超音波(用語)

超音波に関する記事一覧

  • スイス大研究チームがヒトデの幼生から着想を得たマイクロロボットを超音波で動かすことに成功

    スイス大研究チームがヒトデの幼生から着想を得たマイクロロボットを超音波で動かすことに成功

    マイクロロボットは、業界の多くの人々にとって長年の関心事だった。このようなテクノロジーは、最終的に多くのアプリケーションを提供できる可能性があり、その中にはヘルスケア分野における有用な機能も含まれる。例としてよく挙げられるのが、薬の薬物送達やマイクロサージャリーなどだ。 続きを読む

  • AIを使った超音波分析の拡大を目指すイスラエルのヘルステックDiAが約15億円調達

    AIを使った超音波分析の拡大を目指すイスラエルのヘルステックDiAが約15億円調達

    イスラエルに拠点を置くAIヘルステック企業DiA Imaging Analysisは、深層学習と機械学習を利用して超音波スキャンの分析を自動化している。同社はこのほど、シリーズBのラウンドで1400万ドル(約15億3700万円)を調達した。 続きを読む

  • 独自光超音波3Dイメージング技術を手がけるLuxonusが約4.3億円調達、2022年中に医療機器の開発・生産および薬事申請準備

    独自光超音波3Dイメージング技術を手がけるLuxonusが約4.3億円調達、2022年中に医療機器の開発・生産および薬事申請準備

    Luxonusは9月10日、シリーズBラウンドにおいて、約4億3000万円の資金調達を発表した。調達した資金により 2021年に研究機関向けの理化学機器の上市と、続く2022年中の医療機器の開発・生産および薬事申請の準備を行う予定。 続きを読む

  • Luxonusが被曝の心配がない超高解像度光超音波3Dイメージング装置を開発

    Luxonusが被曝の心配がない超高解像度光超音波3Dイメージング装置を開発

    医療用の新しい画像装置を開発するLuxonus(ルクソナス)は8月24日、近赤外レーザーと超音波を融合させた光超音波イメージング技術を用いた超高解像度3Dイメージング装置の開発を発表した。 続きを読む

  • 小型の超音波デバイスを商用化しすべての医師に渡したいExo

    小型の超音波デバイスを商用化しすべての医師に渡したいExo

    アクカラジュ氏によると「超音波に未来があることは明らかです。非放射性で、有害な副作用もありません。私たちはこの技術を医師が持つものにしたい。また、患者が身に着けるものでもいいかもしれません。体内を即座に瞬間的に検査することができます」という。 続きを読む

  • モノに触れずにつかめるロボ用超音波グリッパー

    モノに触れずにつかめるロボ用超音波グリッパー

    スイス、ETHZürichの研究者は、超音波を利用して物体を空中に浮遊させて支えるグリッパーを開発した。非常にデリケートな作業にも適用できるものだ。現状では明確な用途は定まっていないが、腕時計やマイクロロボットなど、精密機械の製造、あるいは生化学などの分野に期待がかかっている。 続きを読む

  • 超音波で眠っているスマートデバイスを覚醒させる

    超音波で眠っているスマートデバイスを覚醒させる

    私たちは未来の家が、小さなセンサーたちで溢れていることを確信している。セキュリティカメラ、一酸化炭素検出器、スピーカー、その他もろもろだ。とはいえ常に実行されている必要があるものは多くない。だが、もしそれらがオフだったとして、必要な時にどうやってそれらの目を覚ましてやれば良いのだろうか?超音波を使うのだ。 続きを読む

  • 超音波を使えば、「音」を発せずに音声認識デバイスを騙すことができる

    超音波を使えば、「音」を発せずに音声認識デバイスを騙すことができる

    セキュリティ関連技術を研究する中国人研究者が、「音」を発せずに音声認識システムを作動させる方法を開発した。人間には聞こえず、しかしマイクでは検知できる高周波音を用いるのだ。このしくみを用いて、人間には音が聞こえない状況で、さまざまなコマンドを発することに成功したのだそうだ。メジャーな音声認識アシスタントのすべてを操作することができたとのこと。 続きを読む

  • ‘JOLED’は、空中浮遊する小さな球体で作られたディスプレイ

    ‘JOLED’は、空中浮遊する小さな球体で作られたディスプレイ

    液晶ディスプレイはもう古い! これからは、超音波で宙に浮かぶ数十個の小さな球体だ。サセックス大学とブリストル大学の研究者らが作ったのはまさしくそれで、想像する通りの奇妙な代物だ。もっともこの汗かきロボットほど奇妙ではない。 続きを読む

  • 超音波で直腸の動きを検知、排泄タイミング予測デバイスでTriple Wが資金調達

    超音波で直腸の動きを検知、排泄タイミング予測デバイスでTriple Wが資金調達

    排泄タイミングのお知らせがスマホに表示されるIoTデバイスを提供しようという日本人チームによるスタートアップ、Triple W(トリプル・ダブリュー)は、この4月末にニッセイ・キャピタルやアイスタイルキャピタルから資金調達をしたことをTechCrunch Japanに明らかにした。金額は非公開だがハードウェアスタートアップのシード投資としては大きめのようだ。 続きを読む

  • 骨折の治療を40%早める3Dプリンター製ギプス

    骨折の治療を40%早める3Dプリンター製ギプス

    それはまるでスタートレックのボーグから飛び出してきたかのよう(=クール)に見えるが、実は骨折を治療するためのギプスだ。 トルコの学生Deniz Karasahinが作ったOsteoidは、3Dプリンティングと超音波技術を利用して骨折治療の苦痛を少なくする。 続きを読む