vmware

  • VMware、メールアプリのBoxerを買収してAirWatchに統合

    VMware、メールアプリのBoxerを買収してAirWatchに統合

    VMWareは、Dellによる670億ドルの合併の一部となったニュースに、自身の最新ニュースを埋もれさせなかった。同社はメール管理アプリのBoxerを非公開金額で買収したことをVMworld Europeで発表した。 続きを読む

  • Microsoft AzureがAWSからの移行を容易にし、ハイパフォーマンスコンピューティングのサポートを充実

    Microsoft AzureがAWSからの移行を容易にし、ハイパフォーマンスコンピューティングのサポートを充実

    Microsoftが今日(米国時間7/9)、同社のクラウドコンピューティングプラットホームAzureのアップデートを発表した。このアップデートには、大規模で計算集約的なアプリケーションを動かすための新しい機能二つと、AWSからAzureへの移行を容易にするためのAzure Site Recoveryの新機能が含まれている。 続きを読む

  • Chrome OS機からWindowsアプリケーション/デスクトップに容易にアクセスできる環境をGoogleとVMwareが提供

    Chrome OS機からWindowsアプリケーション/デスクトップに容易にアクセスできる環境をGoogleとVMwareが提供

    GoogleとVMwareが今日(米国時間2/1)、企業のChromebookユーザが、これまで使ってきたWindowsアプリケーションやWindowsデスクトップに容易にアクセスできるための技術を共同開発中した、と発表した。VMwareがクラウドからDaaS(Desktop as a Service)として提供するHorizonをChromebookユーザが利用して、従来からのWindows体験に接続できるのだ。なおHorizonは、VMwareのプロトコルHTML5 Blastを使用している。 続きを読む

  • クラウド上の開発と展開を容易化迅速化するアプリケーションコンテナ技術Dockerが$15Mを調達

    クラウド上の開発と展開を容易化迅速化するアプリケーションコンテナ技術Dockerが$15Mを調達

    【抄訳】 スケールアップからスケールアウトへの移行というトレンドと、プラットホーム中心型を否定するアプリケーション中心型の文化が今、Dockerとその軽量オープンソースの“コンテナ”技術にとって、追い風になっている。アプリケーションコンテナがあることによってデベロッパは、自分のコードを迅速にクラウドへ持ち込むことができるのだ。 追い風の顕著な現れとして今日同社は、Greylock PartnersのリードによりシリーズBで1500万ドルを調達した。 続きを読む

  • VMwareのクラウド戦略: Cloud FoundryにもOpenStackにも良い顔を(ただしAWSはノー)

    VMwareのクラウド戦略: Cloud FoundryにもOpenStackにも良い顔を(ただしAWSはノー)

    VMwareが今日(米国時間8/26)行われたVMworldカンファレンスで、VMware vSphere 5.5とVMware vCloud Suiteの一般公開を発表した。同社の仮想化技術のこれら新バージョンは、Cloud Foundryを統合している。そしてこのPaaSは今では、VMwareの親会社EMCからのスピンオフPivotalの一部だ。 Cloud FoundryはVMwareを代表する製品だったが、これからはそれは、PivotalがVMwareのために構築するプラットホームとなり、新たなクラウドプロダクトvCloud Hybrid Se… 続きを読む

  • もはや自前で仮想化は古い?, AWSがEC2の仮想プライベートクラウドをレディメイドで提供

    もはや自前で仮想化は古い?, AWSがEC2の仮想プライベートクラウドをレディメイドで提供

    Amazon Web Services(AWS)がこれから提供するオプションにより、AWSのユーザなら誰でも、自分の仮想プライベートクラウド(virtual private cloud, VPC)を持てる。VPCは、ユーザが利用するEC2のインスタンスの一つのタイプになる。これまでVPCは、別サービスとして提供されていた。 VPCを使って顧客ができることは、AWSの言葉によると、“論理的に隔離されたEC2のインスタンス群の仮想ネットワークで、それに顧客自身のデータセンターからVPNで接続することも可能”、というものだ。これ… 続きを読む

  • VMwareの経営者たちがAmazonを攻撃, でもその吠え声はうつろに響く

    VMwareの経営者たちがAmazonを攻撃, でもその吠え声はうつろに響く

    VMwareは最近のAmazon Web Servicesのエンタプライズ市場進出に対して、過剰に戦々恐々しているようだ。 CRNの報道によると、VMwareのCEO Pat Gelsingerは、今週行われたあるパートナー企業のイベントで、顧客がワークロードをAmazonに移すたびに、そのパートナーはVMwareを失うだけでなく、自分のビジネスを永遠に失うのだ、と述べた: Gelsingerはこう言った: “われわれは企業のワークロードを自分の手の中に持っていたい。それらが、あのような安っぽい日用品的なパブリッククラウドに移ってしまえ… 続きを読む

