TechCrunch50

  • TC50:iPhoneとiMoで、どんなPCゲームでもコントロールできる

    TC50:iPhoneとiMoで、どんなPCゲームでもコントロールできる

    昨年ここでデビューしたクールなiPhoneアプリの一つがSGNのiFunで、iPhoneやiPpd Touchをパソコンゲームをコントロールするものだった。ただし、iFunはiGolfなどSGN製のゲームでしか使えない。新しいスタートアップ、 iMoは、今日(米国時間9/14) ここTechCrunch50で、その能力をあらゆるパソコンゲーム用に拡張する。 多くのパソコンゲームが未だにマウスとキーボードを使ってプレイしている。ハードコアなゲーマーは、この体験を喜んでいるが、少しカジュアルなユーザーは、ゲーム機のコントローラーを好む。ゲーム機の… 続きを読む

  • [jp] TC50: TechCrunch50は日本企業の今後の活躍に期待!

    [jp] TC50: TechCrunch50は日本企業の今後の活躍に期待!

    今年のTechCrunch50では2社の日本企業がデモピットでデモを行った。一社は人物検索のSpysee、もう一社はライフログサービスのLIFEmee。両社にお話を伺った。 「TechCrunchにきてよかったと思ったのは、たくさんの人に見てもらえること。つっこみは厳しかった。ビジネスモデルはどうなのかとか。でも、厳しいからこそ励みになる。」とSpysee。 続きを読む

  • TC50:Insttantは、Twitterからリアルタイムニュースと分析エンジンを作る

    TC50:Insttantは、Twitterからリアルタイムニュースと分析エンジンを作る

    Twitterは、リアルタイム情報を見つける最適の場所としての地位を確立したが、一度でも、search.twitter.comで内蔵検索エンジンを使ったことのある人なら、まだまだ考えなくてはいけないことが多いことがおわかりだろう。その日の「トップトレンド」を除いて、Twitterは、価値ある情報を堀り起こすことには殆ど貢献していない。TC50ファイナリストのInstattantに解決策があるかもしれない。このスタートアップは、リアルタイムニュースをモニターする新エンジンを開発し、さらにこれをブランド、広告キャンペーンをはじめ、およそT… 続きを読む

  • TC50:Perpetually.comは、ウェブ版Time Machine

    TC50:Perpetually.comは、ウェブ版Time Machine

    ウェブの一番の価値 ― 常に進化を続け、修正が容易 ― が、最大のイライラの原因にもなる。それは、ウェブサイトでコンテンツが修正されると、以前あったものが上書きされてしまい、古いコンテンツは痕跡すら残らないことがあるからだ。今日、TechCrunch50でデビューした新サービス、Perpetually.comが、この問題を解決すべく、企業が簡単に自社サイトをバックアップできるサービスを提供する。 同社によると、毎年5~8%の「ブックマークされた」コンテンツが、ページの修正や削除のためにウェブから消滅している。Perpetuallyは、ユーザーの… 続きを読む

  • TC50: プログラミング技術を競うバトルフィールドを提供するTrollim

    TC50: プログラミング技術を競うバトルフィールドを提供するTrollim

    プログラム作成という仕事は、業界的にかなり競争の激しい社会だ。プログラマたちは、これまで積み上げたスキルや能力を比較されることも多い。TechCrunch50に登場したTrollimは、コーディングバトルを通じてコーディングスキルの能力を検証するバトルフィールドとしても機能する、プログラマ向けソーシャルネットワークの提供を行う。 このネットワークに登録すると利用者は「トロル」(trolls)として扱われることになる。尚、登録時には年齢、住所、利用可能言語(C++、Ruby、PHP等)などのプロフィール情報を登録するようになっている。登録… 続きを読む

  • TechCrunch 50 2009 セッション一覧 [ライブ付き・アップデート]

    TechCrunch 50 2009 セッション一覧 [ライブ付き・アップデート]

    〔TechCrunch Japan編集部:初日が終わり、いよいよ二日目。プレゼンテーションを自宅やオフィスで見るためのUstreamも閲覧者数が190,000を超えるなど、イベントの盛況ぶりは増すばかりです。編集部では、DemoPitへ参加した日本の出展企業を含め独自レポートを鋭意作成中、まとまり次第アップしますので引き続きご期待ください。〕 続きを読む

  • TC50:5to1は、売れない広告枠をパブリッシャーに制御させる

    TC50:5to1は、売れない広告枠をパブリッシャーに制御させる

    残り物、別名売り残り広告は、広く知られている用語ではないが、コンテンツを探してウェブをブラウズする標準的な人であれば、正確な意味がわかるはずだ。お気に入りのニュースサイトを見ていて、どうみてもパブリッシャー(サイト運営者)のブランドからかけ離れた広告や、(意図的でないにせよ)見ているコンテンツと不幸な隣り合わせになった広告を見せられた人は、売れなかった広告枠を埋めるためだけに載せられた広告の「犠牲者」である。これが売れ残り広告の行き着く先だ。 5to1は、元Fox Interactive幹部のJim HeckmanとRoss Levinsoh… 続きを読む

