アメリカ(国・地域)

米国に関連する記事一覧

  • 米国時間1月20日の新大統領就任式での暴力の脅威がソーシャルメディアに長い影を落とす

    米国時間1月20日の新大統領就任式での暴力の脅威がソーシャルメディアに長い影を落とす

    米国は今、南北戦争以降最大の民主主義の危機に瀕している。その中でソーシャルメディア企業は、決して訪れないとこれまで考えていなかったような事態に対して、つぎはぎの守りを構築しようと苦戦している。 続きを読む

  • 3兆6420億円の新エネルギー政策を含む2020年末の米国景気刺激法案

    3兆6420億円の新エネルギー政策を含む2020年末の米国景気刺激法案

    TechCrunchが入手した要約文書によると、議会で承認された新たな景気刺激策案には、エネルギー政策のための約352億ドル(約3兆6420億円)が含まれている。 続きを読む

  • Facebookが大統領就任式時のワシントンD.C.と州議会議事堂周辺での新イベントを禁止

    Facebookが大統領就任式時のワシントンD.C.と州議会議事堂周辺での新イベントを禁止

    ジョー・バイデン次期大統領の就任式が近づく中、組織的暴力を警戒するFacebookは、いくつかの新しい措置を発表した。 続きを読む

  • トランプ政権が世界3位の中国スマホメーカーXiaomiも防衛ブラックリストに追加

    トランプ政権が世界3位の中国スマホメーカーXiaomiも防衛ブラックリストに追加

    中国のスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ、小米科技)がトランプ政権の防衛ブラックリストに新しく加わった。米国防総省は米国時間1月14日、Xiaomiを含む9社を中国の軍事疑惑のある企業のリストに追加した。 続きを読む

  • 米政権交代と大統領就任式時のTwitterの対応が明らかに

    米政権交代と大統領就任式時のTwitterの対応が明らかに

    Twitterは、ジョー・バイデン氏が第46代米国大統領に就任し、カマラ・ハリス氏が副大統領になる米国時間1月20日水曜日の就任式に向けた計画を明らかにした。 続きを読む

  • Twitterに続きSnapchatもトランプ大統領のアカウントを永久停止

    Twitterに続きSnapchatもトランプ大統領のアカウントを永久停止

    Snapが米国時間1月7日にトランプ大統領のSnapchatアカウントを無期限停止すると発表してからかなりの動きがあった。Facebook、Instagram、YouTubeの大統領のアカウントが一時停止となり、そしてTwitterはアカウントを永久停止した後、Snapは大統領のSnapchatカウントを永久停止することを決めた。 続きを読む

  • Airbnbが米大統領就任式週のワシントンD.C.における宿泊予約をすべてキャンセルに

    Airbnbが米大統領就任式週のワシントンD.C.における宿泊予約をすべてキャンセルに

    Airbnbは大統領就任式がある週にワシントンD.C.で誰にも宿泊を提供しない。同社が声明文で明らかにした。 続きを読む

  • 遅ればせながらYouTubeもトランプ大統領への措置を決定、公式チャンネルへの新規投稿を1週間禁止

    遅ればせながらYouTubeもトランプ大統領への措置を決定、公式チャンネルへの新規投稿を1週間禁止

    米国時間1月6日の米国議事堂乱入をきっかけに、ドナルド・トランプ大統領が暴動を煽るためのメガホンとしてプラットフォームを使い続けるという脅威に大手ソーシャルメディアが一斉に対応しているが、そうした中でYouTubeは最も対応が遅いソーシャルメディアプラットフォームだった。 続きを読む

  • 私は言論の自由の擁護者だがその意味がわからなくなった、技術と言論の自由に待ち構えているものとは?

    私は言論の自由の擁護者だがその意味がわからなくなった、技術と言論の自由に待ち構えているものとは?

    米国の大統領はおそらく世界最強だといわれている。その彼がTwitterに投稿できない。そしてFacebookにも。それだけでなく、先週私たちが目撃したように、その他の多くのソーシャルネットワークに対してもだ(まあ彼はまだ核ミサイルの発射コードを手にしているので、それはそれで熟考すべき興味深い力だが)。 続きを読む

  • AmazonがQAnonの陰謀論に関連する製品を排除

    AmazonがQAnonの陰謀論に関連する製品を排除

    Amazonは、QAnon関連の製品を同プラットフォームから排除する取り組みを開始した。同社広報担当者は、これには数日かかる見通しだと話している。同社のシステムを回避して製品を展示しようと試みる販売者は、全Amazon店舗での販売禁止などの処分の対象となる。 続きを読む