trademarkia

  • 登録商標のデータベースTrademarkiaがアクティビティの自動通知を開始

    登録商標のデータベースTrademarkiaがアクティビティの自動通知を開始

    検索エンジンTrademarkiaは、2009年のTechCrunch50で立ち上がり、今では1870年から今日までの合衆国の登録商標のすべて(権利を失ったものも含む)、およそ650万あまりのデータベースを提供している。そして今日(米国時間2/4)は、このデータベースが、スタートアップと大企業の両方にとって便利であるに違いない新しい機能を立ち上げる。それは、商標をめぐるアクティビティの自動通知だ。 Trademarkiaは商標をすべてスキャンして結果をビジュアルなグリッドに収めて見せるので、合衆国特許庁の登録商標データベースよりもずっと… 続きを読む

  • TC50デモピット発:Trademarkia (TM)で、商標検索が簡単になった

    TC50デモピット発:Trademarkia (TM)で、商標検索が簡単になった

    ウェブには簡単に特許検索をする方法はあるが、商標に関しては未だに政府サイトに任せっきりで、これが決して検索しやすいとは言えない。TechCrunch50のデモピットに参加した一企業がこの問題に挑戦し、商標検索が一段とやりやくするウェブサイトを作った。 Trademarkiaでは、1870年以降のあらゆる米国登録商標を、期限切れ商標を含めて検索できる。同社ではすべての商標のスキャン画像を作成しており、検索結果を非常にわかりやすくビジュアルなグリッド形式で表示する。検索は、企業名、テーマ、製品カテゴリーから申請した代理人の名前まで条件に含め… 続きを読む