  • TC50: FluidHTMLはFlashをHTMLのように簡単に書ける新しいマークアップ言語

    TC50: FluidHTMLはFlashをHTMLのように簡単に書ける新しいマークアップ言語

    AdobeのFlashは言うまでもなくこれまで長年、Webにとって不可欠だった。でもそれはいまだに、検索エンジンと複雑性の2点で大きな弱点を抱えている。AdobeなどがFlashを使ったWebサイトをGoogleフレンドリにしようと腐心してきたが、通常のHTMLのページのようにクローラの対象になるまでには至っていない。FluidHTML通称”Fhtml”は、Flashのような機能と使いやすいHTML言語との融合を目指す新しいサーバサイド*のマークアップ言語だ。〔*: 標準のHTML言語の大部分は要素の表示のための… 続きを読む

  • Bingがビジュアル検索でTC50の審査員たちをうならせる快挙

    Bingがビジュアル検索でTC50の審査員たちをうならせる快挙

    キーワードをたくさん並べるよりも、1枚の絵のほうがよく分かることがある。今日(米国時間9/14)のTechCrunch50では、Microsoftの上級副社長Yusuf MehdiがBingのビジュアル検索機能を発表した。それは結果を、画像の対話的なギャラリー(画像の集まり)として返すのだ。 たとえば”dog breeds(犬種、犬の種類)”とタイプすると、上のスクリーンショットのような画像の集まりが表示され、右端にはスクロールするためのスライダーがある。任意の画像の上をホバーすると、その画像の犬種の名前が検索ボック… 続きを読む

  • TC50: YourVersionが9/14の二つ目のデモピット賞を獲得–ユーザの好みに基づく自動発見エンジン

    TC50: YourVersionが9/14の二つ目のデモピット賞を獲得–ユーザの好みに基づく自動発見エンジン

    入場者の投票で選ばれるTechCrunch50のデモピット(DemoPit)賞、今日の2つめは、ユーザの過去の検索や関心に基づいてコンテンツを推奨してくれる発見エンジン(discovery engine)YourVersionだ。デモピット賞は各日上位2社が入賞企業となるが、今日の最初の勝者はoDeskだった。 YourVersionはユーザがブログ、マルティメディアサイト、Twitter、そのほかのソーシャルサイトなどからコンテンツを探す作業を助け、適切なコンテンツをリアルタイムで更新する。YourVersionがユーザの関心に即した検… 続きを読む

  • TC50: デモピットの最初の勝者oDeskはチームの作業進捗をリアルタイムストリームで監視できる(iPhoneとデスクトップ)

    TC50: デモピットの最初の勝者oDeskはチームの作業進捗をリアルタイムストリームで監視できる(iPhoneとデスクトップ)

    毎年TechCrunch50には、われわれの心に好印象を残す何百というアプリケーションが登場するが、残念ながら決勝に残るものは少ない。そこで今年は、専門家が審査する決勝以外に、一般展示〜デモ会場の入場者が気に入った製品に投票するデモピット(DemoPit)賞というものを設けた。そしてその上位2社が、あらためてステージでプレゼンできる。 今日(米国時間9/14)の最初の勝者は、oDeskだ。製品はiPhoneアプリケーションで、プロジェクトチームの管理者がチームの各員の進捗状況をリアルタイムで監視できるというもの。管理者が得るデータストリ… 続きを読む

  • TC50(デモピット):LIFEmeeは、あなたの人生を「ゆりかごから墓場まで」オンラインで記録する

    TC50(デモピット):LIFEmeeは、あなたの人生を「ゆりかごから墓場まで」オンラインで記録する

    ここTechCrunch50会場には、惜しくもファイナリストになれなかった将来性あふれるウェブ企業が、デモピット出場者として数多く参加している。その中の1社、東京発の従業員4名のスタートアップ、LIFEmeeは、おそらくTechCrunch50全体を通じても特に壮大なアイディアを持っている会社だ。このサービスの狙いは、人生のすべてを、同社曰く「ゆりかごから墓場まで」、オンラインで記録、管理、共有するためのプラットホームになること。 ユーザーは、サイト上で自分の人生を整理するためのツールを、いくつかの種類から選べる。例えば、毎日日記をつけ… 続きを読む

  • [jp] TC50現場レポート 本家のブログはこうして書かれている!

    [jp] TC50現場レポート 本家のブログはこうして書かれている!

