遠隔医療(用語)

遠隔医療に関する記事一覧

  • RemedyはKhosla Venturesが支援するAI利用の低料金遠隔医療サービス

    RemedyはKhosla Venturesが支援するAI利用の低料金遠隔医療サービス

    現在アメリカではDoctor on Demand、HealthTap、MDLive、American Wellなど多数のオンライン診療サービスが利用可能だ。しかしスタートアップのRemedyはユニークな遠隔診断サービスで、 AIを利用して疾病の原因を低コストで突き止めるが可能だという。 多くの遠隔医療(telemedicine)はやや漠然とした用語だが「AI採用を採用」したとしている。HealthTapは最近Dr. AIという医療に特化したスマート検索アルゴリズムを発表した。 Remedyもこの範疇に入るだろう。ただしこうした「AI採用サービス」の… 続きを読む

  • 十分な治療を受けられていない精神病患者に対してテクノロジーができること

    十分な治療を受けられていない精神病患者に対してテクノロジーができること

    あなたの周りの誰かも、たった今精神疾患で苦しんでいる。気づいていないかもしれないが、これは事実だ。 社会的な慣習によって、私たちは精神疾患は恥ずかしいものと認識していることから、精神を病んでいる人のほとんどはその事実を隠し、治療を受けることなく過ごしてしまっている。さらに、精神病患者は危険で何もできず、回復の見込みもほとんどないと思われてしまっていることが多い。 社会が作り上げた悪いイメージに加え、これまでに築かれてきた医療制度の下では、コストや人員の制約を理由に治療を受けられていない精神病患者がいる上、ガンや心臓病といった代表的な疾患の… 続きを読む

  • TC Tokyo 2016のスタートアップバトル、勝者は遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」

    TC Tokyo 2016のスタートアップバトル、勝者は遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」

    東京・渋谷にて開催されている日本最大級のスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2016」。目玉企画のである、スタートアップバトルのファイナルラウンドが18日に行われ、114社が参加した書類審査、ファーストラウンドを通過したチームが自社プロダクトをプレゼンし、競い合った。 続きを読む

  • 遠隔医療のPlushCareがシリーズAで800万ドルを調達

    遠隔医療のPlushCareがシリーズAで800万ドルを調達

    本日、遠隔医療のPlushCareがシリーズAで800万ドルを調達したことを発表した。リード投資家を務めたのはGGV Capitalで、他にもLightspeed Venture Partners、Exponentの2社が本ラウンドに参加している。 遠隔医療という分野はなにも新しいものではない。2002年に創業し、今では上場企業となったTeladocもビデオ通話による遠隔治療サービスを提供している。しかし、PlushCareはこれまで同業他社ができなかったことを成し遂げようとしている。快適に遠隔治療というサービスを利用してもらおうという試みだ… 続きを読む