UiPath(企業)

UiPathは、業務自動化(RPA)ツールを提供するスタートアップ。

  • クリエイターのための経済オペレーティングシステム

    クリエイターのための経済オペレーティングシステム

    スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター「The TechCrunch Exchange」へようこそ。The Exchangeは以前にもPicoを取り上げたことがある。最も近いところでは2020年半ばに、独立系出版やサブスクリプションメディアの世界での話題を紹介している。 続きを読む

  • 無名スタートアップから企業価値3.8兆円のRPAユニコーンに登りつめたUiPath成長の軌跡

    無名スタートアップから企業価値3.8兆円のRPAユニコーンに登りつめたUiPath成長の軌跡

    米国時間3月27日、UiPathは速射砲のような進化過程の次期ステップとして、上場のためのS-1書類を提出した。この会社がどれほどの速さで上昇してきたかを知るべく、これまでの資金調達の歴史を見てみよう。 続きを読む

  • ロボティック・プロセス・オートメーションのUiPathがIPO申請

    ロボティック・プロセス・オートメーションのUiPathがIPO申請

    米国時間3月26日午前、よく知られたロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)のユニコーンであるUiPathが上場申請した。同社はこのS-1書類提出に至るまでに、非公開企業として数十億ドル(数千億円)の資金を獲得しており、史上有数の資金豊富なスタートアップに数えられている。 続きを読む

  • 業務自動化のUiPathが約790億円調達、IPOもまもなく

    業務自動化のUiPathが約790億円調達、IPOもまもなく

    急成長中のロボット・プロセス・オートメーション(RPA)分野におけるリーダーの1社であるUiPathは米国2月1日、350億ドル(約3兆7000億円)という驚くべきポストマネーバリュエーションで7億5000万ドル(約790億円)のシリーズFラウンドをクローズしたと発表した。 続きを読む

  • 業務自動化のUiPathが新規上場のための書類を米証取委に非公開で提出

    業務自動化のUiPathが新規上場のための書類を米証取委に非公開で提出

    ものすごい勢いで成長しているロボットプロセスオートメーション(RPA)のスタートアップUiPathが、今後予想されているIPOに先立ち、米国時間12月17日米国証券取引委員会(SEC)に非公開で書類を提出した。 続きを読む

  • 近年の評価額上位のスタートアップは慣習に反して非上場を続けている

    近年の評価額上位のスタートアップは慣習に反して非上場を続けている

    Bessemer Venture Partnersは2020年のCloud 100 Benchmarkレポートを最近発表した。そのデータを見ると評価額上位の企業に注目すると、近年のトップ企業は何らかの理由で慣習に反していることがわかった。 続きを読む

  • 評価額1.1兆円超に急増した業務自動化のUIPathがシリーズEで約241億円を追加調達

    評価額1.1兆円超に急増した業務自動化のUIPathがシリーズEで約241億円を追加調達

    Robotic Process Automationの先頭を走るスタートアップであるUIPathが、米国時間7月13日に102億ドル(約1兆1000億円)という驚異的な評価額の下に、2億2500万ドル(約241億円)のシリーズEを行ったことを発表した。 続きを読む

  • 毎日のつまらない業務を自動化、RPAのUiPathが440億円超を調達

    毎日のつまらない業務を自動化、RPAのUiPathが440億円超を調達

    IT企業向けのロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)プラットフォームを展開しているUiPathはシリーズDでベンチャーキャピタルから4億ドル超を調達中で、評価額は70億ドル超になる見込みだ。 続きを読む