viacom

  • 訴訟文書の公開でYouTube買収の詳細明らかに―共同ファウンダー、Chad Hurleyの取り分は3億3400万ドル

    訴訟文書の公開でYouTube買収の詳細明らかに―共同ファウンダー、Chad Hurleyの取り分は3億3400万ドル

    訴訟関連の文書というのは面白い情報の宝の山だ。たとえば、今日(米国時間3/18)公表されたYouTube/Viacomの訴訟の準備書面では、2006年の$1.65B(16億5000万ドル)でのGoogleによる買収でYouTube の共同ファウンダー、Chad Hurleyがいくら手に入れたかが明らかにされている。その金額は$334M(3億3400万ドル)(2006年11月13日のGoogleの株価の終値による計算)だ! つまり、この若き共同ファウンダー、CEOは買収の時点でYouTubeの約20%の株式を所有していたわけだ。 続きを読む

  • YouTube、Viacomが自作自演と主張―「自分で密かに番組をアップした後でわれわれを訴えた」

    YouTube、Viacomが自作自演と主張―「自分で密かに番組をアップした後でわれわれを訴えた」

    今日(米国時間3/18)、ViacomがYouTubeを著作権侵害で訴えた長く続く裁判に関連して、これまで秘密扱いだった法律文書のいくつかが公開された。これらの文書の公開に関連して、YouTubeの主席法律顧問のZahavah Levineはブログ記事(というより訴訟の準備書面のような文章だが)を公開した。 Levineはこの中で、Viacomの著作権侵害の主張に対するYouTubeの反論の主要な論点の一つに、Viacomが著作権侵害について公けに抗議する一方で、密かに自らのコンテンツをYouTubeにアップロードしていた事実があることを… 続きを読む

  • コルベア・レポートがHuluから消える―ウェブビデオに制作者側での配信一元化の動き

    コルベア・レポートがHuluから消える―ウェブビデオに制作者側での配信一元化の動き

    スタートした当初、Huluは「メディア業界によるYouTube対抗の切り札」という存在だった。テレビ局が制作した番組をこのサイトで一括オンライン公開することによって、広告収入をYouTubeに流すことなく、全額を参加各社が受け取るためのハブとなることがHuluの目的だった。期待にたがわず、NBC、Fox、ViacomのComedyCentralはたちまち膨大な視聴者を集めた。Huluは月間ビデオ再生回数10億回 を記録し、YouTubeに次ぐビデオサイトになった。. Hulu自身にとっては大成功だったが、一部の参加メディア企業にとっては期… 続きを読む

  • 巨大メディアのデジタル部門は死んだ

    巨大メディアのデジタル部門は死んだ

    巨大メディアとインターネットのロマンスは、市場と共に浮き沈みする。ウェブベンチャーに金が注ぎ込まれているのを見ると、同じことをしなければならないという脅迫にかられる。大ていはベンチャー部門にすぎない社内のデジタル部門を強化し、一獲千金を夢見た。今のような不況になると、彼らの注意は別のところへと揺れ動く。イノベーションを安く手に入れられるまさにその時に。 「M&Aは終った」、ある巨大メディア企業のデジタルメディアの長が私にそう語った。事業やテクノロジーの隙間を埋めるターゲットのはっきりした買収のいくつかを除いて、「何かを買おうと… 続きを読む

  • MTV Networks、DIY型ソーシャルネットワーク・プラットフォームのFlux(Social Project)を完全買収

    MTV Networks、DIY型ソーシャルネットワーク・プラットフォームのFlux(Social Project)を完全買収

    MTV NetworksはSocial Projectを完全に買収して傘下におさめた。買収金額については公開されていない。Social ProjectはMTV.com、TheDailyShow.com、ColbertNation.comなど多くのサイトで利用されるソーシャルネットワーク・プラットフォームであるFluxを所有しており、MTV Networksは当初、小額投資者として運営に参加していた。NingやKickAppsと競合するSocial Projectは前回$47.5M(4,750万ドル)の資金を獲得しており、その大半はMTVの親会社… 続きを読む

