音声操作 / 音声コントロール(用語)

音声操作 / 音声コントロールに関する記事一覧

  • 安価なApple Music VoiceプランはSiriの改良を進める作戦である可能性が高い

    安価なApple Music VoiceプランはSiriの改良を進める作戦である可能性が高い

    Appleは、「Voice」プランを開始する理由を明らかにしていないが、iPhoneメーカーとしては、音声アシスタントの学習と改良のために音声データをより多く収集したいため、価格の障壁を低くして、より多くの人にSiriを使ってもらおうとしているのではないかと推測するのが妥当だと思う。 続きを読む

  • 動画に話しかけることでユーザーがストーリー展開を変えるAdventrのボイスコントロール技術

    動画に話しかけることでユーザーがストーリー展開を変えるAdventrのボイスコントロール技術

    誰にも経験がある。ホラー映画を見ていて、主人公がその不気味な家に入ってはいけないことを、あなたは知っている。画面に向かってどれだけ叫んでも、あなたは彼の運命を変えられない。でも、もしも画面の男に、その家に近づくなと言って、彼がそれを聞き入れたらどうなるだろう? 続きを読む

  • アマゾンがAlexaで利用できる子供向けの「読書仲間」と音声プロフィールを公開

    アマゾンがAlexaで利用できる子供向けの「読書仲間」と音声プロフィールを公開

    米国時間6月29日、AmazonはAlexaを子どもの読書仲間にする新機能と、家中の全Echoデバイスで子どものAlexaエクスペリエンスをパーソナライズする音声プロフィールのサポートを発表した。この2つの機能は連携して動作する。 続きを読む

  • すでに利用可能なモバイルの「Hey Spotify」音声コマンド機能公開についてSpotifyは沈黙

    すでに利用可能なモバイルの「Hey Spotify」音声コマンド機能公開についてSpotifyは沈黙

    2019年にSpotifyは「Car Thing」の愛称を持つ自動車オーナー向けハードウェアデバイスのテストを始めた。このデバイスではSpotify Premiumユーザーが「Hey Spotify」で始まる音声コマンドで音楽やポッドキャストの再生を開始できる。 続きを読む

  • Twitterが音声会話サービスAudio Spacesのテスト開始、文字起こしや話者制限、報告機能あり

    Twitterが音声会話サービスAudio Spacesのテスト開始、文字起こしや話者制限、報告機能あり

    11月中旬にTwitterは、オーディオSNSであるClubhouseのライバルとなるAudio Spacesのテストをまもなく始めると発表した。Audio Spacesは、ツイッターユーザーが専用のスペースに集まって他の人とライブで会話をするプロダクトだ。同社は発表時にこのプロダクトのスクリーンショットを何点か公開したが、動作の仕様はほとんど明らかにしなかった。 続きを読む

  • SpotifyがApple TVに、iOS 13ではSiriもサポート

    SpotifyがApple TVに、iOS 13ではSiriもサポート

    米国時間10月7日、音楽ストリーミングの大手であるSpotifyのサービスがついにApple TVで使えるようになった。またiOS 13に対応した最新のSpotifyアプリがSiriをサポートしたことも発表された。 続きを読む

  • アップルはアクセシビリティ機能に真正面から取り組む

    アップルはアクセシビリティ機能に真正面から取り組む

    WWDCで発表されたAppleのアクセシビリティに関するニュースの核心部分は既に報道されているが、それ以外にもアクセシビリティに関連するアイテムは発表されている。 続きを読む

  • アップルの音声コントロールはアクセシビリティをOSレベルで強化する

    アップルの音声コントロールはアクセシビリティをOSレベルで強化する

    Appleは強力な「音声コントロール」機能を装備し、音声ベースのアクセシビリティ機能の強化に本気で取り組んでいる。それぞれ次世代OSをインストールしたMac、iPad、iOSデバイスで利用できる。 続きを読む

  • 音声インターフェイスについて思う7つのこと

    音声インターフェイスについて思う7つのこと

    今後数年間のうちに、私達は音声による自動化が生活の多くの側面を担うところを見るようになるだろう。 続きを読む

  • AmazonのAlexaは、答を知らない質問に対して、適切と思われるスキルを探して答えるようになる

    AmazonのAlexaは、答を知らない質問に対して、適切と思われるスキルを探して答えるようになる

    Amazonは、EchoとAlexaを搭載したデバイスのオーナーが、仮想アシスタントの機能を拡張する音声アプリケーションを見つけやすくしようとしている。同社は最近、特定の質問に答えるための第3者のスキル(アプリのこと)を、Alexaに提案させる新機能の提供を始めた。言い換えれば、Alexaが扱えない質問をした場合に、そのタスクを実行できる別のスキルを提案してくるということだ。 Alexaがサードパーティーのスキルを推薦する機能は、最初Voicebot.aiによって発見された。これまでAlexaは答えることができない質問を投げかけられた際… 続きを読む