Uber(企業)

Uber(ウーバー・テクノロジーズ)は、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリを展開する米国企業。

  • 配車サービス用のEV生産に向けUberとArrivalが提携

    配車サービス用のEV生産に向けUberとArrivalが提携

    組立ラインを廃止し、高度に自動化されたマイクロファクトリーを選んだ電気自動車メーカーのArrivalがUberと提携し、ライドシェアのドライバー向けEVを作ろうとしている。Arrivalは年末までにクルマの最終的なデザインを明らかにし、2023年第3四半期に生産を開始する予定だ。 続きを読む

  • バイデン政権の労働長官はギグワーカーを従業員待遇にすべきと考えている

    バイデン政権の労働長官はギグワーカーを従業員待遇にすべきと考えている

    米国時間4月29日、バイデン政権の労働長官Marty Walsh(マーティ・ウォルシュ)氏は、ギグエコノミーという白熱している問題に言及して、福利厚生を欠いて働く多くの人びとは企業の従業員扱いになるべきだ、と主張した。 続きを読む

  • Uberがコロナ禍後を見すえてワクチン予約やレンタカーデリバリーなど新サービスを発表

    Uberがコロナ禍後を見すえてワクチン予約やレンタカーデリバリーなど新サービスを発表

    Uberは最終的に収益につながるビジネスモデルに的を絞る中で、6つを超える機能を新たに立ち上げる。ここには、ユーザーがWalgreensでのワクチン接種を予約し、接種会場への乗車を手配できる機能が含まれる。 続きを読む

  • Uberがコロナ収束後のドライバー不足対策で総額約274億円の報奨金を用意

    Uberがコロナ収束後のドライバー不足対策で総額約274億円の報奨金を用意

    Uberは米国時間4月7日、パンデミックが収束に向かいつつある中、ドライバーの復帰を歓迎し、新しいドライバーを募集するために、総額2億5000万ドル(約274億円)のドライバー刺激策を開始すると発表した。同社の広報担当者によると、復帰したドライバーと新たに就業したドライバーの両方とも、今後数カ月にわたってボーナスを受け取ることができるという。 続きを読む

  • Uberがドライバーの顔認識チェックの利用で圧力を受ける

    Uberがドライバーの顔認識チェックの利用で圧力を受ける

    Uberがドライバーの識別システムに顔認識テクノロジーを使用していることが英国で問題になっている。ドライバーが誤って識別され、ロンドン交通局(TfL)から営業ライセンスを取り消されたケースが複数見つかったことから、App Drivers & Couriers Union(アプリ運転手および配送業者組合、ADCU)とWorker Info Exchange(労働者情報取引所、WIE)は、Microsoftに対しこの配車サービス大手へのB2B顔認識サービスの提供を停止するよう求めている。 続きを読む

  • 1000億円超を調達しながら失敗に終わったEVのバッテリー交換ビジネスを復活させるAmple

    1000億円超を調達しながら失敗に終わったEVのバッテリー交換ビジネスを復活させるAmple

    今をさかのぼること13年とわずか、当時世界で最も力のあるソフトウェア企業の1つだったSAPでCEOへの道を歩んでいたシャイ・アガシ氏は、それまで専門的なキャリアを積み重ねてきた会社を離れ、Better Placeというビジネスを始めた。そのスタートアップは、勃興期の電気自動車市場に革命を起こし、電気自動車のバッテリー切れという恐怖を過去のものにするはずだった。 続きを読む

  • UberがEUで「Prop 22」スタイルのギグワーク基準を求めロビー活動を展開

    UberがEUで「Prop 22」スタイルのギグワーク基準を求めロビー活動を展開

    Uberは、ギグワーカーの労働条件を改善する新しい規則が必要かどうか判断するためにギグプラットフォームの労働条件の精査に乗り出したEUの議員に接触している。配車サービスとオンデマンドのフードデリバリーの巨人は現地時間2月15日、白書を発表し、プラットフォーム業務の「新しい基準」と称するものに関して、欧州の政策立案者に対しロビー活動を展開している。 続きを読む

  • Uberは最高裁判所の判決を受けて英国のドライバーを「労働者」待遇にすると発表

    Uberは最高裁判所の判決を受けて英国のドライバーを「労働者」待遇にすると発表

    Uberは現地時間3月16日、英国で同社の配車アプリを利用し営業しているドライバーを「労働者」として扱うと発表した。これによりドライバーたちは、有給休暇などの福利厚生を受けられることになる。 続きを読む

  • Uberが配達ロボット事業を独立会社Serve Roboticsとしてスピンアウト

    Uberが配達ロボット事業を独立会社Serve Roboticsとしてスピンアウト

    Uberが2020年に26億5000万ドル(約2830億円)で買収したオンデマンド配達スタートアップのロボティクス部門、Postmates Xが正式にServe Robotics(サーブロボティクス)という会社としてスピンアウトした。 続きを読む

  • Uberは新型コロナによる在宅勤務を2021年9月中旬まで延長

    Uberは新型コロナによる在宅勤務を2021年9月中旬まで延長

    Uberは米国時間2月18日、在宅勤務を2021年9月13日まで延長することを従業員に通知した。 続きを読む