写真はDiggのファウンダーKevin Roseと)が、本日(米国時間9/18)TechCrunch40カンファレンスで、新しく$12M(1200万ドル)のアーリーステージベンチャーファンドを発表した。新ファンドの名称はSoftTech VC IIになる模様。 Clavierはコンピューターサイエンス学位を持ち、ここ数年積極的にベンチャーに投資を続けている。よく知られたところでTruveo(AOLが推定$50M(5000万ドル)で買収)、Userplane(AOLが推定$3… 続きを読む

  • Google、TechCrunch40にて「Presently」を公開!

    Google、TechCrunch40にて「Presently」を公開!

    ステージには、Googleが「Google Presently」の正式なプレゼンを発表。先にサービスの概要をまとめているので、こちらをどうぞ。 新名称は、「Google Docs」 デモでは、マイケル・アーリントンの写真が使われていた。ナイス! 「Presently」の共有機能とグループチャットを特に強調している。 質問(Q):GoogleはYahooがZimbraを買収したことをどう捕らえているか、とMichaelが質問。 回答(A): 「競争」は大切だし、皆にとっても良いことだ。 Q: オフライン・バージョン(のりリースは)? A: ユーザーは欲しがっ… 続きを読む

  • TechCrunch40 セッション6: 収益モデルと分析

    TechCrunch40 セッション6: 収益モデルと分析

    セッション6の内容は次の通り。ライブノートを交えてお届けする。 Spottt (Adbrite) Spotttは同好のサイト同志がプロモーションするのを無料で支援するサービス。自分のサイトやブログかMySpaceのプロフィールにSpottを置くだけ。誰かの広告を表示するたびに、誰かが自分の広告を出している。SpottはAdBriteが、LinkExchangeの共同ファウンダーTony Hsiehの協力の元に開発した。 わかりやすいモデル、1対1の交換モデル。Microsoftに買われたかつてのリンク交換プログラムと同じ。 旧版よりも便利になった… 続きを読む

  • TechCrunch40 Session 5: 生産性とウェブアプリケーション

    TechCrunch40 Session 5: 生産性とウェブアプリケーション

    セッション5の模様をライブレポートを含め以下にまとめた。文中の意見はMark HendricksonとDuncan Rileyによるもの。 Xobni Xobniのサービスは、ユーザーがメールをより良く整理、検索、ナビゲート可能にすることを目指している。ユーザーがコミュニケーションを図る各個人についてのプロフィール情報を制作。ユーザーが取り組んでいる事項について、関連履歴情報を提供する。また、Xobniは、コンタクト情報、会話スレッド、添付、関連人物、メール利用データ、ウェブからの情報などを表示。 Xobniは、ユーザーの住所録にコンタクト情報… 続きを読む

  • TechCrunch 40 初日まとめ

    TechCrunch 40 初日まとめ

    パーティはまだまだサンフランシスコ市内で続いているが、TechCrunch 40 Conference初日をまとめてみよう。イベントは全てライブでブログして、写真数点も同様に添えている。スペルミスはまた明日(米国時間9/18)か、あさってにでも修正したい。 TechCrunch 40 セッション 1: 検索と発見 ラップトップコンピュータとカメラを引っさげた1000人程度の参加者を目前に、トップバッターとしてプレゼンするというのはひるんでしまいがち。しかし、プレゼンの不具合にも関わらず、最初のスタートアップ企業のプレゼンはすばらしい出来だった。 Cas… 続きを読む

  • TC40 Mark Zuckerbergを迎えての基調講演トーク

    TC40 Mark Zuckerbergを迎えての基調講演トーク

    Mark Zuckerbergを迎えての「Keynote Conversation(基調講演トーク)」。ライブでブログした模様を以下に。 ボス(Michael Arrington)がステージ上に登場、Mark Zuckerbergを紹介。会場は満員だ。Facebookに関する意見はさまざまだろうが、Zuckerbergが驚くべきことをやってのけたということに異議を述べる人はそれほどいないのではないだろうか。特に彼がまだとても若いということを考えると。 MichaelがZuckerbergを紹介すると満場の拍手。 MichaelがFacebookスト… 続きを読む

