Uber(企業)

Uber(ウーバー・テクノロジーズ)は、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリを展開する米国企業。

  • インド政府がUberやOlaなどのライドシェアの手数料率上限を規定

    インド政府がUberやOlaなどのライドシェアの手数料率上限を規定

    インドでは、OlaやUberのようなライドシェア企業は、乗車料金の最大20%までしか取ってはならない。インド政府が米国時間11月27日に発行したガイドラインではそうなっている。特にソフトバンクが投資しているこの2社は重要な海外市場で苦戦しているだけに、この決定はこたえるだろう。 続きを読む

  • Uberのアムステルダム拠点社員11名の解雇許可申請を当局が却下

    Uberのアムステルダム拠点社員11名の解雇許可申請を当局が却下

    Uberはオランダ、アムステルダムのEMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ)本社従業員11名を解雇する許可申請を、オランダ労働者保険機構(UWV)に却下されたことを正式に認めた。 続きを読む

  • 配車サービスを提供している都市では性的暴行の発生率が低いとの調査結果

    配車サービスを提供している都市では性的暴行の発生率が低いとの調査結果

    2010年のUberのローンチ以来、配車サービスは多くの都市で最も主要な交通手段の1つに成長している。配車サービスのおかげで、旅行者は手を振ってタクシーを拾う労力から解放された。幸運にも都市で車を所有することができていたとしても、飲酒運転をする必要がなく、宝くじを当てるほどの確率ともいえる駐車場を探す必要もない選択肢が用意されている。 続きを読む

  • Uberがトラブル続きだった自動運転技術部門ATGをライバルのAuroraに売却か

    Uberがトラブル続きだった自動運転技術部門ATGをライバルのAuroraに売却か

    18カ月前、Uberの自動運転部門である Uber Advanced Technologies Group(ATG)はトヨタやデンソー、ソフトバンクのビジョンファンドから10億ドル(約1047億円)の出資を受けてバリュエーションが72億5000万ドル(約7600億円)になった。そのATGはいま、売りに出ている。 続きを読む

  • Uber乗車を30日前に予約可能に、お気に入りドライバー指定機能も追加

    Uber乗車を30日前に予約可能に、お気に入りドライバー指定機能も追加

    新型コロナウイルスパンデミック下で消費者を引きつける新たな方法を模索しているUber(ウーバー)は、ユーザーが30日前に乗車を予約し、お気に入りのドライバーを指定できる機能の提供を間もなく開始する。 続きを読む

  • 新型コロナワクチンのニュースでUberの株価が上場以来の最高値を記録

    新型コロナワクチンのニュースでUberの株価が上場以来の最高値を記録

    新型コロナウイルスのワクチンの候補が90%有効で、数か月後には市場に出回るというニュースの後、Uberの株価が7.38%上がり、48.18ドルに接近した。 続きを読む

  • Uberが「ギグワーカーは個人事業主」というカリフォルニアの住民立法を世界展開へ

    Uberが「ギグワーカーは個人事業主」というカリフォルニアの住民立法を世界展開へ

    先にカリフォルニア州で、ギグワーカーを個人事業主と分類し続けることを可能にする住民立法案の投票が行われ、その日のうちに承認される見通しとなった。これを受けてUberは同様の動きを引き続き展開する。ビジネスモデルを守る住民立法というUberの野心は舞台を世界へと移す。 続きを読む

  • デリバリー需要の急増もUberの第3四半期売上減少を止められず

    デリバリー需要の急増もUberの第3四半期売上減少を止められず

    デリバリー需要の急増にも関わらず、Uberの第3四半期売上は投資家の期待に届かなかった。Uberの四半期総取扱高は147億ドル(約1兆5200億円)で、前年同期比10%減だった。売上は31億ドル(約3200億円)で、対前年比18%減だった。 続きを読む

  • カリフォルニア州でのギガワーカー法案通過を見込んでUberとLyftの株価が高騰

    カリフォルニア州でのギガワーカー法案通過を見込んでUberとLyftの株価が高騰

    米国ライドシェアリングの両巨人、UberとLyftの株価は本日11月4日午前の時間外取引で急騰した。カリフォルニア州の投票法案、Proposition(プロポジション)22の通過を見込んだ行動だ。同法案が成立すれば、テック利用のオンデマンド企業は、引き続きギグワーカーを個人事業主として分類できる。 続きを読む

  • カリフォルニアの控訴裁がUberとLyftのドライバーを従業員とする下級裁の判決を支持

    カリフォルニアの控訴裁がUberとLyftのドライバーを従業員とする下級裁の判決を支持

    米国時間10月22日の控訴裁判所は、UberとLyftが彼らのドライバーを従業員に分類しなければならないと判決を下した。しかし、この判決は裁判所が送達を出した後、30日間延期されることになっている。 続きを読む