The TechCrunch Exchange(連載)

The TechCrunch Exchangeの記事一覧

  • スタートアップ、文化、ミームの波

    スタートアップ、文化、ミームの波

    さてさて!米国では長い週末を迎えた(7月4日は独立記念日で7月5日に振替休日)。ということでこのニュースレターは休み前のひと仕事だ。苦行も文章書きも大好きな私から、いつも以上にたくさんの話題をお届けしたい。 続きを読む

  • 誰もがオープンソースのスタートアップに投資したいと思っている

    誰もがオープンソースのスタートアップに投資したいと思っている

    スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。準備OK?ここではお金の話、スタートアップの話、IPOの噂話などをお伝えする。 続きを読む

  • フィンテック企業Marqetaの巨額IPOの内実

    フィンテック企業Marqetaの巨額IPOの内実

    The Exchangeは、先週初めに、ほぼ強気のIPO市場を調査し、Monday.comとMarqetaがここ数日でかなり大きなポイントを獲得したことを指摘した。言い換えるなら、ユニコーン市場は適度に健全であり、これは第3四半期の流動性にとっても良い兆候だ。 続きを読む

  • すべてのSPACが純粋なゴミというわけじゃない

    すべてのSPACが純粋なゴミというわけじゃない

    みなさんこんにちは。先週は短い1週間だったが(米国は5月31日月曜日が祝日だった)、ここ数日のうちに扱ったニュースの多さにかなり参っている。そこで、一旦立ち止まって、愚痴をこぼしつつ、ちょっとした気休めにSPAC(特別買収目的会社)の話をしよう。 続きを読む

  • たしかに暗号資産には大量の実通貨が必要だ

    たしかに暗号資産には大量の実通貨が必要だ

    こんにちは、米国では5月最終月曜日はメモリアルデーという祝日だ。今回のExchangeはメモリアルデーを記念して、新しい試みとして簡潔にまとめてみよう。暗号資産(仮想通貨)の話は聞き飽きたという読者には、悪いお知らせだ。彼らは消えて行かないどころか、彼らの進撃のために戦場を整える役割を果たした金融砲が、さらに多くの金融弾を装填しているのだ。 続きを読む

  • スタートアップが市場に広がっていくのを見るのは楽しい

    スタートアップが市場に広がっていくのを見るのは楽しい

    スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。準備OK?ここではお金の話、スタートアップの話、IPOの噂話などをお伝えする。 続きを読む

  • 結局、SPACは悪いアイデアだったのかもしれない

    結局、SPACは悪いアイデアだったのかもしれない

    Coinbaseは事前に発表した予測値を達成し、株価は横ばいとなった。対照的に、DoorDashは市場の期待を上回り、私がこの記事を書いている現在、25%強の値上がりを見せている。 続きを読む

  • これからのスタートアップ市場への賭け

    これからのスタートアップ市場への賭け

    先週、米国中西部への投資に焦点を当てるベンチャーキャピタルM25が、3180万ドル(約34億5000万円)相当の新しいファンドを発表した。The Exchengeが目にした同VCのリリースによれば、今回のファンドはこれまでのものに比べて約3倍の規模があるという。 続きを読む

  • いまビッグテックの評価額はあまりにも大きくて、驚くことさえ忘れてしまう

    いまビッグテックの評価額はあまりにも大きくて、驚くことさえ忘れてしまう

    TechCrunch は、公開市場には力を注いではいない。注目しているのはスタートアップだ。しかし、公開テック企業たちは、時に、より広い範囲のテクノロジー市場がどのように機能しているかに関する、興味深い洞察を提供することができる。だから私たちは、すでにIPOにたどり着いた「元」スタートアップたちにも、MVA(最小実行可能注意)と呼べる程度の注意を向けている。 続きを読む

  • クリエイターのための経済オペレーティングシステム

    クリエイターのための経済オペレーティングシステム

    スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。The Exchangeは以前にもPicoを取り上げたことがある。最も近いところでは2020年半ばに、独立系出版やサブスクリプションメディアの世界での話題を紹介している。 続きを読む

  • 数百億円台のAIラウンドがあってもおかしくない理由

    数百億円台のAIラウンドがあってもおかしくない理由

    スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。準備OK?ここではお金の話、スタートアップの話、IPOの噂話などをお伝えする。先週、Scale AIが3億2500万ドル(約353億5000万円)のシリーズE調達を行った。TechCrunchも書いたように、この会社はデータラベリングの分野で活躍している。そして、ここ数年は資金調達にも大いに力を入れてきた。 続きを読む

