ティーンエイジャー / 10代(用語)

ティーンエージャー / 10代に関する記事一覧

  • フランスの10代向けチャレンジャーバンクVybeが約3.1億円調達

    フランスの10代向けチャレンジャーバンクVybeが約3.1億円調達

    フランスを拠点とするスタートアップのVybeは、ティーンエイジャー向けのチャレンジャーバンクを構築するために240万ユーロ(約3億1000万円)の資金調達を行った。同社は現在、ソフトローンチで製品をテストしている。ユーザーはデジタルウォレットとペアになったMastercardの支払いカードを受け取る。 続きを読む

  • 「キッズ向け仮想世界」Animal Jamの制作会社が10代のゲーム好き女子対象の新コンテンツ「Fer.al」発表

    「キッズ向け仮想世界」Animal Jamの制作会社が10代のゲーム好き女子対象の新コンテンツ「Fer.al」発表

    子供たちは、Roblox、Minecraft、Fortniteなどのゲームの広大な仮想世界へと進む前に、Animal Jamなどでオンラインソーシャルゲームに関わり始めることが多い。米国時間3月8日、この人気ゲームの生みの親WildWorksは新ゲームFer.alを発表した。このゲームはAnimal Jamのレガシーをベースに、Z世代のティーンを対象にしている。 続きを読む

  • TikTokとの競争激化でInstagramが10代向けのセイフティーツールを新たに導入

    TikTokとの競争激化でInstagramが10代向けのセイフティーツールを新たに導入

    2021年1月にTikTokはプライバシーの設定をアップデートし、デフォルトでティーンのユーザーに対する制限を強化した。米国時間3月16日、Instagramもこれに続いてティーンのプライバシーに関してアップデートした。 続きを読む

  • スマホ中毒の十代は、スポーツやリアルな遊びをする子供たちほど幸せではない(研究結果)

    スマホ中毒の十代は、スポーツやリアルな遊びをする子供たちほど幸せではない(研究結果)

    これを聞いて驚く親はいないだろうが、スマートフォンの使いすぎは十代を不幸にする。 続きを読む

  • AI搭載時間追跡アプリTimeを使えばタスクの先延ばしも解消?

    AI搭載時間追跡アプリTimeを使えばタスクの先延ばしも解消?

    あなたはToDoリストを作るのが好きだろうか?にもかかわらず、計画したアイテムの達成に失敗してしまいがちではないだろうか?先延ばしをしがちな人を対象にした新しいアプリケーションが役立つかもしれない。単純なチェックリストや時間トラッカーの代わりに、Timeアプリは呼び出されると、アイテムに割り当てられた時間が無くなっていくにつれて、緑から黄色そして赤色に変化するタイマーを使って、あなたが手元のタスクをきちんとマイクロマネージするように仕向ける。 もちろん、現在App Storeには既に数多くのタイムトラッカー、ToDoリスト、そしてリマイン… 続きを読む

  • 次のSnapchatを狙うZenlyの成長戦略

    次のSnapchatを狙うZenlyの成長戦略

    フランスの位置情報共有アプリケーションZenlyは、次のSnapchatになることを願っている。共同創業者のAntoine MartinがTechCrunch Disrupt Londonに出演して、そこへ向かう戦略について話した。 元のアイデアはFoursquareのチェックインから得たものだったが、Zenlyではユーザーがチェックインして有人や家族と場所を共有することができる。Martinは、2〜3年を費やして、元GoogleやAppleのエンジニアたちと一緒に製品を完成させ、プライバシーを確​​保した。 続きを読む

  • 匿名画像投稿サイトから画像SNSにピボットした「Pictory」、中高生人気を集めて月間1億PVを突破

    匿名画像投稿サイトから画像SNSにピボットした「Pictory」、中高生人気を集めて月間1億PVを突破

    以前にTechCrunchで紹介したカクテルの運営する匿名画像共有アプリ「Pictory」。2014年1月のサービス開始から約2年半……時間はかかったが、サービスが好調だという。10〜20代を中心にしてユーザーを拡大。2014年4月時点で月間200万だったページビューは、2016年8月に1億ページビューにまで成長した。 続きを読む

  • 10代がハマるサービスってどんなもの——TechCrunch Tokyoでツイキャス、uuum、アオイゼミに聞く

    10代がハマるサービスってどんなもの——TechCrunch Tokyoでツイキャス、uuum、アオイゼミに聞く

    先日、グラフティ社の高校生向け雑誌「HR」を見せてもらう機会があったのだけれど、その読者アンケートに「よく使うLINEのスタンプは?」「よく読む芸能人ブログは?」「Instagramでよく見かける芸能人は?」といった質問が並んでいた。当たり前と言えば当たり前なのだが、LINEの「5億ユーザー」という数字が物語るように、LINEやInstagramといったサービスは幅広いユーザーに受け入れられているわけだ。 続きを読む