The TechCrunch Exchange(連載)

The TechCrunch Exchangeの記事一覧

  • 数百億円台のAIラウンドがあってもおかしくない理由

    数百億円台のAIラウンドがあってもおかしくない理由

    スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。準備OK?ここではお金の話、スタートアップの話、IPOの噂話などをお伝えする。先週、Scale AIが3億2500万ドル(約353億5000万円)のシリーズE調達を行った。TechCrunchも書いたように、この会社はデータラベリングの分野で活躍している。そして、ここ数年は資金調達にも大いに力を入れてきた。 続きを読む

  • スタートアップにとって今年はアツい夏になるかも

    スタートアップにとって今年はアツい夏になるかも

    現在、経済が改善しつつあるからだ。失業率は低下しつつあるし、金利は低く保たれたままだ。市場にはたくさんの資金が溢れ、第3四半期には第1四半期のようなIPOの波が戻ってくることが期待されている。予防接種が広範囲に及んで、元に近い生活に戻ることで、ビジネスの世界も一気に加速できるようになるかもしれない。 続きを読む

  • スタートアップたちは売りどきを逃したかもしれない

    スタートアップたちは売りどきを逃したかもしれない

    本日はいくつか、データに関する重要な話題をお伝えしたい。すなわち、2021年第1四半期のM&Aデータ、2021年3月のアフリカにおけるVCの結果、そして(少なくとも私にとっては)意外なポッドキャストの数字だ。 続きを読む

  • クレイジーな1週間だった

    クレイジーな1週間だった

    私が歳をとってしまったのかもしれないが、技術ニュースの勢いがトップギアに入りっぱなしになってしまったみたいだ。正気じゃないね。WeWorkがSPACで上場するというニュースが、どれだけ小さな扱いになってしまったかを考えて欲しい。この7日間に私たちをなぎ倒していったさまざまなニュースの中では、それは小さな出来事でしかなかった。 続きを読む

  • テクノロジー企業たちが予測する(経済の)未来

    テクノロジー企業たちが予測する(経済の)未来

    決算シーズンも終盤を迎え、上場ハイテク企業たちは第4四半期と2020年の開示を終えようとしている。TechCrunchは、大企業の業績はあまり気にしていないが、スタートアップだった頃から知っている中小のハイテク企業たちは、熟考に値するスタートアップ関連のデータを提供してくれる。そのため四半期毎に、The Exchangeは多くのCEOやCFOに話を聞き、非公開企業に対して情報をお伝えできるように、何が起こっているのかを把握している。 続きを読む

  • 年3回の調達を禁じる法律は必要なものだろうか?

    年3回の調達を禁じる法律は必要なものだろうか?

    私たちは四半期ごとに、ベンチャーキャピタル市場の米国外、米国内、そしてセクター別の内容を調査し、その時点での非公開市場の温度を把握している。こうしたざっくりしたスナップショットは役に立つ。しかし、時には1つのストーリーに集中した方が、本当の姿を見ることができる。 続きを読む

  • 投資家たちはパンデミックをどのように評価しているのか

    投資家たちはパンデミックをどのように評価しているのか

    スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。準備OK?ここではお金の話、スタートアップの話、IPOの噂話などをお伝えする。 続きを読む

  • データは米国の不公平なヘルスケア問題を解決できるだろうか?

    データは米国の不公平なヘルスケア問題を解決できるだろうか?

    データはヘルスケアの問題を解決できるだろうか?それだけでは無理だ。だが適切な使い手に適切なデータを手渡せば、おそらくかなり大きな前進を期待できるだろう。 続きを読む

  • 株式取引スタートアップに注がれる無限の資金

    株式取引スタートアップに注がれる無限の資金

    先週の初めにTechCrunchは、消費者向け株式取引サービスのPublicがさらに資金調達を進めているという速報をお届けした。それに続けてBusiness Insiderが詳細に、そのラウンドの内容は12億ドル(約1259億円)の評価額の下で、2億ドル(約210億円)の調達になる可能性があると報じた。ラウンドを主導する可能性があるのはTigerだ。 続きを読む

  • 金持ち連中はなぜくだらない資産をやりとりしているんだ?

    金持ち連中はなぜくだらない資産をやりとりしているんだ?

    大変な数週間だった。Robinhoodが、荒れ狂う市場の中でその手数料無料モデルを維持するために新しい資金調達を行い、他の新興取引業者たちはそのビジネスモデルを変更し、さらに多くのことが起きていた。しかし、こうしたスタートアップの世界の中に、どうにも腑に落ちない動きがあった。なぜ一部のお金持ちたちは、下らない資産の取引をしているのだろうか? 続きを読む

  • VCと創業者たちの2021年に対する見方の違い

    VCと創業者たちの2021年に対する見方の違い

    スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。準備はOK?ここではお金の話、スタートアップの話、IPOの噂話などをお伝えする。今週は、いつものようにバラバラなセクションを並べるのではなく、一連の大きなテーマやニュースに焦点を当ててお話ししよう。 続きを読む