仮想空間 / バーチャルスペース(用語)

仮想空間 / バーチャルスペースに関する記事一覧

  • 「あつ森」とClubhouseのハイブリッド仮想空間「Skittish」をZoomに疲れた人が訪れている

    「あつ森」とClubhouseのハイブリッド仮想空間「Skittish」をZoomに疲れた人が訪れている

    Instagramの広告が迫ってくるような気がして、近頃、Zoomカメラのスイッチを入れる気になれないのは、あなただけではないだろう。2021年になっても、パンデミックの間に人々をつないでいるソーシャルアプリやバーチャルチャットツールの多くは、実社会の交流をシミュレートする以上に使い尽くされている感がある。しかし、オンラインで過ごすことが、煩わしいものでないとしたらどうだろうか。 続きを読む

  • 3Ⅾのアバター・仮想空間によるクラウドオフィス「RISA」、テレワークで失われた気軽な会話を生む環境を追求

    3Ⅾのアバター・仮想空間によるクラウドオフィス「RISA」、テレワークで失われた気軽な会話を生む環境を追求

    クラウドオフィス「RISA」は、ビジネスシーンで利用可能な3Ⅾのアバター・仮想空間による新たなバーチャルオフィスとなる。大阪に拠点を置くOPSIONが2020年10月からRISAの提供を開始し、現在はコニカミノルタなどの大手企業をはじめ約40社が導入している。 続きを読む

  • ​バーチャルライブ「VARK」運営元が6億円のシリーズB調達、「メタバース」要素取り入れた大型開発着手

    ​バーチャルライブ「VARK」運営元が6億円のシリーズB調達、「メタバース」要素取り入れた大型開発着手

    バーチャルライブプラットフォーム「VARK」を運営するVARKは5月17日、シリーズBにおいて、第三者割当増資による6億円の資金調達を発表した。引受先は、ジャフコ グループ、博報堂DYベンチャーズ、電通グループ、TBSイノベーション・パートナーズ、セガサミーホールディングス、その他非公開の株主。 続きを読む

  • オンラインイベントやバーチャルオフィスを開設できる2次元空間「oVice」が1.5億円を調達

    オンラインイベントやバーチャルオフィスを開設できる2次元空間「oVice」が1.5億円を調達

    オンラインイベントの開催やバーチャルオフィスの開設が行える有料バーチャル空間oVice(オヴィス)は、5月11日、プレシリーズAラウンド投資1億5000万円を調達したことを発表した。引受先は既存株主のOne Capital、MIRAISE、DGベンチャーズ。 続きを読む

  • 大人の仮想空間で職場の「偶然」を取り戻すCosmos Videoが2.7億円調達

    大人の仮想空間で職場の「偶然」を取り戻すCosmos Videoが2.7億円調達

    世界中のスタートアップが「バーチャルな対話とコラボレーション」の分野に群がっている。スタートアップが、かつてディズニーが提供していた仮想空間にユーザーが集うオンラインゲーム「Club Penguin(クラブペンギン)」を大人向けに作ったとしたら、どうだろうか? 続きを読む

  • Provataが瞑想アプリをローンチ、VR空間でマインドルフネスを実践できる

    Provataが瞑想アプリをローンチ、VR空間でマインドルフネスを実践できる

    VRの利点は一体何か?VRはまだ誕生したばかりであり、この命題の答えは今の所、異世界での体験で人生を良くするといった曖昧なものだ。「格別な没入感」を約束するこのテクノロジーが一般に受け入れられるようになり、メインストリームのものになるかもまだ分からない。 現段階でVRを使ったコンテンツにはいくつかのゲームがあるが、ニッチな層にしか訴求できていないだろう(VRを動かすのにプロ仕様の機材が必要だからだ)。また、実験的で教育コンテンツに近いものもある。 バーチャルツアーや医療セラピー、あるいは他者の目線で物事を体験することにより共感を呼び起こす… 続きを読む