Ubuntu

  • GoogleのCI/CDプラットホームCloud Buildがコンテナイメージの脆弱性をスキャンする

    GoogleのCI/CDプラットホームCloud Buildがコンテナイメージの脆弱性をスキャンする

    Googleが今日(米国時間9/19)、同社のCD/CIプラットホームCloud Buildの重要なアップデートを発表した。それにより、このサービスを利用して構築されるすべてのコンテナイメージに対し脆弱性スキャンが行われる。Container Registryに対するその脆弱性スキャンはまだベータだが、現代的なDevOpsの実践手法を採用した企業に対し、彼らがデプロイするコンテナに確実に、既知の脆弱性がないようにすることがそのねらいだ。 続きを読む

  • UbuntuのCanonicalがスマートフォンから撤退、デスクトップはUnityからGNOMEに戻る

    UbuntuのCanonicalがスマートフォンから撤退、デスクトップはUnityからGNOMEに戻る

    人気の高いLinuxディストリビューションUbuntuを作っているCanonicalは、スマートフォンやタブレットでモバイルの世界に進出したい、という願いを持っていた。今やUbuntuで動くスマートフォンを買うのは(少なくともアメリカでは)容易ではないが、しかしここ数年、さまざまな機種が出たり消えたりを繰り返した。そしてCanonicalのファウンダーMark Shuttleworthの今日(米国時間4/5)の発表によれば、同社はスマートフォン事業への投資を終了する。 続きを読む

  • CanonicalとPivotalのパートナーシップでUbuntu LinuxがCloud Foundryの推奨オペレーティングシステムになる

    CanonicalとPivotalのパートナーシップでUbuntu LinuxがCloud Foundryの推奨オペレーティングシステムになる

    オープンソースのクラウド開発プラットホームCloud Foundryを開発しているPivotalと、人気の高いLinuxディストリビューションUbuntuを作っているCanonicalが今日(米国時間7/6)発表したパートナーシップにより、UbuntuがCloud Foundryの推奨オペレーティングシステムになる。 続きを読む

  • Linuxの新しいパッケージフォーマット、Ubuntu生まれのSnapsは、小アプリケーション群のためのコンテナのようだ

    Linuxの新しいパッケージフォーマット、Ubuntu生まれのSnapsは、小アプリケーション群のためのコンテナのようだ

    Dockerのコンテナでアプリケーションを分散化する技術は、Linuxの世界の分裂をやや縫合することに役立っている。そして今度は、互いに会話/対話する、あるいは一緒にアップデートされる、複数の小さなアプリケーションのための新しいパッケージフォーマットが、同様の効果を期待している。それはUbuntuにアプリケーションをインストールするために、今年初めにCanonicalが導入した、Snapsと呼ばれるパッケージングフォーマットで、今では複数のLinuxディストリビューションが、デスクトップやサーバー、クラウド、それに各種デバイスといった… 続きを読む

  • コンテナのセキュリティをモニタするオープンソースツールClairをCoreOSがローンチ

    コンテナのセキュリティをモニタするオープンソースツールClairをCoreOSがローンチ

    データセンターのための軽量Linuxディストリビューションとして人気のCoreOSは、コンテナにも熱心だ。今日(米国時間11/13)同社は、コンテナのセキュリティをモニタするオープンソースのツールClairをローンチした。そしてその、まだベータのClairを、同社の有料のコンテナレジストリサービスQuayに統合する。その統合は、今後予定されているQuay Enterpriseでサポートされる。 続きを読む

  • DJIとCanonicalがパートナーしてUbuntu Linuxが動くドローン搭載専用コンピュータを発表

    DJIとCanonicalがパートナーしてUbuntu Linuxが動くドローン搭載専用コンピュータを発表

    ドローンのメーカーとして世界最大といわれる中国のDJIと、Linuxの人気ディストリビューションUbuntu Linuxを作っている Canonicalが共同で、ドローンに搭載されることだけをねらったコンピュータManifoldを発表した(上図)。 今のところ対象機はDJIのMatrice 100だけなので、Phantomのドローンなどでは使えない。この3300ドルのMatrice 100はDJIの空飛ぶデベロッパプラットホームという位置づけの機種で、Manifoldのようなハードウェアや各種のセンサなどを装着できる。 続きを読む

  • IBM、Canonicalと提携してUbuntu Linuxの動作するメインフレームを提供

    IBM、Canonicalと提携してUbuntu Linuxの動作するメインフレームを提供

    「Linux」と「メインフレーム」を「相反するもの」と捉えている人も多いのではなかろうか。しかしこの15年、IBMはメインフレームにLinuxの要素を取り入れてきているのだ。そしてついにIBMとCanonicalは、メインフレーム上でUbuntsu Linuxを動かすことにした旨のアナウンスを行った。このプロダクトはLinuxOneと命名されている。 続きを読む