    TechCrunch50 1日目がそろそろ終わる。本家には次々に内容を紹介する記事がアップされている。これらについてはできるところから翻訳し、その後、一段落したところでまとめて紹介しよう。 その前に、とりあえず現場の雰囲気を少しご報告。 1750枚のチケットが完売したというのは間違いないようだ。San Francisco Design Centerコンコースの巨大な会場が完全に満席になっている。後ろの3分の1はテーブルなしの椅子だけというスパルタンな状態だが、そこも満員だ。 中央3列目にTechCrunchライターが陣取って豪雨のようにタイピングし… 続きを読む

  • TC50パネル:インターネットは、広告の安売りでゆっくりと自分の首を絞めている

    TC50パネル:インターネットは、広告の安売りでゆっくりと自分の首を絞めている

    TechCrunch50のスタートアップ発表セッションの間を縫って、ここに数々の大物パネリストによる「広告枠が無限にある時代の稀少性と価値とブランドの創成」と題したセッションをAdMeldとの協賛で行う。パネルに迎えているのは、Michael Barrett(AdMeld)、Kenneth Fuchs(Sports Illustrated)、Kal Patel(Best Buy)、Peter Foster( Hi5)、Jim Heckman、Ross Levinsohn (共に5to1)、Aaron Broder(Gorilla Nation)。TechCr… 続きを読む

  • TechCrunch50で発表するスタートアップ企業一覧

    TechCrunch50で発表するスタートアップ企業一覧

    いよいよTechCrunch50が始まった。39ヵ国、1000件を超える応募者の中から選ばれたスタートアップ46社を、ここに発表させていただく。以下に、今日以降デビューする46社の一覧を貼った。残りの4社はデモピットから選ばれる。 カンファレンスの模様は、UStreamを通じてライブストミーミング中継されるので、自宅でオフィスでフォローされたい。ここTechCrunchサイトのほかTechCrunch50ウェブサイトでもご覧いただける。また、このページでは、読者の気に入ったスタートアップに投票できる。Microsoft Bizparkの協… 続きを読む

  • TechCrunch50、各所でライブ配信を開始

    ついに始まった。ファイナリストたちは準備に準備を重ねている。Demopitに参加する企業もホールに溢れている。ついに今年もTechCrunch50が始まろうとしている。自宅(あるいはオフィス)からイベントを追いかけている人のために、TechCrunchではUStreamを使った生中継を行う。もちろんTechCrunch50専用サイトもある。またこちらのページから、マイクロソフトのBizparkを利用して出展企業に対する投票も行えるようになっている(スタートアップ企業がプレゼンテーションを始める時間になると投票受付も開始する)。最も多く… 続きを読む

  • TechCrunch50カウントダウン。先輩からのアドバイス

    TechCrunch50カウントダウン。先輩からのアドバイス

    恒例の第3回(3連続完売)TechCrunch50のサンフランシスコ開会イベントまでもう1日を切った。50社のスタートアップが、数千の聴衆を前に、壇上での新製品デビューに備えている。彼らは緊張しているのだろうか。もちろん。しかし、これもまた、スタートアップ起業家でいられるというすばらしい混頓の世界への通過儀礼なのである。 続きを読む

  • 人気芸人コンビのPenn & Tellerが、TechCrunch50で新製品を発表

    人気芸人コンビのPenn & Tellerが、TechCrunch50で新製品を発表

    本誌では、TechCrunch50ファイナルでデビューする、50の新製品とスタートアップを慎重にガードしており、最終リストはイベント当日まで誰も見ることができない(プレスにさえ配らない)。しかしその一方で、どんなものが登場するのか雰囲気だけでも来場者に知らせるために、一社だけ参加企業を事前告知することにしている。 そして今年は、Penn & Tellerが、TechCrunch50で新しい消費者向けテクノロジー製品を発表することを、ここに謹んでお知らせしたい。 この2人は30年間コンビを組んでおり、9月にはRio All-suite H… 続きを読む

  • 太っ腹! ハッシュタグ#TechCrunch50を使ってtweetすると$2500のチケットが毎日1人に当たるぞ

    太っ腹! ハッシュタグ#TechCrunch50を使ってtweetすると$2500のチケットが毎日1人に当たるぞ

    このメッセージはTechCrunch50の共同主催者、Jason Calacanisからのもの この秋のTechCrunch50カンファレンスを盛り上げるために、われわれはTechCrunch本社の会計係を説得して、明日以降45日間、$2,500のチケットを毎日1名にプレゼントすることにした。なんと総額$100,000以上のプレゼントだ。 財布がすっからかんだったり、レイオフされていたり、ケチだったりする読者に大チャンスだ。応募の方法はTwitterでメッセージを送る際に、#techcrunch50というハッシュタグをメッセージの最後に入れ… 続きを読む

  • TechCrunch50でデビューしたFitbit、$2MをTrue VenturesとSoftTech VCから調達

    TechCrunch50でデビューしたFitbit、$2MをTrue VenturesとSoftTech VCから調達

    Fitbitではクリップで身につけておくと常時位置情報をモニタしてくれる小さいスマートなデバイスを作っているが、このほどTrue Ventures、SoftTech VC、その他エンジェル投資家から$2Mの調達に成功した。同社として、機関投資家からの資金調達はこれが最初らしい。 このデバイスは2009初頭にも$99で市販開始予定となっている。収集された位置情報からユーザーの運動量を推定し、それを元に消費カロリーを計算する。内蔵された加速度計によってユーザーの歩数や睡眠時間も記録できる。 収集されたデータはワイヤレス基地局経由で専用のウェブサイ… 続きを読む