tesla model 3

  • RFIDチップを自分の腕に埋め込んでキー代わりにするテスラ車オーナー

    RFIDチップを自分の腕に埋め込んでキー代わりにするテスラ車オーナー

    キーカードやスマホアプリは、もういらない?あるソフトウェアエンジニアが、Tesla Model 3のロックを解除して始動する新しい方法を開拓した。 続きを読む

  • Tesla M3の頭脳となる中国製部品への25%関税適用除外申請は却下

    Tesla M3の頭脳となる中国製部品への25%関税適用除外申請は却下

    TechCrunchは先月、中国製ハイテク部品に25%の関税を課する決定について報じ、また米政権が適用除外を却下した場合のTesla、Uberなど各社への悪影響について検討した。 続きを読む

  • Tesla Model 3の組立ラインの自動化は間違っていなかった

    Tesla Model 3の組立ラインの自動化は間違っていなかった

    テスラは2018年第4四半期の時点で9万1000台を出荷している。しかしその生産台数の増加は、無数の問題の解決やマスクの当初の「高度に自動化された組立ライン構想」から離れることなしには達成できなかった。 続きを読む

  • Tesla、Model 3の生産を24時間体制へ

    Tesla、Model 3の生産を24時間体制へ

    TeslaはModel 3セダンの生産能力を引き上げようとしていることがJalopnikが入手したメールでわかった。今週当社はModel 3の製造ラインを中断したが、このメールによるとラインは間もなく再開されるほか、第三の作業シフトが追加されて深夜にも製造が可能になる。Teslaは6月までに週6000台のペースでModel 3を製造することを目標にしている。 続きを読む

  • Tesla、2017年Q4のModel 3生産台数は2425台。2018年Q1中に「週2500台」が目標

    Tesla、2017年Q4のModel 3生産台数は2425台。2018年Q1中に「週2500台」が目標

    Teslaは2017年の最終四半期に、Q3よりもずっと多くのModel 3車を生産した。同四半期にTeslaは、2425台のModel 3を作り、Model SとModel Xを含めた総数で2万3565台を生産した。Q3にはわずか260台だったのと比べると著しい増加だが、それでも予測されたペースよりも(下方修正された目標と比べても)遅い。 続きを読む

  • Tesla Model 3のユニークなUIに興味がある?ならばこのモックアップをチェック

    Tesla Model 3のユニークなUIに興味がある?ならばこのモックアップをチェック

    TeslaのModel 3は、多くの点でユニークだが、初期のレビュー写真の中でもひときわ目立っていたのがそのダッシュボードだ。ハンドルの横に15インチのタッチスクリーンが置かれている。私たちはダッシュボードとその様々なスクリーンの写真を既に見ているが、とあるTeslaファンが、その表示インターフェイスのインタラクティブシミュレーションをまとめ上げた(Electrek経由)。これは私が車の中で体験したものと比べてもかなり正確なものだ。 続きを読む

  • Tesla Model 3は、プロトタイプと生産モデルでこう変わった

    Tesla Model 3は、プロトタイプと生産モデルでこう変わった

    ついに登場したTesla Model 3の生産モデルは、プロトタイプと比べてどこが変わったか気になるだろうか?初期プロトタイプが披露されたのは2016年5月。Teslaのホーソーン・デザインスタジオで公開されて以来、あのプレアルファ・デザインが少々変わった。 続きを読む

  • Tesla Model 3、来月出荷へ――生産は順調だがオプションはほとんど選べない

    Tesla Model 3、来月出荷へ――生産は順調だがオプションはほとんど選べない

    Teslaによれば、Model 3の最初の量産ロットは予定通り来月出荷されるという。オンライン発注のためのコンフィグレーターも同時に公開される。しかし少なくとも当初は、Model3のコンフィグレーターにはほとんど選択肢がない模様だ。TeslaのCEO、イーロン・マスクが火曜日の株主総会で述べたところによれば、「選べるのは色とホイールのサイズ」だけだという。 続きを読む

  • Tesla、10億ドル以上の資金調達へ―Model 3量産のため株式、優先転換社債発行を計画

    Tesla、10億ドル以上の資金調達へ―Model 3量産のため株式、優先転換社債発行を計画

    Teslaは総額11億5000万ドル程度の新株と優先転換社債の発行を計画している。昨日(米国時間3/15)、Teslaは発行の目的を「リスク軽減のため」と述べたが、これは同社がビジネスを急拡大しModel 3の生産を急いていることが背景にある。 kTeslaが財務状況を改善するため大型の資金調達を行うことは多くのアナリストが予想していた。またCEO、イーロン・マスクの最近の発言からウォールストリート関係者もTeslaは近く、さらなる成長のために資本の充実を図るはずだと考えていた。 続きを読む

  • 次のTeslaは、3万5000ドルから。ただし実際に支払う金額はさらに少ない

    次のTeslaは、3万5000ドルから。ただし実際に支払う金額はさらに少ない

    TeslaはまだModel 3のベールを剥いでいないが、最低価格が3万5000ドルであることは認めた。Model 3はかなり以前からこの価格になると噂されてきたが、今日(米国時間2/9)Bloombergは、Tesla広報担当者の言葉を引用している。 続きを読む