トラック / 貨物自動車(用語)

トラック / 貨物自動車に関する記事一覧

  • フォードの新電動ピックアップトラックの名前は「F-150 Lightning」、停電した家に給電する機能を搭載

    フォードの新電動ピックアップトラックの名前は「F-150 Lightning」、停電した家に給電する機能を搭載

    Fordは米国時間5月10日、全電動ピックアップトラックの名称を、1990年代に使われた名称「SVT F-150」を復活させた「F-150 Lightning」とすることを明らかにした。 続きを読む

  • 電気トラックと無人貨物運搬ポッドのEinrideが米国進出を控え約120億円調達

    電気トラックと無人貨物運搬ポッドのEinrideが米国進出を控え約120億円調達

    変わった外観の貨物運搬のための電動自律走行ポッドで知られるスウェーデンのスタートアップEinrideは、欧州での事業拡大と米国進出の資金を確保するために1億1000万ドル(約120億円)を調達した。 続きを読む

  • ボルボとダイムラートラックが長距離トラック向け水素燃料電池生産で提携、合弁会社Cellcentric設立

    ボルボとダイムラートラックが長距離トラック向け水素燃料電池生産で提携、合弁会社Cellcentric設立

    ライバル同士であるVolvo ABとDaimler Truckが長距離トラック向けの水素燃料電池の生産でタッグを組む。Cellcentricという合弁会社は、2025年までに水素燃料電池の「ギガファクトリー」レベルの大規模生産を欧州で行うことを目指す。 続きを読む

  • 電動トラックRivianga全米40州で自社保険プログラムを立ち上げ

    電動トラックRivianga全米40州で自社保険プログラムを立ち上げ

    電動トラックのスタートアップRivianは、米国時間4月15日木曜日にRivian Insuranceプログラムの詳細を発表した。この保険は、同社のデジタル注文プロセスに統合される予定だ。この保険は当初、40の州で提供される予定だ。 続きを読む

  • GMが航続距離640km超の電動ピックアップ「シボレー・シルバラード」を生産へ

    GMが航続距離640km超の電動ピックアップ「シボレー・シルバラード」を生産へ

    GM社長のマーク・ルース氏は米国時間4月6日、電動でフルサイズのシボレー・シルバラードピックアップは同社のUltiumバッテリープラットフォームをベースとし、フル充電時の航続距離は400マイル(約643キロメートル)超だと明らかにした。これはGMの推定距離であり、正式なEPAの数字ではないことは留意しておくべきだろう。 続きを読む

  • 自動運転技術のオーロラがボルボと提携、高速道路を自律走行するトラックの製造を目指す

    自動運転技術のオーロラがボルボと提携、高速道路を自律走行するトラックの製造を目指す

    自動運転車のスタートアップ企業であるAurora Innovationは、Volvoと自動運転セミトラックを北米向けに共同開発することで合意したと発表した。両社によると、この数年に渡る予定の提携は、ボルボの自動運転ソリューション部門を通じて行われ、同社の顧客が利用するハブ間の高速道路を自動運転で走行できるトラックの製造に焦点を当てたものになるという。 続きを読む

  • 長距離トラックの中継輸送から無駄な時間をなくすBatonが11.5億円調達

    長距離トラックの中継輸送から無駄な時間をなくすBatonが11.5億円調達

    トラック業界では「休止と留置」の時間が効率と利益とドライバーの敵だ。トラックヤードで積替えのために過ごす休止時間と、スケジュールがずれた荷降ろしと荷積みの間に生ずる無駄な時間は、米国のトラック業界に年間20億時間あまりの損失を与えている。 続きを読む

  • 中国の自動運転トラックスタートアップTuSimpleがIPO申請

    中国の自動運転トラックスタートアップTuSimpleがIPO申請

    TuSimpleは多様な戦略的投資家集団が支援する自動運転トラックの会社で、Volkswagen AGの大型トラック部門であるThe Traton Group、Navistar,Goodyear、および運送会社のU.S. Xpressが出資している。米国時間3月23日、同社は上場申請書を提出した。 続きを読む

  • アマゾンがRivian製の配達EVテストをサンフランシスコでも開始

    アマゾンがRivian製の配達EVテストをサンフランシスコでも開始

    Amazonは電気貨物車両を使った顧客への配達をサンフランシスコにも拡大する。同社は2021年に計16都市でRivian製EVを導入する予定であり、その中でベイエリアは2番目の実施となった。 続きを読む

  • Canooが仕事や遊びに使える新電動ピックアップトラックを発表

    Canooが仕事や遊びに使える新電動ピックアップトラックを発表

    ロサンゼルス拠点のスタートアップCanooは最新、そして3つめのモデルとなる電動ピックアップトラックを発表した。似たようなトラックや従来のディーゼルピックアップにあるシャープなコーナーや大きなエンジンハウジングをなくし、商用顧客や週末に冒険を楽しむ消費者のための電動車両だ。 続きを読む

  • 急成長中のトラックシェアFluid Truckが67億円調達、住友商事も出資

    急成長中のトラックシェアFluid Truckが67億円調達、住友商事も出資

    Fluid Truckは商用車を所有したりリースしたりする手間とコストをなくすことを目的とするアプリベースのプラットフォームを構築した。この分野はすでにPenske、Ryder、U-Haulのような企業がマーケットシェアを独占している。 続きを読む

