trekker

  • ヨルダンの岩壁古都ペトラへGoogleのStreet Viewで行ける

    ヨルダンの岩壁古都ペトラへGoogleのStreet Viewで行ける

    Googleは今でも精力的に、Google MapsのStreet View機能にいろんなものを取り込んでいる。今日ローンチされたのは、岸壁を刻んで作られたヨルダンの古都Petra(ペトラ)だ。これは古くから、世界の七不思議の一つ、と言われていたほどの‘奇観’だ。もっとも、何が世界の七不思議かについては諸説があるけど。なお今回は、ヨルダンのそのほかの、およそ30箇所の史蹟の画像も加わった。 これは、ギザのピラミッドやイラクのリワ砂漠、UAEのブルジュ・ハリーファなどに続いて、GoogleのStreet Viewに取り入… 続きを読む

  • Googleのストリートビュー・ラクダ、リワ砂漠を行く

    Googleのストリートビュー・ラクダ、リワ砂漠を行く

    Googleは、その地球を覆いつつあるストリートビュー画像を砂の上へと拡大した。改造したトレッカーカメラを本物のラクダのこぶに載せ、お伽話から抜け出てたようなアラブ首長国連合の汚れなき不思議の国、リワ砂漠で写真を取り込む。 続きを読む

  • Googleのストリートビューが今度はカナダの北極地区を徒歩で撮影

    Googleのストリートビューが今度はカナダの北極地区を徒歩で撮影

    ご存じのようにGoogleのストリートビューのチームはこれまでその技術を、なるべく小さくそしてなるべくモバイルにしてきた。とくにそうしてきたのは、Google Mapsのために人が画像を撮る部分だ。今日(米国時間3/20)チームは、カナダの北極行政区にあるNunavut(ヌナヴート準州)での現場画像を共有した。 グランドキャニオンの場合と違って、ここではTrekkerを背負って歩く人はGoogleの社員ではない。その人はNunavutの住民Chris Kallukで、彼はNunavut TunngavikというNPOで働いている。今そこは、G… 続きを読む

  • Googleストリートビュー・チームにロング・インタビュー―ラリー・ペイジの車の屋根のカメラからグランドキャニオンの谷底まで

    Googleストリートビュー・チームにロング・インタビュー―ラリー・ペイジの車の屋根のカメラからグランドキャニオンの谷底まで

    最近、私はGoogleでストリートビューを創造したメンバーに長時間インタビューする機会があった。そこでこのプロジェクトがラリー・ペイジの夢想から始まって世界中の誰もが特に意識もせずに使う日常必須のツールへと成長したのか、そのプロセスを詳しく学ぶことができた。 ラリー・ペイジの車の屋根に積まれたかさばったカメラから始まったストリートビュー撮影システムはワゴン車、乗用車、三輪車、二輪車、はてはバックパックやスノーモビルにさえ搭載されている。2007年5月25日にスタートして以来、ストリートビューはGoogleが世界を観察する視覚となった。と… 続きを読む

  • Google、バックパック式ストリートビュー・ビューカメラを公開―グランドキャニオンをトレッキング

    Google、バックパック式ストリートビュー・ビューカメラを公開―グランドキャニオンをトレッキング

    Googleは先ほど、新開発のバックパック式のストリートビュー・カメラ、Trekkerでグランドキャニオン国立公園の絶景トレールを歩いて撮影しているところを披露した。 もうすぐ、息を切らしてブライトエンジェル・トレールを自分で上り下りしなくても、居ながらにしてコロラド川まで下る仮想ツアーが体験できるようになる。Googleによればこのグランドキャニオン遠征でTrekkerシステムが初めて屋外に出たのだそうだ。 続きを読む