Uber(企業)

Uber(ウーバー・テクノロジーズ)は、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリを展開する米国企業。

  • カリフォルニアの控訴裁がUberとLyftのドライバーを従業員とする下級裁の判決を支持

    カリフォルニアの控訴裁がUberとLyftのドライバーを従業員とする下級裁の判決を支持

    米国時間10月22日の控訴裁判所は、UberとLyftが彼らのドライバーを従業員に分類しなければならないと判決を下した。しかし、この判決は裁判所が送達を出した後、30日間延期されることになっている。 続きを読む

  • Uberのドライバーがアプリ内広告で労働者を独立請負業者とするProp 22を強制されたとして同社を提訴

    Uberのドライバーがアプリ内広告で労働者を独立請負業者とするProp 22を強制されたとして同社を提訴

    Uberは、住民投票によって決まるカリフォルニア州条例案「Proposition 22」をめぐって集団訴訟に直面している。原告らは、同社がドライバーに強制するという違法行為により、労働者をワーカーを独立請負業者とする法案を支持させようとしている、と申し立てている。 続きを読む

  • Uberがコスト削減のためにインドで数百人のエンジニアを雇用

    Uberがコスト削減のためにインドで数百人のエンジニアを雇用

    米国時間10月15日、Uberはインドでエンジニアを225人雇用しているところで、重要な海外市場であるインドで技術チームを強化していると述べた。 続きを読む

  • Uberソフトウェアエンジニアとして企業にとって都合のいいルールをギグワーカーに押しつけるProp22に反対

    Uberソフトウェアエンジニアとして企業にとって都合のいいルールをギグワーカーに押しつけるProp22に反対

    私はUberのソフトウェアエンジニアを2年続けてきたが、同時に配車サービスのドライバーもしていた。生業はUberのAndroid用アプリのプログラマーだが、今でも、ギグエコノミーの実態を知るために、自転車を漕いでそれらのアプリベースの企業で配達の仕事をしている。そうした経験から、私はギグエコノミーの決定的な要素に気がついた。 続きを読む

  • 物議を醸したUberの元幹部が約260億円のSPACの計画を米証券取引委員会に登録

    物議を醸したUberの元幹部が約260億円のSPACの計画を米証券取引委員会に登録

    現在SPAC、つまり特別目的買収会社が大流行しており、SPACを立ち上げようとする人があらゆる場所から現れている。 続きを読む

  • Uberが貨物運送事業で優先株を発行して約530億円を調達、キャッシュ確保の一環

    Uberが貨物運送事業で優先株を発行して約530億円を調達、キャッシュ確保の一環

    Uberは10月2日、ニューヨークの投資会社であるGreenbriar Equity Group率いる投資家グループが、Uber FreightのシリーズA優先株式による資金調達5億ドル(約530億円)に応じると語った。 続きを読む

  • 英裁判所がUberのロンドンでの事業継続を許可、ただし18カ月のみ

    英裁判所がUberのロンドンでの事業継続を許可、ただし18カ月のみ

    Uberはロンドンでの事業免許更新を求めた裁判で勝訴した。英国時間9月28日の判決で、裁判所は配車サービスUberの市交通当局とのやり取りなどを含めプロセスの改善は評価できると認めた。 続きを読む

  • PostmatesがUberとの提携に向けて第2四半期に赤字を削減

    PostmatesがUberとの提携に向けて第2四半期に赤字を削減

    人気フードデリバリーサービスのPostmatesが、26億5000万ドル(約2798億円)という超大型契約でフードデリバリーの競合相手であるUberと手を組もうとしている。この取引は独占禁止法の審査を受けている状態で、まだ承認されていないが、順調に進めば2021年前半に完了すると見込みだ。 続きを読む

  • 2040年の完全ゼロエミッションを約束するUberが車両の電動化に850億円を投入

    2040年の完全ゼロエミッションを約束するUberが車両の電動化に850億円を投入

    配車サービスの最大手Uberは、2040年までに完全なゼロエミッションを実現すると約束し、2025年までに契約ドライバーの車を電気自動車に切り替えさせるための専用の予算として8億ドル(約850億円)を確保する計画だ。その鍵となるのは、新規と、既存事業の拡大を含む4つの取り組みだ。 続きを読む

  • ロシアYandexがUberとのJVから自動運転事業をスピンアウト、159億円を新会社に投資

    ロシアYandexがUberとのJVから自動運転事業をスピンアウト、159億円を新会社に投資

    ロシアで検索エンジンとしてスタートした上場ハイテク大手で、グーグルと同じように多くの関連分野に手を拡げたYandexが9月4日、Uberとの合弁事業(JV)で配車サービスと料理宅配を行うMLU BVから自動運転車ユニットをスピンアウトすると発表した。 続きを読む