  • 噂のDailyCandyはComcastが$125Mで買収

    噂のDailyCandyはComcastが$125Mで買収

    Silicon Alley Insiderによると、Comcastがニュースレター配信サービスのDailyCandyを買収した。確認は取れていないが買収額は1億2千500万ドル。サイトの対象はファッション、食事、旅行等、国際的な広がりを持つものに興味を持つ女性。 ViacomもDailyCandyの獲得に興味を示しており1億2千万ドルを提示していたが、結局Comcastの提示額が500万ドル上回った。DailyCandyを保有するPilot Group VenturesのBob Pittmanによると、DailyCandyからの収益は1千万ドル以… 続きを読む

  • GoogleとViacom、YouTubeユーザーの匿名性で合意

    GoogleとViacom、YouTubeユーザーの匿名性で合意

    YouTubeのユーザーデータ引き渡しに関するGoogle対Viacomの対決はいちおう終わったようだ。 現在係争中の著作権侵害訴訟で、ユーザーID、IPアドレス、YouTubeで視聴したすべてのビデオに関する情報をViacomに引き渡すようGoogleに命じる決定が下されていた。両者はこの決定の内容を変更することで合意した。  インターネット中に巻き起こった抗議の嵐に驚いて、Viacomは「個人を識別可能な情報を要求したことはない」(実はしていた)と弁解した。 次には「得られた情報に基づいて個人を訴えることはしない」と約束した。この約束… 続きを読む

  • YouTubeのログ引き渡し問題で問われているのはGoogleの信頼性だ

    今月、われわれはアメリカ連邦地裁ニューヨーク南地区のLouis L. Stanton上席判事が、YouTubeのユーザーログをViacomに引き渡すようGoogleに命じたことを伝えた。 ViacomはGoogleを相手どった10億ドルの訴訟において、この情報が著作権侵害の実態を明らかにする上で必要だと主張していた。 この決定に対して、われわれのを含めて多くの抗議の声が上がった。引き渡されるデータにはユーザー名、IPアドレス、YouTube上で閲覧したしたすべてのビデオのIDが含まれる。しかも引き渡しの相手ときては著作権侵害を理由に見境なく訴… 続きを読む

  • 「市民的不服従」部門:GoogleはYouTubeデータを紙でViacomに渡すべきだ

    「市民的不服従」部門:GoogleはYouTubeデータを紙でViacomに渡すべきだ

    最近のGoogleに対する裁判所命令で、これまで視聴されたYouTubeビデオに関する全データをViacomに引き渡すよう指示が出されたことは、YouTubeを一度でも利用したことのある人(即ちインターネット利用者ほぼ全員)のプライバシーに対するばかげた法の拡大解釈である、と多くの人たちを脅かした。Googleは可能であればこの裁定と戦い続けるべきだ。 しかし、戦うことが不可能ならば、裁定には創意工夫をこらした方法で従ってほしい。問題のデータには、YouTubeで見られたことのあるあらゆるビデオについて、誰が、どの時刻に見たかの記録が含… 続きを読む

  • Google対Viacom 訴訟で連邦地裁、YouTubeのユーザーをオオカミに投げ与える

    Google対Viacom 訴訟で連邦地裁、YouTubeのユーザーをオオカミに投げ与える

    現在進行中のGoogle/YouTube対Viacom訴訟はついにユーザー側に波及してきた。このほど裁判所はGoogleに対して膨大なユーザー情報をViacomに引き渡すよう命じた。もしこのデータが実際に開示されると、その結果は2006年にAOLの検索データが公開された事件に比べても比較にならないくらい深刻な結果をもたらす。 ニューヨーク南地区連邦地裁のLouis L. Stanton上席判事が発した命令と見解はここに(PDF)。 開示を命じられたデータにはYouTubeのすべてのユーザー名、そのIPアドレス、そのユーザーがYouTubeで閲… 続きを読む

