UAS

  • ドローン業界がTrumpと彼のFAAに望むこと、それは決定過程の完全な民主化

    ドローン業界がTrumpと彼のFAAに望むこと、それは決定過程の完全な民主化

    アメリカの商用ドローン業界は、彼らのビジネスとグローバルな競争力に影響を与える新しい政策や規制について、次期大統領からまだ何も聞いていない。 先週のAP通信の特ダネ記事は、Trumpが航空管制の民営化に関心を持っている、と報じた。連邦航空局(Federal Aviation Administration, FAA)の長年の仕事を取り上げ、議会が認めた非営利団体に渡す、というのだ。でも、低空域を飛行するドローンはどうなるのか、それがまだ分からない。 続きを読む

  • Intelがドローン船隊の夜間飛行の許可をFAAからもらったのは、花火をしたかったからだ

    Intelがドローン船隊の夜間飛行の許可をFAAからもらったのは、花火をしたかったからだ

    アメリカにおける小型ドローンの商業的利用を統轄する規則が今週発効したが、企業はただちに、これらの規則からの免除を、連邦航空局(U.S. Federal Aviation Administration, FAA)から獲得し始めている。 たとえばCNNは、ニュース取材目的で、繋留したドローンを人びとの上に飛ばす権利を取得した。PrecisionHawkは、農業用ドローンを視界の外(操縦者が裸眼で見えない場所)で飛ばす免除を獲得した。そしてBNSF Railroadは、列車の運行をモニタするために人びとの上や視界の外で飛ばす権利をもらった。FAAのMi… 続きを読む

  • FAA、操縦士から見えない場所でドローンを飛ばす許可をPrecisionHawkに与える

    FAA、操縦士から見えない場所でドローンを飛ばす許可をPrecisionHawkに与える

    連邦航空局(FAA)はドローン技術スタートアップ、PrecisionHawkに、無人機による米国領空の有視界外飛行(BVLOS)を許諾した。 続きを読む

  • FAA、ホビースト団体と協力してRC機、ドローンの安全飛行ガイドラインづくりに乗り出す

    FAA、ホビースト団体と協力してRC機、ドローンの安全飛行ガイドラインづくりに乗り出す

    今日(米国時間1/13)、FAAはAMA(Academy for Model Aeronautics、モデル航空アカデミー)と協力しながらRCモデル機やドローンの運用に関する安全ガイドラインづくりを始めたと発表した。AMAはアメリカにおけるモデル航空機愛好家の最大の団体だ。 モデル機愛好家の多くはAMAの会員であり、そうでなくてもその安全ガイドライン(400フィートを超えない、空港から3マイル以内を飛行しない等)を知っている。しかし最近、比較的安価なGPS内蔵クアドコプターが普及し始めた。 続きを読む