  • Hacobuの動態管理サービスが専用端末なしで日野のコネクティッドトラックで利用可能に

    Hacobuの動態管理サービスが専用端末なしで日野のコネクティッドトラックで利用可能に

    Hacobu(ハコブ)は9月24日、動態管理サービス「MOVO Fleet」が、MOVO Fleet専用GPS端末なしで日野自動車のコネクティッドトラックにおいて利用可能になったこと、また専用プランを2020年10月1日から提供開始することを発表した。 続きを読む

  • 自動運転スタートアップのTuSimpleがトラック製造大手のNavistarとタッグ、2024年までに自動運転トレーラーを生産

    自動運転スタートアップのTuSimpleがトラック製造大手のNavistarとタッグ、2024年までに自動運転トレーラーを生産

    NavistarとTuSimpleは、水曜日、2年間の提携関係を結び、2024年までに自動運転セミトレーラーを開発し生産を開始すると発表した。 続きを読む

  • TuSimpleが量産型自動運転トラック技術に向けてサプライヤーZFと提携

    TuSimpleが量産型自動運転トラック技術に向けてサプライヤーZFと提携

    自動運転トラックのスタートアップTuSimpleは、自動車サプライヤーZFと提携し、センサーなどの自動運転車技術の、商用規模開発と生産を始める。 続きを読む

  • Waymoの自動運転トラックがニューメキシコとテキサスでのテストを開始

    Waymoの自動運転トラックがニューメキシコとテキサスでのテストを開始

    Waymo (ウェイモ)は米国時間木曜日、テキサスとニューメキシコの一部で、自律型長距離トラックのためのマッピングを開始し、最終的にはテストを行うことを発表した。これがロボタクシービジネスを超えてコアビジネスを拡大しようとしているAlphabet(アルファベット)の子会社の最新の動きだ。 続きを読む

  • Einrideの自動運転トラックはNvidiaを搭載、今秋出荷を開始

    Einrideの自動運転トラックはNvidiaを搭載、今秋出荷を開始

    EinrideのT-pod電動自動運転運搬車はNvidiaのDrive AIプラットフォームを利用し自律運転を実現する。スウェーデンのテクノロジー企業が本日(米国時間3月28日)発表を行った。Einrideはまた、量産型T-podトラックの、顧客に対する最初の出荷はこの秋になることも明かした。意外に早い出荷となるようだ。 Nvidia Drive AIプラットフォームにより、EinrideのT-podは、経路立案とインテリジェントな環境検知によって、最大124マイルの距離を自律的に走行する。T-podは遠隔操作向けにもデザインされており、当初… 続きを読む

  • カナダの食品スーパーがTeslaの電動トラックを25台導入

    カナダの食品スーパーがTeslaの電動トラックを25台導入

    TeslaのSemiは幸先の良いスタートを切った。公式の価格情報すらまだないのだが。Walmartのパイロットテストに加え、カナダの食品スーパー最大手のLoblawがこの頑強な電動トラック25台を購入する(via Canadian Press)。価格は未定だが前金は1台につき5000ドル。出荷は2019年からの予定だ。 続きを読む

  • ウォルマートが新しいTeslaセミトラックの試験運行に名乗りを上げた

    ウォルマートが新しいTeslaセミトラックの試験運行に名乗りを上げた

    ウォルマートは、Teslaの新型完全電動セミヘビーデューティートラックを試験運用する最初の企業の1つになる予定だと語った。同社はCNBCに対して、新しい車両をテストする「最初の企業になることに興奮している」と語り、総合的な排気ガス量削減を含む「長期的なサステナビリティゴール」を達成するために、どれほど役立つのかを見たいと語っている。 ウォルマートは、米国とカナダの両方でTesla Semiの試験運行を行なうということだ。同社は現在、物流センターから各店舗に品物を輸送するために、約6000台のトラックを運行している。 続きを読む

  • ダイムラーの新しい電動大型トラックは1度の充電で350キロを走る

    ダイムラーの新しい電動大型トラックは1度の充電で350キロを走る

    ダイムラーが今年の東京モーターショーで完全電動のセミトラックを発表した。1回の充電での航続距離は350km、牽引重量は11トンで、これは同レベルのディーゼルトラックに比べて2トン少ないだけだ。 発表されたトラックVision Oneは300キロワット時までの蓄電容量を持つバッテリーを搭載しており、350kmという航続距離は比較的近い都市間の牽引移動を可能にする。もちろん長距離の移動には向いていないが、中距離での重量物の移動により柔軟に対応することが可能だ。 発表されたE-FUSOブランドはダイムラー三菱トラック部門の新しいサブブランドである… 続きを読む

  • イーロン・マスクが、Model 3問題とプエルトリコに力を注ぐためにTeslaのセミトラックの発表日を延期

    イーロン・マスクが、Model 3問題とプエルトリコに力を注ぐためにTeslaのセミトラックの発表日を延期

    9月の初めにイーロン・マスクは、長い間噂されていた完全電動セミトラックを10月26日に発表するとツイートしていた。彼はそれが「暫定的」予定であるとし、必要であれば日程変更ができる余地を残していた。それは良い判断だったことが分かった。 今日(米国時間10月6日)の午後のツイートで、イーロンはセミトラックの公開を11月16日にすると発表した。約3週間の延期である。 再スケジュールの理由は何か?マスクは、Model 3のボトルネックと、プエルトリコのためのバッテリー生産という、現在最も力を注いでいる2つのことについて言及している。 続きを読む