translate

  • 標識などを瞬時に訳してくれるGoogle Translateが、対応言語を27ヵ国語に拡大

    標識などを瞬時に訳してくれるGoogle Translateが、対応言語を27ヵ国語に拡大

    自国語の通じない国を旅行したことはおありだろうか。最近ではそうした際に利用できるツールがいろいろと登場してきている。しかしそんな中でも、Google Translateが、No.1ツールとしての地位を獲得しているのではなかろうか。 続きを読む

  • Googleとどう違う? エキサイト翻訳が15年目の機能拡張で専門用語を強化

    Googleとどう違う? エキサイト翻訳が15年目の機能拡張で専門用語を強化

    オンライン翻訳サービスの老舗「エキサイト翻訳」。2015年8月に15周年を迎えるこのサービスが機能拡充を実施した。8系統106分類の分野を選択することで、それぞれの専門用語にも対応した翻訳が可能になる(現状は英語のみ)。数個のボタンがついた程度で、以前と比べて正直見た目の差はほとんどない。だがビジネスや専門分野の翻訳において使い勝手が大幅に向上しそうだ。 このサービスの詳細を伝える前に、まずは僕らが普段利用している翻訳サービスに大きく2つの種類があるという話をしたい。 続きを読む

  • Google Translateのモバイルアプリにリアルタイムの音声/街路標識翻訳が加わる

    Google Translateのモバイルアプリにリアルタイムの音声/街路標識翻訳が加わる

    Google Translateは今すでに、海外で生活している人や、よく旅をする人にとって、たいへん便利なアプリケーションだが、今日(米国時間1/13)はそのモバイルアプリがさらにお利口になった。AndroidとiOSアプリの今回のアップデートでは、二つの気の利いた機能: リアルタイムの音声翻訳と街路標識の翻訳が加わったのだ。 続きを読む

  • Google Translate(翻訳)がアップデート, 複数の訳候補をランキング

    Google Translate(翻訳)がアップデート, 複数の訳候補をランキング

    Googleが今日(米国時間10/31)立ち上げた、Google Translate(翻訳)のアップデートにより、単語の訳語候補の中から適切なものを見つける作業が、やりやすくなった。たとえば下の画像では、ドイツ語の名詞Kammerに対し、英語の訳語候補が5つ、画面右下に表示され、さらにそれらのドイツ語訳(逆翻訳)も表示されている。 これらの訳語候補の並び順、すなわちランクは、頻度を表している。たとえばドイツ語Kammerが英語に訳されるときは、chamberになる場合がいちばん多いのだ。逆に下の方のboxroomなどは、あまり一般的な訳語… 続きを読む