telepathy

  • ウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」発表、だがそれは想像とちょっと違った

    ウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」発表、だがそれは想像とちょっと違った

    SXSW 2013にて「Telepathy One」が発表されてから1年半、2014年6月には創業者であり代表を務めていた井口尊仁氏の退任騒動も起こったが、Telepathyがその製品の詳細を発表した。Telepathyの日本法人であるテレパシージャパンは12月18日、ウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」を発表した。 Telepathy Jumperはこれまでのデモ機やモックアップにあったように、メガネ状(厳密には耳から後頭部、反対側の耳までをぐるっと回りこむデザインになっている)のウェアブルデバイスではない。 続きを読む

  • 日本はすでに代表が交代、米国はCEO未確定–井口氏退任に揺れるTelepathy

    ウェアラブルデバイス「Telepathy One(テレパシー・ワン)」を開発中のTelepathyから、CEOの井口尊仁氏が退任するというエントリーを掲載したが、その続報をお届けする。 TechCrunch Japanでは、第1報を公開後、井口氏に替わって日本法人であるテレパシージャパン(Telepathyは米国法人が親会社であり、日本法人が子会社)の代表を務める鈴木健一氏とのアポイントを取り付けたため、東京・人形町の同社に向かった。だが同社に到着する直前で 続きを読む

  • Telepathy CEOの井口尊仁氏が退任–詳細は続報にて

    Telepathy CEOの井口尊仁氏が退任–詳細は続報にて

    数日前から関係者の間では噂になっていたのだが、ウェアラブルデバイス「Telepathy One」を開発中の米Telepathy CEOである井口尊仁氏が退任したことが、関係各社への取材で分かった。 続きを読む

  • ウェアラブルなんてバズワードだ、まずはモノを作って出すべき——古参ハードウェアベンチャーの提言

    ウェアラブルなんてバズワードだ、まずはモノを作って出すべき——古参ハードウェアベンチャーの提言

    ウェアラブルなんてテクノロジーの進化の一部を切り取ったバズワードでしかない。ハードウェアベンチャーはまず自らプロダクトを作って世に出して、そしてのノウハウを共有していって欲しい——2008年創業で、すでに古参のハードウェアベンチャーとなったCerevo代表取締役の岩佐琢磨氏は、イベントの壇上でこう語った。 これは、3月25日から26日にかけて開催された「ウェアラブル・テック・エキスポ」での一幕。25日の午後に開催されたTelepathy CEO の井口尊仁氏と岩佐氏のセッシ 続きを読む

  • 「井口さん、Telepathyは本当に作れるんですか?」TechCrunch Japan編集長が自社イベントで切り込む

    「井口さん、Telepathyは本当に作れるんですか?」TechCrunch Japan編集長が自社イベントで切り込む

    スタートアップに関する日本最大規模のイベント「TechCrunch Tokyo 2013」が11月11日から12日にかけて開催された。2日目のオープニングセッションに登場したのはメガネ型ウェアラブルデバイス「Telepathy One」を開発するベンチャー、Telepathy創業者の井口尊仁氏と、同社に投資したFirsthand Capital Managementの最高投資責任者であるKevin Landis氏だ。 続きを読む