  • OpenStackによるクラウドの構築と運用を簡単に試せるスターターキットAirframe

    OpenStackによるクラウドの構築と運用を簡単に試せるスターターキットAirframe

    Piston Cloud が作った無料のOpenStackディストリビューションAirframeには、OpenStackによるオープンなクラウド環境をちょっと評価してみたいと思う人たちのための、必要なものが揃っている(Airframe関連記事、プレスリリース)。 実用レベルのクラウド環境を作ろうとしたら、それを他人任せにはできない。でもクラウド環境は、その立ち上げだけでも大仕事だ。OpenStackもやはり、この、“最初の敷居が高い”という問題を抱えている。人びとを、“OpenStackと格闘する&… 続きを読む

  • ネットワーク仮想化がIT戦国史の分かれ目, オープンクラウドが勝ちOracle王国は敗者に

    ネットワーク仮想化がIT戦国史の分かれ目, オープンクラウドが勝ちOracle王国は敗者に

    Oracleが今日(米国時間7/30)、Xsigoという企業の買収を発表した。それは、同社によると、ITとクラウドに一大革新をもたらすと言われているソフトウェア定義ネットワーキング(software defined networking, SDN)のブームに、乗り遅れないためだ。 この買収は、このところの市場の変化を反映しており、しかもその変化は、最終的にはOracleを敗者にしてしまう変化だ。クラウドが開放志向であるのに対し、Oracleは内へ内へと閉じていく。SDNのような仮想化ネットワークが連合型(異種混成型)のインフラを一層円滑化す… 続きを読む

  • ネットワーク構造をソフトウェアで定義するNicriaをVMwareが買収–実質OpenStackコミュニティに参加

    ネットワーク構造をソフトウェアで定義するNicriaをVMwareが買収–実質OpenStackコミュニティに参加

    VMwareが、‘ネットワークの構造をソフトウェアで定義する技術’で知られるNiciraを買収した。買収価額は12億6000万ドルである。この買収は、たえず革新を続けている企業向けネットワーキング市場に今後、さまざまな効果をもたらすだろう。 Niciraは5年の開発期間を経てこの2月にステルスから脱した。ネットワークの構造がソフトウェアで定義され、その変更もソフトウェアの調整で行われる、という同社の技術は、次世代のネットワーキング技術として多方面から期待されている。それは何よりもまず、データの移動の柔軟性と容易性… 続きを読む

  • Paul MaritzがVMwareのCEOを下り, EMCまたはCloud Foundryのトップへ説が濃厚

    Paul MaritzがVMwareのCEOを下り, EMCまたはCloud Foundryのトップへ説が濃厚

    Paul MaritzがVMwareのCEOの座を去り、後任にEMCのCOO Pat Gelsingerが座る。 MaritzはVMwareに4年在籍した。今後に関しては確定情報はないが、今日(米国時間7/16)は一日中、彼の辞任をめぐる噂が飛び交っていた。 CRNの記事によると、GelsingerがVMwareを引き受け、MaritzはEMCのトップに座る。VMwareはこのボストンに本社のある大手ストレージ企業の100%子会社である。 続きを読む

  • 仮想化システムの雄VMwareが企業向けマイクロブロギングのSocialcastを買収, そのねらいは?

    仮想化システムの雄VMwareが企業向けマイクロブロギングのSocialcastを買収, そのねらいは?

    VMwareが、ソーシャルなコミュニケーションのためのプラットホームSocialcastを買収した。買収の条件は公表されていない。 Socialcastはこれまでに$10M(1000万ドル)近くの資金を調達しているが、企業のCRMやERPシステムに関連するアクティビティストリームと、ソーシャルなブックマーキングやOutlook、SharePointなどとの統合、モバイル(iPhoneとBlackberry)とデスクトップ(Air)のアプリ、それにアクセス分析などを結びつける。それにより社員たちが知識を共有し、プライベートに近い設定でアッ… 続きを読む

  • VMware、オンラインプレゼンテーションアプリケーションを提供するSlideRocketを買収

    VMware、オンラインプレゼンテーションアプリケーションを提供するSlideRocketを買収

    VMwareが、オンラインプレゼンテーションのためのアプリケーションを提供するSlideRocketの買収を発表した。買収の詳細については明らかにされていない。 SlideRocketはこれまでに$7M(700万ドル)の資金を調達している。提供しているのはクラウドベースのオンラインプレゼンテーションアプリケーションで、PowerPointと同様のスライドショー作成機能を持っている。これまでに20,000の顧客を獲得しており、利用者数にすると300,000人がSlide Rocketを利用して効率的にプレゼンテーションを作成し、プレゼンテー… 続きを読む