  • TechCrunch 40セッション4:クラウドソーシング

    TechCrunch 40セッション4:クラウドソーシング

    セッション4の内容は次の通り。ライブノートを交えてお届けする。 Cake Financial Cake Financialは、ユーザーが投資ポートフォリオ全部を1ヵ所で追跡することができるようにするソーシャルインベストメント・サービス。このサービスは、個人投資家が最長10年間に遡ってパフォーマンスの記録を確認し分析することができるようにするもの。ユーザーはまた、リアルタイムで友人や家族、トップインベスターのポートフォリオとパフォーマンスを、準資産価値や保有株式、ポートフォリオ・サイズを開示しなくても見ることができる 社会に対して推奨を行っている… 続きを読む

  • AOLがBlueStringをローンチ

    AOLがBlueStringをローンチ

    AOLは、BlueStringという新しい参加型マルチメディア・ストーリーテリング・サービスをTechCrunch 40で発表した。このサイトは、ユーザーが画像、動画、音声コンテンツをWebから集めてミックスし、マルチメディアのスライドショウ型プレゼンテーションとして編集することができるFlexアプリケーション。このショウは、自由に埋め込んだり、友人と共有したりできる。 ユーザーが作成したコンテンツを集めた数十ものサイトがあり、写真やビデオ、音楽を提供している。BlueStringを、Xdriveの閉鎖的な空間にとどまらず、オープンな AP… 続きを読む

  • TechCrunch 40セッション3: コミュニティとコラボレーション

    TechCrunch 40セッション3: コミュニティとコラボレーション

    ライブレポートを含むセッション3の模様は以下。 Story Blender Story Blenderはネット上で協力してビデオ制作をするためのプラットホームで、ユーザーが協力してコンテンツを「ブレンド」して、新しいマルチメディアショウを作る。ユーザーはStoryBlendのオンライン編集ツールを使って、画像、サウンド、テキスト、ビデオクリップなどを「ブレンド」してビデオを作ることができる。出来あがったビデオブレンドは、友人やStoryBlendコミュニティで共有することができる。 セッション3開始。CEOはCyworldのファウンダーでもある… 続きを読む

  • TC40 基調講演―「Humble Beginnings(はじめはみじめだった)」

    TC40 基調講演―「Humble Beginnings(はじめはみじめだった)」

    TechCrunch40 基調講演「Humble Beginnings」[はじめは、みじめだった]のライブブログ。まず講演者の紹介。 SequoiaのMichael Moritzがゲストの3人を紹介、Marc Andreessen、David Filo、Chad Hurley。 超豪華なメンバーだ。AndressenはNetscapeのCTO兼共同設立者、最近ではホワイトレーベル・ソーシャルネットワークのスタートアップNingを共同設立した。DavidFiloは、最初にして最大のインターネット企業、Yahooの共同設立者。Chad HurleyはYou… 続きを読む

  • TechCrunch40セッション2:モバイルとコミュニケーション

    TechCrunch40セッション2:モバイルとコミュニケーション

    ライブブログを含むセッション2の模様は以下。 Cubic Telecom Cubic Telecomは、グローバルMVNOを構築中。同社は、モバイルローミング料金と通話料金を引き下げることで、国際通話の大幅値下げを目指している。コミュニケーション分野のブロガーとしても有名なFounderのPat Phelanは「いつでも、だれでも、どこからでも、通話相手がどの国にいるのか、料金はどれくらいかなどを全く気にせず、好きなだけ話し放題で携帯電話利用ができるような世界の実現」を願っている。 ナイスなスタートだ。グローバルローミング料金は本当に最悪。全く同… 続きを読む

  • Yahoo、「Yahoo Teachers」をTechCrunch40で発表

    Yahoo、「Yahoo Teachers」をTechCrunch40で発表

    「TechCrunch 40」におけるメジャー企業発表者のトップバッターとして、YahooのScott MooreとBill Scottが「Yahoo Teachers」のプレゼンを行った。これは、教職員の毎日をより簡単にすることを目指したリサーチ重視型サービス。「Yahoo Teachers」とは、切り抜きをデータベース化させるサービス。ユーザーは、「gobbler(「ガツガツ食べる人」のような意)」と呼ばれるデスクトップ・インターフェース・クライアントを備えたオンラインのクリップ・サービスを利用することで、リサーチ資料と文献資料をドラッグ・… 続きを読む