tweetup

  • 「Twitter向けAdSense」を目指したTweetUp、対象プラットフォームにLinkedInとFacebookを追加。併せてサービス名もPostUpに変更

    「Twitter向けAdSense」を目指したTweetUp、対象プラットフォームにLinkedInとFacebookを追加。併せてサービス名もPostUpに変更

    Twitterを対象とした検索および広告サービスプラットフォームを運営してきたTweetUpが、検索対象にプロフィール情報を含め、またLinkedInおよびFacebookも加えることをアナウンスした。これによりTwitterのみを対象にしたサービスから脱却したわけで、サービスの名前もTweetUpからPostUpに変更された。 サービスはidealabがインキュベートしたもので、4月にリアルタイム検索画面における広告入札の受け付けを開始した。そして5月にはTechCrunch Disruptにてデビューを果たし、同サービスのウィジェット… 続きを読む

  • 「長期的ユーザー体験が第一」―Twitter、サードパーティーのタイムライン内広告を全面禁止

    「長期的ユーザー体験が第一」―Twitter、サードパーティーのタイムライン内広告を全面禁止

    Twitterは先程公式ブログに記事を公開し、Twitterプラットフォームに関する長期戦略を発表した。その中で、Twitterは重要な決定を行ったことを明らかにした。この決定は一部のサードパーティーのスタートアップに不利な影響を与えるおそれがある。 その重要な決定とは、「Twitter APIを利用するいかなるサービスにおいても、Twitter独自のPromoted Tweets広告以外のあらゆるサードパーティーの有料広告をツイートとしてタイムラインに挿入することを認めない」というものだ。この方針変更に沿ってAPI利用約款は改正されること… 続きを読む

  • Overtureの創業者が「Twitter向けAdsense」を目指すTweetupを設立

    Overtureの創業者が「Twitter向けAdsense」を目指すTweetupを設立

    検索エンジンマーケティングとして今日知られているプロダクトは、idealabというインキュベーターが生み出したものだ。このidealabが、Twitterの世界に同様のプロダクトを適用するためのスタートアップを設立した。その名をTweetupという。 話をちょっと1998年に戻す。当時の検索エンジンは、サイトに旧来の広告を貼ることによってしか、トラフィックを収益に結びつけることができなかった。そこに登場したのがGoto.comで、特定のキーワードで検索上位に位置する権利に対する入札を行わせるというコロンブスの卵的製品を売り出した。 その後… 続きを読む