  • 2007年広告市場シェアを一番伸ばしたメディア企業は?(ヒント:頭文字G)

    2007年広告市場シェアを一番伸ばしたメディア企業は?(ヒント:頭文字G)

    (クリックで拡大します) 2007年広告収入市場シェア伸長数ではウェブ、テレビ、印刷媒体、ラジオの全部門においてグーグルが断トツのトップだった。 今朝早くHenry Blodgetが大手メディア企業17社(ニューズ・コーポレーション、タイムワーナー・ケーブル、バイアコム、グーグル、ヤフー、マイクロソフト、AOL、ニューヨークタイムズ、CBSラジオなど)の広告収入比較を発表した。ディズニーは何故か対象から除外されているが、それを別にすれば申し分ない構成のデータである(表計算はこちら)。 氏の試算によると、全17社のオンライン広告収入合計は昨年9… 続きを読む

  • Viacom、仇敵YouTube以外のみんなに動画の愛をせっせと配る

    Viacom、仇敵YouTube以外のみんなに動画の愛をせっせと配る

    反YouTube同盟強化の一環でComedy CentralからMTVネットワーク、Nickelodeon、Atom Filmsなど傘下局の番組映像のシンジケーションを進めるViacomが、また沢山の動画共有サイトを仲間に引き入れるようだ。 新たにViacomから動画の寵愛を受けるのはDailymotion、Veoh(ここはもうHuluとCBSの動画を抱えている)、imeem、GoFish、MeeVeeの各サイトで、これからは既存の連携サイトのAOL、Bebo、Joost、MSN、ComcastのFancastとともにViacomの動画ライ… 続きを読む

  • GoogleのDoubleClick買収、FTCのハードルを越える―さて次のEuropeが難しい

    GoogleのDoubleClick買収、FTCのハードルを越える―さて次のEuropeが難しい

    われわれがすでに予想したとおり、事実FTC〔連邦通信委員会〕はGoogleの$3.1B(31億ドル)のDoubleClick買収を承認した。注目すべき点は、FTCが承認に当たって一切条件をつけなかったことで、これはGoogleにとって大勝利といっていいだろう。Googleは既存のビジネス部門のどれかを売却することも、現行のビジネスモデルのどれかを変更することも要求されなかった。Googleの主席法律顧問DavidDrummondはFTCの裁定の理由について次のように分析している。 広告プラットフォーム市場はきわめて競争が激しい。 [これは… 続きを読む

  • Viacom、マイクロソフトと$500M規模の契約合意。ビデオゲームにハリウッド式の戦略を採用

    Viacom、マイクロソフトと$500M規模の契約合意。ビデオゲームにハリウッド式の戦略を採用

    反Googleを強化する更なる連携の動きが明らかになった。Viacomが何とも複雑な契約をマイクロソフトと結んだのだ。これは、同社間が、ウェブ広告、TV広告、動画ライセンス、オンラインゲームで提携を結ぶというもの。4月に遡るが、Viacomは他にもサイト間での検索広告についてYahooと契約を交わした。Viacomのウェブ戦略の動機は「Google憎し」以外のなにものでもないようだ。 今日の(米国時間12/19)の合意内容をざっとまとめると次のようになる(ちょっと辛抱してほしい)。マイクロソフトのAtlas事業(マイクロソフトが最近買収… 続きを読む

  • 業界の著作権保護連合結成の動機はアンチGoogle

    Googleが 今週発表した著作権保護のためYouTubeに導入するコンテンツから「フィンガープリント」を採取、投稿と照合する技術について、業界からさっそく反応が出た。今日業界の有志グループは、テクノロジー企業とメディア企業が共に著作権保護のために今後遵守すべき微温的なガイドラインを発表した。このガイドラインに署名した企業には、Viacom、News Corp.、Disney、CBS、NBC、Microsoftが含まれる。ここで不参加が目立つのはGoogle自身だ。今しがた「Web2.0カンファレンス」で、ViacomのCEO、 Phili… 続きを読む

