traffic

  • 米道路交通安全局が2015年の交通事故死データを公表。IT企業らに分析を要請

    米道路交通安全局が2015年の交通事故死データを公表。IT企業らに分析を要請

    2015年の米国内交通事故死者数は、前年より7.2%増えて3万5092人だった。そして国家道路交通安全局(NHTSA)はこのデータに関して、今年はいつもと少し違うことをしようとしている。なぜならこの数字は、最近続いていた年間交通事故死者数の減少傾向から外れているからだ。 続きを読む

  • 渋滞時に誰もが夢見た「あの乗り物」、中国が本気で現実化

    渋滞時に誰もが夢見た「あの乗り物」、中国が本気で現実化

    Facebookなどのソーシャルメディア上でいろいろなビデオを眺める習慣のある人ならば、きっと「車の上を超えていく乗り物」のコンセプトビデオを見たことがあると思う。ビデオは中国が制作したもので、乗り物は電車とバスのハイブリッドのような感じだ。 続きを読む

  • Appleの北米モバイルウェブトラフィック、iPhone 5発売後に躍進

    Appleの北米モバイルウェブトラフィック、iPhone 5発売後に躍進

    Appleのモバイルウェブトラフィックのシェアが、9月と10月の間に5.96%上昇した。理由は間違いなくiPhone 5の発売によるもので、おそらく第4世代iPod touchの発売も後押ししただろう。毎日数百万台のデバイスを監視している広告ネットワークおよび調査会社のChitikaによると、Appleは、モバイルトラフィックの65.38%を支配した。増加相当分は他のメーカーでほぼ等しく分け合って減少しているが、Samsungはその中で最も減少幅が大きかった。 Appleは先月シェアを65.03%から59.42%に落とした。Samsungは… 続きを読む

  • Google、新たに米国内130都市で「交通状況」の提供を開始。全世界中小都市に提供範囲を拡大中

    Google、新たに米国内130都市で「交通状況」の提供を開始。全世界中小都市に提供範囲を拡大中

    Googleが、リアルタイム「交通状況」をボゴタ、Panama市、およびコスタリカのサン・ホセでも提供開始した。また米国内ではこれまで提供していなかったカラマズー(ミシガン州)、ポートランド(メイン州)、およびタスカルーサ(アラバマ州)など小さな都市部130箇所でも提供を開始した。「交通状況」データは主に、現在地や移動状況などを共有することになるGoogleマップおよびGoogleマップナビのデータから取得するものだ。Androidが広く使われるようになり、運転中のナビゲーションツールとして利用する人も増えることで、Googleとして… 続きを読む

  • 予算の厳しいバス会社でもリアルタイムGPSを実現するTiramisu

    予算の厳しいバス会社でもリアルタイムGPSを実現するTiramisu

    カーネギーメロン大学の研究者であるAnthony TomasicとJohn Zimmermanが、University of Buffaloと協力して、乗車しているバスの位置情報をトラッキングするシステムを開発した。もちろんこの情報はバスを待っている人も利用することができ、より詳細なルートマップを確認できるし、発着時間の把握に使うこともできる。アプリケーションの名前はTiramisuで、無料になっているが、現在のところはピッツバーグのみでしか利用できない。 続きを読む