ビザ / 査証(用語)

ビザに関連する記事一覧

  • 移民農業労働者が米国で就労資格を得て法的に保護されるサービスをSESO Laborが提供

    移民農業労働者が米国で就労資格を得て法的に保護されるサービスをSESO Laborが提供

    バイデン政権が、米国の移民制度を改革する際によく見られる問題に対処する法案を議会に提出しようとしている一方で、SESO Laborというカリフォルニア州の小さなスタートアップが450万ドル(約4億8000万円)を調達して、農場が合法的に移民労働者の手を借りることができるようにした。 続きを読む

  • トランプ大統領就任時の米国が中国人留学生に発行したビザは4月以来99%減少との報道

    トランプ大統領就任時の米国が中国人留学生に発行したビザは4月以来99%減少との報道

    ドナルド・トランプ大統領がさまざまな手を尽くして外国人を米国から締め出そうとしてきたことは周知の事実であり、高い技術を持つ外国人労働者向けのH-1Bビザプログラムの最近の大改訂によって、雇用者はH-1B労働者に高い給与を支払うことを強制され、申請者の資格を得るのに必要な学位の種類の範囲が狭められたのもその一例だ。 続きを読む

  • H-1Bビザ停止で進むニアショアリングはスタートアップにとって好機になる

    H-1Bビザ停止で進むニアショアリングはスタートアップにとって好機になる

    今年6月、ドナルド・トランプ大統領はH-1B就労ビザの発給を一時停止する大統領令に署名した。このビザの対象者には、ソフトウェア開発に従事する専門職も含まれる。 続きを読む

  • 日本で働く外国籍人材の在留資格の申請・管理業務を効率化する「one visa for 行政書士」のベータ版が登場

    日本で働く外国籍人材の在留資格の申請・管理業務を効率化する「one visa for 行政書士」のベータ版が登場

    在留資格、いわゆるビザのオンライン申請・管理支援サービス「one visa」(ワンビザ)を提供するone visaは7月29日、行政書士が担当する外国籍の労働者のビザ申請・管理といった入管業務を効率化する「one visa for行政書士」サービスのβ版を提供開始した。 続きを読む

  • Dear Sophie:新しいオンライン授業の規則は、F-1学生にとって何を意味するのか?

    Dear Sophie:新しいオンライン授業の規則は、F-1学生にとって何を意味するのか?

    テクノロジー企業での仕事に関連する出入国関連の質問に答える相談室「Dear Sophie」を再びお届けする。 シリコンバレーの移民弁護士であるSophie Alcorn(ソフィー・アルコーン)はこう言っている。「世界中の人々が国境を越えて夢を追い求めることを可能にする知識の普及に、あなたの質問は欠かせないものです。人事部に属する人や会社の創立者、またはシリコンバレーで仕事を探している人を問わず、次回のコラムであなたの質問にお答えしたいと思います」。 続きを読む

  • 米国務省は入国ビザ申請にSNSアカウントまで求めはじめた

    米国務省は入国ビザ申請にSNSアカウントまで求めはじめた

    ほぼすべての米国ビザ申請者は、通常の申請プロセスとして、ソーシャルメディアのユーザー名、これまでに使ったすべての電子メールアドレス、および電話番号を提出することが必要となった。 続きを読む

  • フレンチテック従事者向けの特別ビザが取得しやすくなった

    フレンチテック従事者向けの特別ビザが取得しやすくなった

    フランス政府は、テック企業で働く人向けのフレンチテックビザに関する刷新内容を明らかにした。そこには、フランスに来て働くのを容易にするという逆張り的なスタンスが見て取れる。 続きを読む

  • 米国H-1Bビザ、ルール変更で申請手続きはシンプルに

    米国H-1Bビザ、ルール変更で申請手続きはシンプルに

    米国政府は昨日、H-1Bビザプログラムに加える変更を発表した。このビザプログラムは専門知識を有する人が米国に来て働くのに最も活用する手段の一つだ。 続きを読む

  • トランプ政権、中国のSTEM学生をターゲットにしたビザ発給制限を6月から実施

    トランプ政権、中国のSTEM学生をターゲットにしたビザ発給制限を6月から実施

    トランプ政権は、テクノロジーやエンジニアリング分野で学ぶ中国からの学生のビザ有効期間を短縮する施策を6月から導入する。現在の法律下では、ほとんどのビザが最長の有効期間で発行されているが、Associated Pressの報道によると、新施策ではロボティックス、航空学、高度な製造業を学ぶ中国からの学生のビザを1年に制限する。 続きを読む

  • フランスがテック関係者を対象に特別なビザの発行へ

    フランスがテック関係者を対象に特別なビザの発行へ

    国内のスタートアップ業界を盛り上げるため、フランス政府が大統領選前最後の施策を打ち出した。French Tech Visaと呼ばれるこの新しいプログラムのもと、EU圏外のテック系人材とその家族を対象として4年間のビザの発行に関する規制が緩和される。 フランスのデジタル大臣Axelle Lemaireは、今月行われたCESにおけるTechCrunchのステージで、このプログラムについて簡単に触れていた。 続きを読む

  • スタートアップと移民をめぐる情報の真偽

    スタートアップと移民をめぐる情報の真偽

    Uberがアメリカ各都市の移動手段に変化をもたらし、SpaceXがアメリカ国民に火星旅行を提供しようとしている。Oscar Health Insuranceが、健康保険をアメリカ国民にとって身近なものにし、ZocDocが医者のアポ取りを簡素化している。Razerが世界中のゲーマーから愛される製品をつくり、FanDuelはスポーツファンが楽しめる、ファンタジースポーツのプラットフォームをつくり出した。これらの先進的企業の共通点に気づいただろうか?実は、創設者のうち最低ひとりが外国生まれの起業家なのだ。 続きを読む

  • スタートアップ用ビザ:雇用を創出して、グリーンカードを手に入れよう

    スタートアップ用ビザ:雇用を創出して、グリーンカードを手に入れよう

    今日(米国時間2/24)上院で民主党John Kerry、共和党Richard Lugar両議院が提出した議案により、スタートアップを設立して雇用を創出する移民のための新しい種類のビザが提案された。類似の提案は、以前の移民法改訂議案にも含まれていた。この「スタートアップビザ」は論争の的になっており、反移民勢力やゼノフォビアたちの反発を招くことは必至である。しかし、ビザを出すのであれば米国経済発展に協力し雇用を生み出してくれる人たちに発給する、ということに反論するのは難しい。 2010年スタートアップビザ法は、移民起業家に対して2年間有効のビ… 続きを読む

  • スタートアップ・ビザ。ゼノフォビア共が引っ込んでいるべき理由

    スタートアップ・ビザ。ゼノフォビア共が引っ込んでいるべき理由

    移住に関する研究論文を発表したり、BusinessWeekやTechCrunchに記事を書いたりする度に、ゼノフォビア[外国人恐怖症]たちが湧いて出て、思慮のない攻撃を仕掛けてくる。コメント欄を不快なメッセージで埋めつくし、私宛には汚らわしいメールを送り付け、時には危害を加えると脅しをかける。それでも、最近BusinessWeekに書いたスタートアップ・ビザ関するコラムは、そういう可哀想な人たちでさえ支持するであろう説得力のある意見だと確信していた。 要するにこのビザは、アメリカに職を生み出し、さもなくば他の国で起きていたはずのイノベー… 続きを読む