vms

  • GoogleのクラウドプラットホームはプリエンプティブルVMの料金を最大33%値下げ

    GoogleのクラウドプラットホームはプリエンプティブルVMの料金を最大33%値下げ

    これまでGoogle, AmazonそしてMicrosoftの三社は、クラウドコンピューティングの値下げ競争に邁進してきたが、このところようやく、沈静化したようだ。しかし今日(米国時間8/9)は、Googleがまた新たな爆弾を投げ込み、同社のプリエンプティブル仮想マシン(preemptible virtual machines)の料金を最大で33%値下げした。 プリエンプティブルVMは、AWSのスポットインスタンスのGoogle版で(Microsoft Azureにはまだ相当タイプがない)、Googleに先買権のあるリソース、言い換えるとGoo… 続きを読む

  • Google Compute Engineのプリエンプティブル仮想マシンが一般供用へ、大規模コンピューティングの費用節減を提供

    Google Compute Engineのプリエンプティブル仮想マシンが一般供用へ、大規模コンピューティングの費用節減を提供

    Google Compute Engineのpreemptible virtual machine instances(プリエンプティブル仮想マシンインスタンス、上からの一方的な介入のありえるVMインスタンス)が、今日(米国時間9/8)から一般供用される。 同社がこの、プリエンプティブルな仮想マシンをローンチしたのは4か月前だった。この場合プリエンプティブル(先制権がある)とは、システムを管理するOS等ではなくサービスプロバイダ(Google)に上位権があって、リソースの事情等によっていつでもそれを遮断できる、という意味だ。その代わりそれは、最大… 続きを読む

  • Microsoft AzureがVMを値下げ、新たに高速大容量ストレージ併設のGSシリーズVMを提供開始

    Microsoft AzureがVMを値下げ、新たに高速大容量ストレージ併設のGSシリーズVMを提供開始

    Microsoftが今日(米国時間9/2)、同社のAzureクラウドコンピューティングサービスの二つのアップデートを発表した。ひとつはパフォーマンスが最適化されるGクラスのVMに新しいタイプを導入、もうひとつは計算力に重点を置くDクラスVMを値下げしたことだ。 GクラスVMはAzureクラウド上のもっともハイエンドのマシンで、したがって料金ももっとも高い。Windowsが動き、最高月額は7180ドルにもなる。今度からこのGクラスのマシンに、高仕様ストレージを伴うGSというタイプが新たに導入され、そのストレージの最大仕様は64TB、毎秒8… 続きを読む

  • MirantisがCoreOSのTectonicを統合、Kubernetes管理構造を最初から持つコンテナインフラストラクチャをOpenStack上で提供へ

    MirantisがCoreOSのTectonicを統合、Kubernetes管理構造を最初から持つコンテナインフラストラクチャをOpenStack上で提供へ

    OpenStackの専門企業Mirantisと、Linuxコンテナを軸とする分散化/クラスタ化OSを提供するCoreOSが今日(米国時間8/6)、両者のパートナーシップにより、前者のOpenStackディストリビューションとCoreOSのコンテナプラットホームTectonicを統合する、と発表した。これにより事実上、OpenStackとGoogleのコンテナ管理/スケジューリングツールKubernetesが統合されることになり、またそのサポートと管理を伴うプラットホームを、企業ユーザは利用できることになる。 続きを読む