  • Ubuntu 15.04がローンチ、OpenStackのニューバージョンKiloとハイパーバイザーLXDなどをサポート

    Ubuntu 15.04がローンチ、OpenStackのニューバージョンKiloとハイパーバイザーLXDなどをサポート

    Canonicalが今日(米国時間4/21)、Ubuntuの次のバージョン、15.04 Vivid Vervetは木曜日(4/22)からダウンロードできる、と発表した。このバージョンにはデスクトップユーザのための新しい機能が二つあるが、しかしいちばん重要なアップデートはサーバのデプロイメントまわりだ。 続きを読む

  • Ubuntuが今度は200ドル以下の中級機スマートフォンをヨーロッパで発売

    Ubuntuが今度は200ドル以下の中級機スマートフォンをヨーロッパで発売

    スマートフォン市場に再挑戦したUbuntu LinuxのCanonicalが、Ubuntuベースのスマートフォンを“数日後に”発売すると発表した。アンロック機でお値段は€169.90(~$190)だが、一部のキャリアが売るSIMバンドル版もある。同機はスペインのBQのAndroid中級機Aquaris E4.5のUbuntuバージョンとして、’Aquaris E4.5 Ubuntu Edition’という名前で売られる。 続きを読む

  • Ubuntu CoreのIoT用バージョンをCanonicalがローンチ

    Ubuntu CoreのIoT用バージョンをCanonicalがローンチ

    物のインターネット(Internet of Things, IoT)をLinuxで実装したい人は多いし、またその中には、裸のLinuxカーネルを自分でいじるのは面倒、と感じる人も多いだろう。そこでCanonicalは、同社のLinuxディストリビューションUbuntuのIoT用バージョンを出すことにした。それは前にもご紹介した、軽量快速バージョンのUbuntu Coreがベースだ。これまでの数か月間同社は、そのUbuntu Coreの“さくっとした(snappy)”バージョンを、さまざまなクラウドコンピューティングサービ… 続きを読む

  • Ubuntu Coreの“Snappy”版をAmazonのAWS上でも使えるようになった

    Ubuntu Coreの“Snappy”版をAmazonのAWS上でも使えるようになった

    Ubuntu Coreをぎりぎりまで痩身させた”Snappy“(軽量快速)エディションが、AmazonのクラウドコンピューティングプラットホームAWSでも利用できるようになった。 ここ数週間の動きを見てきた方にとっては、それは意外ではない。 続きを読む

  • 痩身・軽量・快速の“Snappy” UbuntuがGoogleのCompute Engineでも使える

    痩身・軽量・快速の“Snappy” UbuntuがGoogleのCompute Engineでも使える

    一週間前にCanonicalは、コンテナファーム向けに最適化された”Snappyな”(軽量快速な)Ubuntu Coreの最初のアルファバージョンをリリースした。そして意外にも、SnappyのローンチパートナーはMicrosoftのクラウドコンピューティングプラットホームAzureだった。しかし今日からは、このバージョンのUbuntuをGoogleのCompute Engineでも利用できる。 続きを読む

  • もうすぐNetflixをLinux上でふつうに見られるようになる

    もうすぐNetflixをLinux上でふつうに見られるようになる

    Google Analyticsの結果を見ると、本誌TechCrunchをLinuxから見ている人はそんなに多くない。でも、けっこうおられることも確かだ。 あのヴェン図の上の小さな銀色の部分と、それに重なる”People who use Ubuntu”(Ubuntuを使っている人びと)に該当する人でしかも、“User-Agentを詐称するなどの、Ubuntuの上でNetflixを見るためのトリックを知らない人”に、朗報がある。Netflixがついに、Ubuntuでもふつうに見られるようになるのだ。… 続きを読む

  • ‘収束コンピューティングデバイス’を目指すUbuntuスマートフォンが$32Mの資金を一般募集

    ‘収束コンピューティングデバイス’を目指すUbuntuスマートフォンが$32Mの資金を一般募集

    Canonicalは前から、モバイルOS Ubuntu Mobileでもって、全世界的に急伸するモバイル~スマートフォン市場の分け前をねらっていた。そのCanonicalが今度は、クラウドファンディングサイトIndiegogoで、初の自社ブランドモバイルハードウェアUbuntu Edgeのために資金を募集している。Edgeはスマートフォンを超えるスマートフォンを自称し、デスクトップコンピューティングの領域もカバーしてしまおう、というコンセプトの製品だ。 続きを読む

