音声操作 / 音声コントロール(用語)

音声操作 / 音声コントロールに関する記事一覧

  • Twitterが音声によるソーシャルネットワーク機能「Spaces」のベータテストを開始

    Twitterが音声によるソーシャルネットワーク機能「Spaces」のベータテストを開始

    2020年11月、Twitterは、音声専用のチャットルームという新しいソーシャルエクスペリエンスのテストを同プラットフォームで間もなく行うと発表していた。ときどき論争の的となるスタートアップClubhouseのサービスに類似したものだ。「Twitter Spaces」と名付けられたその機能のプライベートベータテストが、いよいよ始まる。 続きを読む

  • Twitterが音声会話サービスAudio Spacesのテスト開始、文字起こしや話者制限、報告機能あり

    Twitterが音声会話サービスAudio Spacesのテスト開始、文字起こしや話者制限、報告機能あり

    11月中旬にTwitterは、オーディオSNSであるClubhouseのライバルとなるAudio Spacesのテストをまもなく始めると発表した。Audio Spacesは、ツイッターユーザーが専用のスペースに集まって他の人とライブで会話をするプロダクトだ。同社は発表時にこのプロダクトのスクリーンショットを何点か公開したが、動作の仕様はほとんど明らかにしなかった。 続きを読む

  • SpotifyがApple TVに、iOS 13ではSiriもサポート

    SpotifyがApple TVに、iOS 13ではSiriもサポート

    米国時間10月7日、音楽ストリーミングの大手であるSpotifyのサービスがついにApple TVで使えるようになった。またiOS 13に対応した最新のSpotifyアプリがSiriをサポートしたことも発表された。 続きを読む

  • アップルの音声コントロールはアクセシビリティをOSレベルで強化する

    アップルの音声コントロールはアクセシビリティをOSレベルで強化する

    Appleは強力な「音声コントロール」機能を装備し、音声ベースのアクセシビリティ機能の強化に本気で取り組んでいる。それぞれ次世代OSをインストールしたMac、iPad、iOSデバイスで利用できる。 続きを読む

  • 音声インターフェイスについて思う7つのこと

    音声インターフェイスについて思う7つのこと

    今後数年間のうちに、私達は音声による自動化が生活の多くの側面を担うところを見るようになるだろう。 続きを読む

  • AmazonのAlexaは、答を知らない質問に対して、適切と思われるスキルを探して答えるようになる

    AmazonのAlexaは、答を知らない質問に対して、適切と思われるスキルを探して答えるようになる

    Amazonは、EchoとAlexaを搭載したデバイスのオーナーが、仮想アシスタントの機能を拡張する音声アプリケーションを見つけやすくしようとしている。同社は最近、特定の質問に答えるための第3者のスキル(アプリのこと)を、Alexaに提案させる新機能の提供を始めた。言い換えれば、Alexaが扱えない質問をした場合に、そのタスクを実行できる別のスキルを提案してくるということだ。 Alexaがサードパーティーのスキルを推薦する機能は、最初Voicebot.aiによって発見された。これまでAlexaは答えることができない質問を投げかけられた際… 続きを読む