tinyurl

  • 短縮サービスランキング―Ow.lyとBit.lyが速度、信頼性とも最高、Tr.Imは…残念

    短縮サービスランキング―Ow.lyとBit.lyが速度、信頼性とも最高、Tr.Imは…残念

    URL短縮サービスを利用する場合、URLをどれだけ短縮できるかということと同時に、速度と信頼性も重要だ。そもそもbit.lyやTinyURLのようなサービスの目的は短縮したURLを使ってオリジナルの長いリンクにトラフィックをリダイレクトすることだ。速度が速く、いつも確実にリダイレクトが実行されることが大切だ。 Twitterが急成長するにつれてURL短縮サービスの人気も高まった。さて、ではどのサービスがベストなのか? 最近、Royal Pingdomが過去30日にわたって9種類の短縮サービスを常時モニタするというかなり大規模なテストを実施… 続きを読む

  • URL短縮戦争:TwitterがTinyURLを捨て、bit.lyを採用

    URL短縮戦争:TwitterがTinyURLを捨て、bit.lyを採用

    Twitterでリンクを共有しようとする場合、URLをすべて入力しなければならないとするなら、それだけで発言可能文字数のほとんどを使ってしまうことになる。Twitterも早くからこれを認識し、140文字制限にひっかからないように、自動的にURLを短くするようになった。 URLを短くする機能を実装するため、TwitterはTinyURLと手を組んでいた。TinyURLはURLをかなり短く(類似サービスの中で最も短いわけではない)してくれるもので、これを使えば140字の文字制限を有効に使えるようになる。両者の協力関係は約1年続いた。Tiny… 続きを読む

  • さらにURL短縮方法出現:UnHubとLnk.by

    さらにURL短縮方法出現:UnHubとLnk.by

    URL短縮サービスは巷にあふれかえり、消えてほしいという願いが(正当な理由で) ありながらも、すっかり定着し、短かいメッセージやリンクで成功を修めたソーシャルサービスの普及によって、これまでになく人気を博している。TinyURLとbit.lyが一歩先んじているようだが、他のサービスも急速に独自のURL短縮サービスを使い始めている。例えば、DiggはDiggBarと関連リンクにトップドメインを使い、Posterousは他のネットワークにリンクを渡す際にpost.lyを使って短縮し、Twitter用ツールボックスのHootSuiteはow.… 続きを読む

  • 短縮URLは必要悪か、単なる悪か。

    短縮URLは必要悪か、単なる悪か。

    ウェブでの行動の中で最もバイラルなのが、リンクの共有だ。早くて簡単で、アイディアを伝える方法として優れている。かつて人々がメールを送ったり、Deliciousのようなブックマーく共有サービスで行ったりしていたことが、今やFacebookやTwitterなどのソーシャル配信サービスに移ってきている。ひとりひとりに送るより、友人やフォロワー全員とリンクを一回共有するだけの方がはるかに効率が良い。 Twitterはリンクをすばやく共有するのに特に適しているが、おそらくその140バイトの制限が、何にも増して短縮URLサービスの利用を促進したこと… 続きを読む

  • bit.lyに$8Mの価値があるならTinyURLは$46M以上のはず

    bit.lyに$8Mの価値があるならTinyURLは$46M以上のはず

    入力する文字数が140文字以下に制限されている世界では、なんでも短いほうがいい。とくに困るのは、長いURL。そこで、いわゆるURL短縮サービスがTwitterを使う人には欠かせないものになりつある。Twitterの上でリンクを共有化するためには、それが唯一の実用的な方法だ。 そして今日(米国時間3/30)、URL短縮サービスのbit.lyが$2M(200万ドル)を調達して、ある疑問に火をつけた: こういうものは実際にはどれぐらいの価値があるのか?。だれも、それを知らない。 続きを読む

  • DiggがツールバーによってStumbleUponふう, TinyURLふう, などなどになる

    DiggがツールバーによってStumbleUponふう, TinyURLふう, などなどになる

    極秘のはずのDiggのツールバーがどこかから漏れてしまった。本誌は一人のベータテスターをつかまえて、その機能について情報をばらしてもらった。そのツールバーでユーザは、今いるページをDiggしたりBuryでき、すでにいくつのDiggを受け取ったかを教えてもらえる。関連ページへ行くリンクや、同じソースからのページでDiggのコミュニティから高く格付けされているもの、あるいは「将来有望」とマークされているページへのリンクもある。 “Random”ボタンを押すとDiggをStumbleUponふうに使える。つまり、ユーザ… 続きを読む

  • Look.Fo―Google検索の結果をメールするのに便利なURL変換サービス

    Look.Fo―Google検索の結果をメールするのに便利なURL変換サービス

    友達にメールで送ったりするときにURLを扱いやすい長さに短縮したいならTinyURLというサービスがある。Look.Foは個別のぺージを開かずにGoogle検索の結果を友達に送りたい場合に似たようなサービスを提供する。Look.foを使うと、look.fo/〔検索クエリー文字列〕というフォーマットでGoogleでの検索クエリーそのものへのリンクを簡単に送ることができる。 私はLook.foのサービスをテストしてみる機会があったが、宣伝の通りにちゃんと作動した。ページのデザインはシンプルで、検索文字列を入力する目立つボックスがある。そこに… 続きを読む

  • TinyPaste:TinyURLのようなもの……テキスト用の

    TinyPaste:TinyURLのようなもの……テキスト用の

    テクノロジーの中には物事を一歩後退させてしまうものがある。例えば、明らかにTwitterを意識して作られたTinyPasteがそうだ。TinyPasteでは、通常の140文字という制限を越えた、だらだらと長い文章とのリンクが可能だ。 TinyURLや他のURL短縮サービスと同様、TinyPasteはメッセージの長さに上限があるマイクロブログやIMサービスが始められる短いアドレスを作る。しかし、TinyPasteのURLは、ユーザーを普通のウェブページに導く代わりに、クリックした人を投稿者のメッセージを表示するシンプルなページに送る。 誰が… 続きを読む