  • Google App EngineにBusinessバージョン登場, VMwareとも提携

    Google App EngineにBusinessバージョン登場, VMwareとも提携

    Googleが軸足を企業サイドに移しつつあることは、誰の目にも明らかだ。とくに最近はGoogle Appsに力を入れ、ユーザ企業がSocialwokやZohoのようなサードパーティ製のアプリケーションも導入利用できるための窓口として、Apps Marketplaceを立ち上げた。そして今日Googleはさらに一歩を進め、今日(米国時間5/19)のGoogle I/Oでの発表によれば、Webアプリケーションをクラウドで構築しホスティングするためのプラットホームGoogle App Engineに、その大企業向けサービスとも言うべきBusiness… 続きを読む

  • SalesforceとVMware(+Spring)が提携してエンタプライズJavaのためのクラウドプラットホームVMforceを立ち上げ

    SalesforceとVMware(+Spring)が提携してエンタプライズJavaのためのクラウドプラットホームVMforceを立ち上げ

    これは、Javaデベロッパにとって嬉しいニュースかもしれない。企業向け総合WebサービスSalesforce.comと、仮想化のトップ企業VMwareが提携して、エンタプライズJavaのためのクラウドプラットホームVMforceを立ち上げる。これによりJavaデベロッパは、Force.comをプラットホームとするクラウドアプリケーションをJavaで構築できるようになる。そのためにSalesforceが利用するのが、VMwareが$420M(4億2000万ドル)で買収したSpringSourceのJava開発フレームワークだ。すなわちS… 続きを読む

  • JavaアプリフレームワークSpringがRabbit Technologiesを買収して‘クラウドフレームワーク’への成長を目指す

    JavaアプリフレームワークSpringがRabbit Technologiesを買収して‘クラウドフレームワーク’への成長を目指す

    Javaアプリケーションのためのインフラと管理ソリューションを提供するSpringSourceは、昨年VMwareに買収されたが、今朝(米国時間4/13)はそれ自身がイギリスのオープンソースソフトウェア企業Rabbit Technologiesを買収すると発表した。 買収金額等は公表されていないが、SpringSourceによれば、同社の一連のテクノロジにこれからはオープンメッセージングシステムRabbitMQが加わる。 またVMwareによれば、今回のSpring Frameworkとの明確な統合化により、Springを使うデベロッパのコミ… 続きを読む

  • FacebookとVMWare―名門ベンチャーキャピタル、Benchmark Capital、2打席連続ホームラン

    FacebookとVMWare―名門ベンチャーキャピタル、Benchmark Capital、2打席連続ホームラン

    今日(米国時間8/10)、Benchmark Capitalのパートナーはポートフォリオ中の企業2社が同じ日に別々に買収されたことを大いに祝っているだろう。 こんなことは野球のトリプルプレイも同様たいへん珍しい。Benchmarkのホームページの社員の集合写真がえらく上機嫌だったのもうなずける。パートナーのPeter Fenton(「ロックスター」と説明されている)が双方の買収交渉をリードした。 最初のケースはFacebookによるFriendFeedの買収で、金額はまだ明らかになっていない。BenchmarkはFriendfeedに対する唯… 続きを読む

  • かつてSteve Ballmer(Microsoft CEO)がその前で完全にぶちぎれた男, Googleを去る

    かつてSteve Ballmer(Microsoft CEO)がその前で完全にぶちぎれた男, Googleを去る

    5年間Googleの技術部長を務めたMark Lucovskyが、このたびVMwareに移籍するそうだ。LucovskyはGoogleのAPI、とりわけSearch API(検索API)の中心的人物だった。 Lucovskyは、最初はDEC、それからMicrosoftに16年在籍した。最後にはMicrosoftの”Distinguished Engineer”〔仮訳: 殊勲技士〕の称号をもらった。彼は、のちにWindows XPへと進化したWindows NTの基本設計者*の一人で、”カーネルの実行部であるker… 続きを読む

  • VMWare、株価時価総額を25%落とす―CEOは更迭

    VMWare、株価時価総額を25%落とす―CEOは更迭

    今日(米国時間7/8)、仮想化プロバイダのVMWareの株価が25%近く急落した。 原因は、成長予測が低く修正されたことと、創業CEOのDiane Greeneが取締役会によって更迭されたことよるものだ。これより前、VMWareの株式時価総額は$20B(200億ドル)を超え、世界第4位のソフトウェア企業だった。今回、同社は順位を急降下させると同時に株式の総額から$5B(50億ドル)を失った。VMWareは1年前の株式上場の時点で過剰に高まった成長への期待から付けられた株価を維持するのに苦闘していた。 GreeneはVMWareの当初からのフ… 続きを読む