  • The Daily Show専用サイト公開。Colbert人気はまだまだ健在

    The Daily Show専用サイト公開。Colbert人気はまだまだ健在

    Comedy Centralは今日(米国時間10/18)「The Daily Show With Jon Stewart」専用サイトを公開。ファン向けに同番組の無料ビデオクリップを提供する。 Comedy CentralによるDaily Show無料動画クリップ公開を2004年なんて信じられないと冷笑するのはたやすいが、さっと見てみたところ少しはましな内容になっているようだ。LA Timesによると、同サイトは、1999年の番組放映開始以来の全てを収めたビデオクリップを公開しており、そのクリップ数は13,000に上るという。 Comedy Centralコン… 続きを読む

  • 今週金曜日、海賊版コンテンツ対策を目指すビッグな顔ぶれが新グループ発足

    今週金曜日、海賊版コンテンツ対策を目指すビッグな顔ぶれが新グループ発足

    Wall Street Journalのレポートによると、著作権に関して相互に協力する協調体制が新たに金曜日、発足する。参加企業はCBS Corp.、Dailymotion、Microsoft、NBC Universal、News Corp.傘下のFoxとMySpace、Viacom Inc.、Walt Disney Coなど。 Googleは現段階ではメンバーではないが、参加を検討中だという。 同グループでは、著作権を侵害するようなコンテンツを削除、一般公開される前にブロックするテクノロジーなどに注目して著作権関連の課題を取り上げて行くという。 Goog… 続きを読む

  • ViacomとSocial Projectが始める広域分散型SNS戦略「Flux」とは?

    ViacomとSocial Projectが始める広域分散型SNS戦略「Flux」とは?

    Viacomがソーシャルネットワーク「Tagworld」と投資提携を進めている、という噂は本当だった。報道によるとViacomからの投資は少数株に$40M(4000万ドル)。Tagworldはこれ以前にDraper Fisher Jurvetsonからも投資を調達している。両社は新ソーシャルネットワーキングサービスを共同で進めることで合意、Tagworldの親会社は「Social Project」の新名称採用となった。 明朝(米国時間9/14)にはViacom傘下のMTV、Comedy CentralといったViacomブランド各局(番組)と協… 続きを読む

  • Google、訴訟を受けて立つ

    Google、訴訟を受けて立つ

    GoogleはViacomが、「YouTubeは著作権を侵害している」として起こした$1B(10億ドル)の訴訟 に返事を出した。Googleの答えは―「上等だ。陪審裁判でとことんやろう」だった。 われわれは最初、Googleは著作権侵害の事実を認めるような和解には絶対応じないだろう、むしろViacomに対して法廷闘争よりライセンス契約のテーブルに戻ることを促すメッセージを送るだろう、と予想した。ところが、その後、ViacomはJoostとコンテンツ配信で合意し、続いて検索連動広告の相手をGoogleからYahooに変えるなど、Google… 続きを読む

  • ViacomのGoogleいじめ再発~今度はYahooと検索広告で提携

    ViacomのGoogleいじめ再発~今度はYahooと検索広告で提携

    今年はViacomがずっとGoogleに冷たい。2月にはGoogle/YouTubeに大量のDMCA準拠の削除要求を出し(負けないぐらいマスコミに騒がれ)、その1ヶ月後には数十万ドルの賠償金を求めGoogleを提訴。その谷間にYouTubeと有料コンテンツ分野で競合関係にあるJoostと提携契約を結んだ。 それもこれもみんな元を質せばGoogleがViacomにYouTubeのレベニューシェアを約束しながら魅力的なオファーを提示できなかったことが引き金になっている。 今日(米国時間4/10)またViacomはYahooを 検索広告のパートナ… 続きを読む