  • Ubuntuスマートフォンの発売は今年の10月

    Ubuntuスマートフォンの発売は今年の10月

    Ubuntuが最近発表したモバイルオペレーティングシステムのニュースは、確かにある程度話題になった。そのため(ぼく自身も含む)相当数のナードたちが、それに心惹かれた。ありがたいことに、CanonicalのファウンダMark Shuttleworthがついに今日(米国時間2/6)、今後の日程を明らかにした。彼はWall Street Journalに、最初のUbuntuスマートフォンは今年の10月に陽の目を見る、と語った。 もちろんそれは、万事順調ならば、ということだ。BlackBerry 10も、2012年ローンチの予定が、先週にずれ込んだ。モ… 続きを読む

  • フリーソフトウェアのリーダーRichard Stallman曰く: Amazonの検索を統合したUbuntuはスパイウェアだ

    フリーソフトウェアのリーダーRichard Stallman曰く: Amazonの検索を統合したUbuntuはスパイウェアだ

    フリーソフトウェアのリーダーRichard Stallmanが、Amazonの検索をUnityインタフェイスの“dash”ユーティリティに取り入れたUbuntuを、そんなことをすればUbuntuがスパイウェアになってしまうと非難した。彼はデベロッパたちに、このLinuxディストリビューションをボイコットするよう、呼びかけている。 Stallmanの主張は、“Amazonの検索結果は明らかに一種の広告であり、であるからには当然、個人情報を収集するであろう。Ubuntuを提供しているCanonicalのサー… 続きを読む

  • デスクトップからWebアプリを簡便に操作できるUbuntu Web Apps–車や携帯でも欲しいね

    デスクトップからWebアプリを簡便に操作できるUbuntu Web Apps–車や携帯でも欲しいね

    ぼくの場合は、ブラウザのタブは3つか4つぐらいしか開いていない日が多い。GmailとTwitterとGoogle Readerと、それらのどれかにあったリンク、これで4つだ。でもぼくが知ってる人たちの中には、いつも2ダースかそれ以上のタブを開いている人も何人かいる。しかも一日中。毎日。彼らはどのタブがGmailだったか見つけるのに苦労し、やっと見つけたのにメールは来てない、というかったるい生活に慣れている。彼らは、Last.fmのストリームをポーズするだけのために、途方もない数のクリックをしなければならない。Webアプリの氾濫によって、… 続きを読む

  • DellがLinuxラップトップに再挑戦–一般消費者からパワーユーザに照準変え

    DellがLinuxラップトップに再挑戦–一般消費者からパワーユーザに照準変え

    本日(米国時間7/18)Dellは、Linuxラップトップ市場への再参入を公式に表明した。5月に発表されたProject Sputnikがこのほど、Dell社内のインキュベータ事業を卒業して、実際に製品化されたのだ。プロジェクトのリーダーBarton Gerogeによると、Dellは同社のXPS13 Ultrabookの特製“デベロッパエディション”を秋から売り出す。 そのラップトップには、Linuxのユーザフレンドリなディストリビューションとして人気のあるUbuntuがプレロードされる(なおLinuxは、オペレーティ… 続きを読む

  • Ubuntu LinuxのCanonicalがハイブリッド機Ubuntu for Androidを発表

    Ubuntu LinuxのCanonicalがハイブリッド機Ubuntu for Androidを発表

    Canonicalが今年の初めに披露したUbuntu TVは、同社が発表した一連の”Ubuntu on devices”の最初のものだった。そしてその次のデバイスは、来週のMobile World Congress 2012で発表される。それはAndroidで動くスマートフォンだが、ただし、ふつうの人のふつうの理解力を超えた製品だ。 それはAndroidの上で動くUbuntuアプリでもなく、あるいは逆にUbuntuの上でAndroidエミュレータが動くというものでもない。そのUbuntu for Androidと呼ばれる製品は、… 続きを読む

  • Ubuntu 12.04のヘッドアップディスプレイはメニュー方式のGUIに別れを告げる?

    Ubuntu 12.04のヘッドアップディスプレイはメニュー方式のGUIに別れを告げる?

    Ubuntuとその新しいインタフェイスであるUnityについて記事を書くと必ず、ネガティブなコメントが殺到する。使えない、大嫌い、コンピュータ史上最悪の製品だ、などなど。ぼくはそれらを見て、それほどがっくりもしないが、Ubuntu Linuxを提供しているCanonicalにとって、Unityの採用は一つの試練になってしまった。とくに不評なのは、アプリケーションのメニューを画面上部のグローバルなバーに置いたことだ。また多くのパワーユーザたちは、Unityはマウスに依存しすぎだと批判した。そこで、Ubuntuの“ユーザ説得係&… 続きを読む