ワクチン(用語)

ワクチンに関連する記事一覧

  • アリババとエチオピア航空が中国の新型コロナワクチンを輸送する低温物流設備を準備

    アリババとエチオピア航空が中国の新型コロナワクチンを輸送する低温物流設備を準備

    中国は新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンを他の国々、特に緊密な関係にある国と共有することを約束している。​同国はワクチンを国際的に展開する準備はできていないが、大量輸送のためのインフラ整備進めている。 続きを読む

  • 英国がファイザーとBioNTechの新型コロナワクチン緊急使用を世界初承認

    英国がファイザーとBioNTechの新型コロナワクチン緊急使用を世界初承認

    英政府は医薬品当局の推奨を受け、BioNTechとPfizerが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。英国は広範使用を目的に新型コロナワクチンを承認した初の国となる。 続きを読む

  • 製薬会社Modernaの新型コロナワクチンは予防効果94.1%で重症化は100%予防、緊急使用許可申請へ

    製薬会社Modernaの新型コロナワクチンは予防効果94.1%で重症化は100%予防、緊急使用許可申請へ

    製薬会社Moderna(モデルナ)が新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン治験の初期分析を完了し、94.1%の予防効果が確認されたと結論づけた。同社は11月30日に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可(EUA)を申請する。 続きを読む

  • アストラゼネカの新型コロナワクチン治験で誤り、追加の治験実施へ

    アストラゼネカの新型コロナワクチン治験で誤り、追加の治験実施へ

    製薬会社AstraZenecaの新型コロナウイルスワクチンのフェーズ3臨床試験(治験)で、効果が高かったグループのワクチン投与量に誤りがあったことが明らかになり、同社のCEOはグローバルで追加の治験を行うとBloombergに語った。はっきりさせておくと、これはオックスフォード大学とAstraZenecaのワクチンに対する期待をくじくものではないはずだ。 続きを読む

  • オックスフォード大学の新型コロナワクチンも効果を確認、安価で管理が容易なタイプ

    オックスフォード大学の新型コロナワクチンも効果を確認、安価で管理が容易なタイプ

    製薬会社AstraZeneca(アストラゼネカ)と提携して開発しているオックスフォード大学の新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンは、フェーズ3治験の予備結果で70.4%の効果が確認された。 続きを読む

  • ファイザーとBioNTechが新型コロナワクチン候補の緊急使用承認を申請

    ファイザーとBioNTechが新型コロナワクチン候補の緊急使用承認を申請

    米国時間11月20日、有力な新型コロナウイルスワクチン候補の1つを製造している2つの企業が、米国食品医薬品局(Food and Drug Administration、FDA)に予防治療の緊急使用承認(EUA)を申請した。 続きを読む

  • Modernaの新型コロナワクチン、治験で94.5%の有効性確認

    Modernaの新型コロナワクチン、治験で94.5%の有効性確認

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの有効性についてのPfizerの発表に続き、Modernaも米国11月16日にフェーズ3治験で得られた良好な結果を明らかにした。同社はワクチン候補が初期暫定データ分析で94.5%の有効性を示したとしている。 続きを読む

  • ファイザーの新型コロナワクチンの効果は90%、年末までに大規模な接種開始か

    ファイザーの新型コロナワクチンの効果は90%、年末までに大規模な接種開始か

    PfizerとBioNTechは米国時間11月9日、開発中の新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンについて、フェーズ3治験の参加者で90%の予防効果があったと発表した。 続きを読む

  • 3万人が参加する最大規模の新型コロナワクチン治験をモデルナが米国で開始

    3万人が参加する最大規模の新型コロナワクチン治験をモデルナが米国で開始

    新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン候補の最大規模の治験が米国7月27日に始まった。製薬会社Moderna(モデルナ)が3万人の参加が想定されているボランティアの一部にワクチンの接種を開始している。 続きを読む

  • オクスフォードと武漢の新型コロナワクチン候補の試験結果は良好、人体にも安全

    オクスフォードと武漢の新型コロナワクチン候補の試験結果は良好、人体にも安全

    新型コロナウイルス(COVID-19)の流行拡大を防ぐために世界各国で努力が続けられているが、有望な結果が2つ現れている。1つはオクスフォード大学、他は国家重点研究開発計画の資金援助による武漢における研究だ 続きを読む