バーチャルオフィス / 仮想オフィス(用語)

バーチャルオフィス / 仮想オフィスに関する記事一覧

  • 3Ⅾのアバター・仮想空間によるクラウドオフィス「RISA」、テレワークで失われた気軽な会話を生む環境を追求

    3Ⅾのアバター・仮想空間によるクラウドオフィス「RISA」、テレワークで失われた気軽な会話を生む環境を追求

    クラウドオフィス「RISA」は、ビジネスシーンで利用可能な3Ⅾのアバター・仮想空間による新たなバーチャルオフィスとなる。大阪に拠点を置くOPSIONが2020年10月からRISAの提供を開始し、現在はコニカミノルタなどの大手企業をはじめ約40社が導入している。 続きを読む

  • 間もなく登場するOculus Quest 2の新機能はPCの無線ストリーミングに対応し仮想オフィスも実現

    間もなく登場するOculus Quest 2の新機能はPCの無線ストリーミングに対応し仮想オフィスも実現

    この数カ月間、Oculusのソフトウェア関連の話題は比較的静かだったが、FacebookのVR部門は、間もなく発売されるOculus Quest 2スタンドアローン型ヘッドセットの新機能の詳細を公表した。 続きを読む

  • 仮想オフィスプラットフォームはこんなにたくさん必要か?

    仮想オフィスプラットフォームはこんなにたくさん必要か?

    いずれのスタートアップも、人々が仕事中より何かを切り替える場面でゲームライクなインターフェースを主流にしたいと思っている。ただし現実は、Teamflow、Gather、Branchとも成功しそうにない。勝者となるべき差別化は戦略にある、とTeamflowのフロ・クリベロ氏は私に話した。 続きを読む

  • 「バーチャル本社」プラットフォームのGatherがSequoiaなどから約28億円調達

    「バーチャル本社」プラットフォームのGatherがSequoiaなどから約28億円調達

    Gatherは人々が結婚式やマジック大会、あるいは通常の業務など、さまざまな理由でバーチャル空間に集うのをサポートしている。リモートで働く人々が互いにやり取りするのにより便利な方法を模索するのに伴い、過去数カ月Gatherは静かにユーザー400万人超を獲得した。そして3月12日、ZoomやSlackに投資してきたシリコンバレーのエリート企業から資金を調達した。 続きを読む

  • リモートワーク疲れの市場を狙うバーチャルオフィススタートアップ

    リモートワーク疲れの市場を狙うバーチャルオフィススタートアップ

    今にして思えば、2019年は実社会で無理なく自然に振る舞える最後の年だったように思える。パンデミック前は、しょっちゅう会議があったし、同僚とも自由に会えた。仕事帰りには楽しい時間も過ごせた。今は、Microsoft(マイクロソフト)やTwitter(ツイッター)といった企業が、これからはリモートワークの時代になると宣言しており、物理的なオフィス自体が今後も存続していくのかどうか、あやしい状態になっている。 続きを読む