遠隔医療(用語)

遠隔医療に関する記事一覧

  • 在宅のホルモンテストで女性の閉経時期を予測する遠隔医療スタートアップThe Cusp

    在宅のホルモンテストで女性の閉経時期を予測する遠隔医療スタートアップThe Cusp

    The Cusp(ザ・カスプ)は閉経前後の女性に遠隔診療を提供する新たなスタートアップだ。同社はクリニックに足を運んでテストを受ける費用をなくす在宅ホルモンテストを展開する。 続きを読む

  • Elektra Labsがバイオセンサー評価ツールを無料提供、新型コロナによる医療崩壊防止を目指す

    Elektra Labsがバイオセンサー評価ツールを無料提供、新型コロナによる医療崩壊防止を目指す

    米国の新型コロナウイルスパンデミックが拡大を続ける中、医療関係者、研究者はあらゆるリソースとテクノロジーを使って患者をケアし、疾病の本質を解明して対抗しようと全力を挙げている。医療機器のテクノロジーをモニターし評価するスタートアップが、同社のサービスを医師に無料で提供することにしたのもそうした努力の1つだ。 続きを読む

  • 1訪問30ドルのペット向け遠隔医療プラットフォーム開発のAirvetが15億円調達

    1訪問30ドルのペット向け遠隔医療プラットフォーム開発のAirvetが15億円調達

    遠隔医療は人間だけの話ではない。アメリカのおよそ65パーセントの世帯がペットを飼っているが、獣医がそのむくむくの患者さんを遠隔診療できる手段を提供している企業は多く存在する。その中に、創設2年目、従業員数13人というロサンゼルスのスタートアップAirvetがある。そこが最高とされ、その評判により投資家の期待も同等に得ているのには、相応の理由がある。 続きを読む

  • TwilioのビデオプレーヤーがZocdocの遠隔医療サービスに採用

    TwilioのビデオプレーヤーがZocdocの遠隔医療サービスに採用

    電話やメッセージの発着信サービスを展開するTwilioのビデオプレーヤーが、Zocdocが米国時間5月13日から顧客向けにローンチする新しいビデオコンサルサービスのバックボーンとして採用されることが明らかになった。 続きを読む

  • アルコール依存症と戦う患者を遠隔医療で支えるMonument

    アルコール依存症と戦う患者を遠隔医療で支えるMonument

    米国では18歳を超える成人1440万人が何らかのアルコール依存症だ。しかし、治療を受けているのは、そのうちのわずか7.9%。米国におけるアルコール関連死者数は、およそ8万8000人にのぼり、米国での予防可能な死因の第3位となっている。また、アルコール関連の疾患には2490億ドル(約26兆8000万円)が費やされている。 続きを読む

  • 断片化された医療データの統合で患者の命を救え

    断片化された医療データの統合で患者の命を救え

    病院や緊急診療所(アージェントケア)などの医療制度では患者のカルテを何年も電子的に保管しているが、患者自身はそうした医療データに容易にアクセスできない。 続きを読む

  • MITが布に織り込める健康モニタリング用センサーを開発、洗濯機でも洗える

    MITが布に織り込める健康モニタリング用センサーを開発、洗濯機でも洗える

    MITが開発した新しいタイプの軽量センサーは、布のような曲げられる素材に組み込める。 続きを読む

  • Boston Dynamicsの四足ロボが病院内を闊歩、新型コロナの遠隔医療で活躍

    Boston Dynamicsの四足ロボが病院内を闊歩、新型コロナの遠隔医療で活躍

    この2週間、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)のロボット、Spot(スポット)は、地元ブリガムアンドウィメンズ病院の廊下を歩きまわっている。 続きを読む

  • MITの在宅新型コロナ患者の動きと呼吸を検知するワイヤレス装置が遠隔治療をサポートする

    MITの在宅新型コロナ患者の動きと呼吸を検知するワイヤレス装置が遠隔治療をサポートする

    新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックは医療従事者に前例のない困難をもたらしている。中でも大きな課題はソーシャルディスタンス問題であり、自身が感染することなく診察と治療を行うためにまったく新しい取り組みが必要になる。 続きを読む

  • Googleが検索とマップで遠隔治療サイト情報を強調表示、当面英語のみ

    Googleが検索とマップで遠隔治療サイト情報を強調表示、当面英語のみ

    仮想診療への関心が高まっているが、患者は現在どのようなものが利用できるか知らないことが多い。Googleは今後2週間かけてGoogle検索とGoogleマップに、遠隔治療の選択肢を強調表示するオプションを導入する。 続きを読む

  • 新型コロナで需要急増中の遠隔医療コンサルTyto Careが約54億円調達

    新型コロナで需要急増中の遠隔医療コンサルTyto Careが約54億円調達

    在宅健康診断デバイスと遠隔診療コンサルテーションアプリのプロバイダーTyto Careが、新たなラウンドで5000万ドル(約54億円)を調達した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的パンデミックにより、需要が急増する中での資金調達となった。Tyto Careのツールキットは遠隔診療の診断ソリューションとして使われており、2019年だけでも売上は3倍超となっている。 続きを読む

  • 遠隔医療が新型コロナ流行抑制に「まだ」大きく寄与していないのはなぜか

    遠隔医療が新型コロナ流行抑制に「まだ」大きく寄与していないのはなぜか

    新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが猛威を振るっている。米国で感染者が激増する中、新型コロナの急激な感染拡大で最もありそうな可能性の1つは、病院の対応能力がパンクしてしまうことだ。 続きを読む