  • スタートアップにとって今年はアツい夏になるかも

    スタートアップにとって今年はアツい夏になるかも

    現在、経済が改善しつつあるからだ。失業率は低下しつつあるし、金利は低く保たれたままだ。市場にはたくさんの資金が溢れ、第3四半期には第1四半期のようなIPOの波が戻ってくることが期待されている。予防接種が広範囲に及んで、元に近い生活に戻ることで、ビジネスの世界も一気に加速できるようになるかもしれない。 続きを読む

  • スタートアップたちは売りどきを逃したかもしれない

    スタートアップたちは売りどきを逃したかもしれない

    本日はいくつか、データに関する重要な話題をお伝えしたい。すなわち、2021年第1四半期のM&Aデータ、2021年3月のアフリカにおけるVCの結果、そして(少なくとも私にとっては)意外なポッドキャストの数字だ。 続きを読む

  • クレイジーな1週間だった

    クレイジーな1週間だった

    私が歳をとってしまったのかもしれないが、技術ニュースの勢いがトップギアに入りっぱなしになってしまったみたいだ。正気じゃないね。WeWorkがSPACで上場するというニュースが、どれだけ小さな扱いになってしまったかを考えて欲しい。この7日間に私たちをなぎ倒していったさまざまなニュースの中では、それは小さな出来事でしかなかった。 続きを読む

  • テクノロジー企業たちが予測する(経済の)未来

    テクノロジー企業たちが予測する(経済の)未来

    決算シーズンも終盤を迎え、上場ハイテク企業たちは第4四半期と2020年の開示を終えようとしている。TechCrunchは、大企業の業績はあまり気にしていないが、スタートアップだった頃から知っている中小のハイテク企業たちは、熟考に値するスタートアップ関連のデータを提供してくれる。そのため四半期毎に、The Exchangeは多くのCEOやCFOに話を聞き、非公開企業に対して情報をお伝えできるように、何が起こっているのかを把握している。 続きを読む

  • 年3回の調達を禁じる法律は必要なものだろうか?

    年3回の調達を禁じる法律は必要なものだろうか?

    私たちは四半期ごとに、ベンチャーキャピタル市場の米国外、米国内、そしてセクター別の内容を調査し、その時点での非公開市場の温度を把握している。こうしたざっくりしたスナップショットは役に立つ。しかし、時には1つのストーリーに集中した方が、本当の姿を見ることができる。 続きを読む

  • 投資家たちはパンデミックをどのように評価しているのか

    投資家たちはパンデミックをどのように評価しているのか

    スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。準備OK?ここではお金の話、スタートアップの話、IPOの噂話などをお伝えする。 続きを読む

  • データは米国の不公平なヘルスケア問題を解決できるだろうか?

    データは米国の不公平なヘルスケア問題を解決できるだろうか?

    データはヘルスケアの問題を解決できるだろうか?それだけでは無理だ。だが適切な使い手に適切なデータを手渡せば、おそらくかなり大きな前進を期待できるだろう。 続きを読む

  • 株式取引スタートアップに注がれる無限の資金

    株式取引スタートアップに注がれる無限の資金

    先週の初めにTechCrunchは、消費者向け株式取引サービスのPublicがさらに資金調達を進めているという速報をお届けした。それに続けてBusiness Insiderが詳細に、そのラウンドの内容は12億ドル(約1259億円)の評価額の下で、2億ドル(約210億円)の調達になる可能性があると報じた。ラウンドを主導する可能性があるのはTigerだ。 続きを読む

  • 金持ち連中はなぜくだらない資産をやりとりしているんだ?

    金持ち連中はなぜくだらない資産をやりとりしているんだ?

    大変な数週間だった。Robinhoodが、荒れ狂う市場の中でその手数料無料モデルを維持するために新しい資金調達を行い、他の新興取引業者たちはそのビジネスモデルを変更し、さらに多くのことが起きていた。しかし、こうしたスタートアップの世界の中に、どうにも腑に落ちない動きがあった。なぜ一部のお金持ちたちは、下らない資産の取引をしているのだろうか? 続きを読む