文字起こし / Transcription(用語)

人間の声などをコンピュータに認識させて、発言をテキストデータにすること。

  • マイクロソフトがウェブ版Word用の音声文字起こし機能と音声認識機能を提供開始

    マイクロソフトがウェブ版Word用の音声文字起こし機能と音声認識機能を提供開始

    Microsoftは米国時間8月25日、Microsoft 365の利用者全般に向けた新しい音声文字起こしサービス「Transcribe in Word(トランスクライブ・イン・ワード)」を開始したことを発表した。現在、この機能は、Wordのオンライン版で使用できる。他のプラットフォーム用のものは、後日追加される。 続きを読む

  • Zoom会議のリアルタイム文字起こし機能をOtter.aiが提供

    Zoom会議のリアルタイム文字起こし機能をOtter.aiが提供

    Otter.aiがZoomと統合してビデオ会議からライブで文字起こしをするサービスを開始した。在宅での学習や勤務に役立つ新しい機能だ。 続きを読む

  • GoogleのAI音声認識の自動文字起こしがPixel 3/3aでも利用可能に

    GoogleのAI音声認識の自動文字起こしがPixel 3/3aでも利用可能に

    10月のPixel 4の発表イベントでデモされたRecorderはユーザーの音声を録音するだけでなくAIを利用して認識しリアルタイムでテキストを生成するもので、驚くほど誤りが少なかった。 続きを読む

  • Pixel 4に搭載されるGoogleの最新録音アプリはリアルタイムで自動文字起こし可能

    Pixel 4に搭載されるGoogleの最新録音アプリはリアルタイムで自動文字起こし可能

    Googleはハードウェアイベントで、Android用の新しいボイスレコーダーアプリを発表した。人が話している最中に、聞き取った音声を自動的に文字起こしできるもの。インターネットに接続していない状態でも機能する。 続きを読む

  • Microsoft、ビデオの自動文字起こし提供へ――Office 365にAIベースのアップデート

    Microsoft、ビデオの自動文字起こし提供へ――Office 365にAIベースのアップデート

    今日(米国時間2/28)、MicrosoftはOffice 365契約者のOneDriveとSharePoint向けにAI利用のアップデートを発表した。これによりMicrosoftのクラウド・ストレージに機械学習を利用した強力な能力が備わることになる。新機能が実装されるのは今年中の見込みだ。 続きを読む

  • Deepgramがディープラーニングを利用する機械書き起こしサービスを無料で公開、データの獲得をねらう

    Deepgramがディープラーニングを利用する機械書き起こしサービスを無料で公開、データの獲得をねらう

    オーディオデータを機械学習で処理するDeepgramが今日(米国時間10/10)、同社の機械書き起こしサービスを無料で公開した。これからはTrintのようなサービスにお金を払って自動化書き起こしという汚い仕事をやらせなくてもすむわけだ。無料化の秘密は、“データの取得”にある。 続きを読む

  • iOS 8最新ベータに、(ほぼ)リアルタイム書き起こし機能がついた

    つい先ほどAppleのiOS 8 beta 4が公開され、新機能の一つとしてビジュアル化された書き起こし機能が加わった(上のビデオはMacRumorsより)。話した言葉が、ほぼリアルタイムでテキスト変換されているのがわかるだろう。これは以前Siriに登場した機能だが、メッセージその他のテキスト入力ボックスの音声入力オプションとしては初めてで、かなりクールだ。 続きを読む