交通(用語)

交通に関連する記事一覧

  • Uberはインドで従業員の25%となる600名を解雇、一部操業再開も焼け石に水

    Uberはインドで従業員の25%となる600名を解雇、一部操業再開も焼け石に水

    Uberは米国時間5月26日に、インドで600名を解雇すると発表した。これは同国における同社労働者の25%となる。新型コロナウイルス(COVID-19)によるパンデミックを切り抜けるためのコスト削減を目的にしている。 続きを読む

  • Uberが新型コロナ禍でさらに3000人解雇、一部オフィスも閉鎖

    Uberが新型コロナ禍でさらに3000人解雇、一部オフィスも閉鎖

    Uberは従業員3000人を追加で解雇する。Wall Street Journalが最初に報じている。Uberは45カ所のオフィスを閉鎖し、貨物や自動運転車テクノロジーといった分野の取り組みも見直す。 続きを読む

  • 徳島拠点の電脳交通がタクシー活用のフードデリバリー「電脳デリ」を開始

    徳島拠点の電脳交通がタクシー活用のフードデリバリー「電脳デリ」を開始

    電脳交通は5月7日、同社の拠点である徳島市内をサービスエリアとして、自社のシステム・コールセンターとタクシーを活用した「電脳デリ」のサービスの実証実験を開始した。 続きを読む

  • フォルクスワーゲンが全電動ID.3ハッチバックを6月に販売開始

    フォルクスワーゲンが全電動ID.3ハッチバックを6月に販売開始

    フォルクスワーゲンは、全電動ハッチバックID.3の正式版、ID.3 1stを2020年6月から一般顧客向けに販売する計画だ。まずは予約分から正式注文を受け付ける。予約した顧客は6月17日以降に、車の注文ができるようになる。ID.3は自体はヨーロッパでのみの販売となる。 続きを読む

  • Virgin GalacticとNASAが共同で地上2点間移動用の超音速機を開発へ

    Virgin GalacticとNASAが共同で地上2点間移動用の超音速機を開発へ

    Virgin Galacticは、米国時間5月5日にNASAとの新しい提携契約を公表した。地球上の2点間移動のための高速航空機の開発が目的だ。この新たな提携では、とくに持続可能な高速移動技術を民間および商用航空に適用する道を探る。 続きを読む

  • Lyftが仮想インターンシップの期間を短縮し給与削減

    Lyftが仮想インターンシップの期間を短縮し給与削減

    Lyft(リフト)はインターンシッププログラムを12週間から8週間に短縮し、一部のインターンの給与を半分に減らし、さらに住宅手当を廃止した。また同社もインターンシップの期間短縮と、インターンの給与の一部削減を認めている。なお具体的にどの役割や部署が影響を受けるのかは明かされていない。 続きを読む

  • インテルがイスラエルの交通アプリMoovitを約960億円で買収、自動運転部門を強化

    インテルがイスラエルの交通アプリMoovitを約960億円で買収、自動運転部門を強化

    イスラエルでは、スマート輸送の世界でいくつかの大きなM&Aが進んでいる。TechCrunchが入手した複数のレポートや情報筋によると、チップ大手のIntelは、AIとビッグデータによる交通状況の分析に基づき世界約8億人におすすめの経路情報を提供するスタートアップのMoovit(ムービット)を買収する最終段階だという。 続きを読む

  • Uberがドライバーと乗客のマスク着用を義務化へ

    Uberがドライバーと乗客のマスク着用を義務化へ

    Uber(ウーバー)はドライバーと乗客にマスクの着用を義務付けようとしている。新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックに苦闘するライドシェアリングビジネス復旧に向けての取り組みだ。 続きを読む

  • テスラ車は最新のソフトウェアで赤信号や一時停止の標識を認識して止まる

    テスラ車は最新のソフトウェアで赤信号や一時停止の標識を認識して止まる

    適合する装備が施されたテスラ車は、ソフトウェアアップデートによって、信号機と一時停止の標識を認識して対応できるようになった。このアップデートは、先週末からオーナーに向けた配信が開始されている。 続きを読む

  • GMがカーシェアリング事業から撤退、Mavenを終了

    GMがカーシェアリング事業から撤退、Mavenを終了

    GM(ゼネラル・モーターズ)のカーシェアリング実験は終了する。同社は米国時間4月21日、2016年に立ち上げたカーシェアリングサービスMaven(メイブン)を終了することを明らかにした。 続きを読む