Toyota

  • トヨタの人型ロボットT-HR3はドコモの5Gで遅延なく遠隔操作できる

    トヨタの人型ロボットT-HR3はドコモの5Gで遅延なく遠隔操作できる

    ToyotaがT-HR3を世界に披露したのは、昨年のちょうど今ごろだ。このヒューマノイドロボット(人型ロボット)は「Pacific Rim」など、いろんなSFシリーズに出てくる半電動の人の動きを模倣できる。 続きを読む

  • Toyota AI Venturesに聞くモビリティの未来、TC TokyoにマネージングディレクターのJim Adler氏登壇決定

    Toyota AI Venturesに聞くモビリティの未来、TC TokyoにマネージングディレクターのJim Adler氏登壇決定

    強大なクルマ産業がこれまでの経済を引っ張ってきた日本。モビリティの未来とは何か、そしてどうすれば日本がその中心的な存在となれるのか、という問いには答えを出さなければならない。11月15日、16日で開催する「TechCrunch Tokyo 2018」にも、その問いに答えてくれるキーパーソンをお呼びした。Toyota AI VenturesマネージングディレクターのJim Adler氏だ。 続きを読む

  • トヨタが自動運転車の公道テストを休止、Uberの事故を受けて

    トヨタが自動運転車の公道テストを休止、Uberの事故を受けて

    Toyotaは、Uberの自動運転テスト車が歩行者の死亡事故を起こしたことを受けて、同社の自動運転システム‘Chauffeur’のアメリカにおける公道試験を一時停止する。 警察が発表した最初の所見では、被害者が道路の横断歩道以外の場所を急いで横断しようとしたため、人間運転者でも事故を避けることはきわめて難しかっただろう、という。しかしToyotaはBloombergの取材に対して、“テストドライバーたちの心情に及ぼす事故の影響”を考慮したため、と言っている。 続きを読む

  • 自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

    自動車技術のためのディストリビューションAutomotive Grade LinuxをToyotaとAmazonがサポート

    【抄訳】 かつてオープンソースのソフトウェアは大企業が避けて通るものだったが、その後の時の経過とともに、大中小あらゆる企業で使われるようになった。そして今回ご紹介するAutomotive Grade Linux(AGL)は、Linux Foundationの、オープンソースを自動車業界に持ち込もうとするプロジェクトだ。AGLのグループは今日(米国時間1/10、ラスベガスで行われたCESで発表を行い、ToyotaとAmazonがこのプロジェクトを公式にサポートすることが明らかとなった。 続きを読む

  • トヨタ、今年後半にAlexaのサポート開始へ――車載スキルはハード増設の必要なし

    トヨタ、今年後半にAlexaのサポート開始へ――車載スキルはハード増設の必要なし

    ラスベガス開催中のCES 2018でトヨタは今年アメリカ向けの一部の車種でAmazon Alexaのサポートを開始すると発表した。新たなハードウェアの必要はないという。市場にはAlexaを車内で利用できるようにする多数のサードパーティによるアフターマーケット製品が出回っている。しかしトヨタ自身がAmazonの音声スマートアシスタントをフルにサポートするというのは、自動車メーカーのAlexa対応としてもっとも早い試みの一つだ。 続きを読む

  • CES:トヨタはモビリティー企業を目指す――e-Palletは都市交通の新たなプラットフォームに

    CES:トヨタはモビリティー企業を目指す――e-Palletは都市交通の新たなプラットフォームに

    トヨタはCES 2018を利用してビジネス戦略の方向転換を鮮明に打ち出した。 豊田章男社長はキーノートに登壇し、「モビリティー・サービス企業を目指す」と言明した。トヨタはモビリティー・サービスを副次的、周辺的なビジネスの一つというよりむしろ事業の核心に据えることに決めたようだ。豊田社長のコメントとe-Paletteのモビリティー車両や業種横断的なパートナーの選定に見られるトヨタの将来ビジョンを総合するとそのように推測できる。 続きを読む

  • トヨタ、2025年までに全車種を電気化へ

    トヨタ、2025年までに全車種を電気化へ

    自動車メーカーの電気化のトレンドをキャッチアップしてトヨタもついにロードマップの詳細を明らかにした。同社は電気自動車の市場ではプリウスでリードを保っているものの、これまで主としてハイブリッドと水素燃料電池車の開発に力を入れていた。今後は一段と電気モーターのみで走るEV車に力を入れていくここになる。 続きを読む

  • トヨタのジャパンタクシーは注目の的――ハイブリッドでタクシー専用車のスタンダードを目指す

    トヨタのジャパンタクシーは注目の的――ハイブリッドでタクシー専用車のスタンダードを目指す

    日本から新しいタクシーの国際標準が登場するかもしれない。トヨタが(適切にも)ジャパンタクシーと名付けたモデル(屋根の上のサインボードにJpn Taxiと書かれている)はすでに路上を走っている。デザインは有名なロンドン・タクシーに多少似ている。ロンドンといえばあの黒いタクシー、ニューヨークといえばイェローキャブを思い浮かべるが、トヨタの新しいタクシーのデザインもそれと並んで東京を代表するアイコンとなることを目指している。また高齢化が急速に進む日本の社会状況も考慮に入れられているということだ。 続きを読む

  • コネクテッドカーにおけるビッグデータ技術開発のためToyota、Intel、EricssonなどがR&Dコンソーシアムを立ち上げ

    コネクテッドカーにおけるビッグデータ技術開発のためToyota、Intel、EricssonなどがR&Dコンソーシアムを立ち上げ

    テクノロジー業界の著名な企業数社がToyotaとチームを組んで、自動運転車と未来の高度な自動車技術をサポートするビッグデータシステムを開発することになった。 このたび日本の自動車大手と手を握るのは、Denso, Ericsson, Intel, そしてNTT Docomoだ。グループは今日(米国時間8/11)、Automotive Edge Computing Consortium(自動車用エッジコンピューティングのコンソーシアム)という共同事業体の立ち上げを発表した。発表によると、年内にそのほかの“適切なグローバルのテクノロジーリーダー… 続きを読む

  • AlphabetのXラボがエネルギー蓄積プラント開発中――塩と不凍液でタービン駆動

    AlphabetのXラボがエネルギー蓄積プラント開発中――塩と不凍液でタービン駆動

    再生可能エネルギーに関しては経済的な蓄積の方法が大きな課題となっている。これについてはTeslaやトヨタなど多くの企業が解決を試みている。ここにAlphabet Xラボ(以前のGoogle Xラボ)が参入した。 XラボのMaltaプロジェクトは商用電力網に利用できるスケールでの電力蓄積プラントの実現を目指す。 続きを読む