  • オンライン個人認証の需要がCOVID-19により急上昇

    オンライン個人認証の需要がCOVID-19により急上昇

    COVID-19のパンデミックの中、従業員をテレワークに切り替える企業が増え、ビデオ会議やZoomなどのコミュニケーションツールが爆発的な需要の伸びを記録している。 続きを読む

  • 遠隔医療で動画・メッセに厚労省がゴーサイン、医療メッセンジャー「メディライン」が新機能

    遠隔医療で動画・メッセに厚労省がゴーサイン、医療メッセンジャー「メディライン」が新機能

    HealthTech(医療×テクノロジー)の中でも一際多くの関心を集める遠隔医療。この遠隔医療がいよいよ本格化していきそうだ。 医療用チャットサービス「メディライン」を提供するシェアメディカルは7月19日、同サービスで新たな遠隔医療機能を実装したと明かした。この機能は厚生労働省が7月14日付けで出した通達「情報通信機器を用いた診療について」(医政発0714第4号)に対応したものだ。 この通達は遠隔医療だけでも法に触れないケースを明確化することが目的。テレビ電話やSNSを活用した遠隔医療について触れている点は大変興味深く、遠隔医療を手がける… 続きを読む

  • 意外に思うかもしれないが、Google Glassが死んだことはない

    意外に思うかもしれないが、Google Glassが死んだことはない

    Googleが(米国時間の)火曜日にGlassの新しいエンタープライズ版をリリースしたとき、幾つものヘッドラインたちがGlassが戻ってきたと報じた。だがそれが立ち去ったことは実際には1度もない。確かに2015年1月には消費者向けのExplorerプログラムは終了したが、Googleはその後も引き続きGlassを企業に販売して来た。 その意味で、昨日リリースされたものは「復活」ではなくて、同社が全力で進めてきたGlassのエンタープライズ戦略の「継続」だ。昨日の発表はそれをただ公式にしただけのものに過ぎない。 GoogleがExplore… 続きを読む

  • モバイル化が進むアフリカの医療業界―、遠隔医療相談サービスのKangpe

    モバイル化が進むアフリカの医療業界―、遠隔医療相談サービスのKangpe

    アフリカの医療業界と聞くと、国境なき医師団から派遣された医師が、人里離れた村で治療にあたっている様子を思い浮かべる人もいるかもしれないが、実際には、モバイルテクノロジーがアフリカ大陸全体の医療業界を急激に変化させている。Y Combinatorのプログラムに参加しているKangpe Healthは、モバイルデバイスを通じて医師と遠隔で連絡がとれるプラットフォームを開発し、変革が続くアフリカ市場に挑もうとしている。 ユーザーは、ベーシックな携帯電話やスマートフォン上のアプリを通じてKangpeのプラットフォームにアクセスし、健康に関する質問を… 続きを読む

  • HealthTapの人工知能ドクターがAlexaをサポート―手が不自由なユーザーに朗報

    HealthTapの人工知能ドクターがAlexaをサポート―手が不自由なユーザーに朗報

    Amazon Alaxaからは音声でピザが注文できる。玄関のドアのカギをかけたり外したりできる。これに加えて今日(米国時間2/20)からAlexaのユーザーは(そう望むなら)ヘルスケアのスタートアップ、 HealthTapのオンライン・ドクターから助言を受けることができるようになった。 続きを読む

  • バーチャルナースが退院後の患者の病状を確認―、Sense.lyが800万ドルを調達

    バーチャルナースが退院後の患者の病状を確認―、Sense.lyが800万ドルを調達

    サンフランシスコ発のスタートアップSense.lyが、この度シリーズBで800万ドルを調達した。同社は、さまざまな病状に悩む患者や病院のためのプロダクトとして、バーチャルナースを開発している。このプロダクトを利用することで、内科医は退院した患者とも連絡を取り続けることができ、再入院の可能性を低減させることができる。CEO兼ファウンダーのAdam Odesskyは、同社のプラットフォームを「人の健康状態に関する重要なサインを読み取ることができる、WhatsappとSiriの掛け合わせ」のようなものだと説明する。 続きを読む

  • RemedyはKhosla Venturesが支援するAI利用の低料金遠隔医療サービス

    RemedyはKhosla Venturesが支援するAI利用の低料金遠隔医療サービス

    現在アメリカではDoctor on Demand、HealthTap、MDLive、American Wellなど多数のオンライン診療サービスが利用可能だ。しかしスタートアップのRemedyはユニークな遠隔診断サービスで、 AIを利用して疾病の原因を低コストで突き止めるが可能だという。 多くの遠隔医療(telemedicine)はやや漠然とした用語だが「AI採用を採用」したとしている。HealthTapは最近Dr. AIという医療に特化したスマート検索アルゴリズムを発表した。 Remedyもこの範疇に入るだろう。ただしこうした「AI採用サービス」の… 続きを読む

  • 十分な治療を受けられていない精神病患者に対してテクノロジーができること

    十分な治療を受けられていない精神病患者に対してテクノロジーができること

    あなたの周りの誰かも、たった今精神疾患で苦しんでいる。気づいていないかもしれないが、これは事実だ。 社会的な慣習によって、私たちは精神疾患は恥ずかしいものと認識していることから、精神を病んでいる人のほとんどはその事実を隠し、治療を受けることなく過ごしてしまっている。さらに、精神病患者は危険で何もできず、回復の見込みもほとんどないと思われてしまっていることが多い。 社会が作り上げた悪いイメージに加え、これまでに築かれてきた医療制度の下では、コストや人員の制約を理由に治療を受けられていない精神病患者がいる上、ガンや心臓病といった代表的な疾患の… 続きを読む