VoIP

  • Skypeにやっと通話記録機能が登場、ビデオ+音声で記録され長期保存も可能

    Skypeにやっと通話記録機能が登場、ビデオ+音声で記録され長期保存も可能

    Skypeは、多くの人が日常使っている(ゆえに必要不可欠な)コミュニケーションツールだが、これまでは、その多くの人のほとんどが必要としていたと思われる、基本的な機能が欠けていた。それは、通話記録だ。そして、今やSkypeのオーナー企業であるMicrosoftの耳にやっとわれわれの要求が届き、通話記録機能がSkypeのデスクトップとモバイルアプリの両方に実装された。 続きを読む

  • China App StoreからGoogleのDuoやCiscoのWebex TeamsなどのVoIPアプリが消えた

    China App StoreからGoogleのDuoやCiscoのWebex TeamsなどのVoIPアプリが消えた

    【抄訳】 今週初めに、Appleが中国政府の要求により、いくつかのVoIPアプリをApp Storeから取り去ったことが明らかになった。これらのアプリはVoIPアプリの起呼インタフェイスを提供するAppleの新しいツールセットCallKitを使っていて、それによりデベロッパーはバックエンドの通信部分を自分で書かなくてもすんでいた。中国政府はAppleを介してデベロッパーたちに、China App Storeで売っている彼らのアプリからCallKitを取り除くか、またはアプリケーション全体を取り去るよう求めた。 続きを読む

  • ローンチ5年で10億ユーザー、Facebookメッセンジャーの過去と未来

    ローンチ5年で10億ユーザー、Facebookメッセンジャーの過去と未来

    Facebookがメッセンジャーのダウンロードを強制させるという賭けに成功した。その反動にかかわらず、20ヶ月の間にメッセンジャーはユーザー数を倍にし、開始から5年でユーザー数は10億人に到達した。メッセンジャーはFacebookや、Facebookが買収したWhatsApp、GoogleのYoutubeなどで構成される10億ユーザークラブに参加した。 続きを読む

  • このところエンタープライズ開拓に本気のAppleがCiscoのネットワーキング技術を本格的に統合

    このところエンタープライズ開拓に本気のAppleがCiscoのネットワーキング技術を本格的に統合

    今日(米国時間6/13)の2時間あまりにおよぶApple WWDCのキーノートの中で、比較的目立たなかたのが、近くリリースされるiOS 10におけるAppleとCiscoの統合だ。そう、あの、Ciscoであります。 Appleのエンタープライズ方面のパートナーシップというと、ほとんどIBMばかりが騒がれる。そしていちばん最近では、SAPとのパートナーシップの発表が目を引いた。しかし昨年8月には、AppleとCiscoが合意を発表している。 続きを読む

  • Facebook、Messengerのモバイル・アプリに無料ビデオ通話を提供―iOSとAndroidをサポート

    Facebook、Messengerのモバイル・アプリに無料ビデオ通話を提供―iOSとAndroidをサポート

    出し抜けに人の家を訪問するのは礼儀正しいとはいえない。まずテキスト・メッセージを送ってからだ。Facebookがビデオ通話をMessengerアプリの機能として提供することにした理由はそれだろう。今日(米国時間4/27)、FacebookのMessengerのiOSとAndroidアプリに無料のVOIPビデオ通話機能が追加された。セルラー接続、WiFi接続の双方をサポートする。当面の提供地域はアメリカ、カナダ、イギリスなど15ヵ国〔日本は後日〕だが、すぐに拡大されるという。 Facebookの目的は、ユーザーが地球上のどこにいようと、ど… 続きを読む

  • Google、QUICプロトコルでウェブをさらにスピードアップ

    Google、QUICプロトコルでウェブをさらにスピードアップ

    聞いたことはないかもしれないが、あなたがChromeユーザーなら既にGoogleのQUICプロトコルを使っている可能性は高い。先週Googleが公表したところによると、ChromeからGoogleサーバーに送られるリクエストの約半数には、QUICが使われている。 続きを読む

  • Twilio + ChromeOSでコールセンターから古めかしい電話ハードウェアを一掃

    Twilio + ChromeOSでコールセンターから古めかしい電話ハードウェアを一掃

    コールセンターを作るのはかなりの大仕事だが、やっと動き出したと思えば、電話関連のハードウェアが時代遅れになっていた、ということも少なくない。長年、電話という物理的なコミュニケーションをハードウェアからソフトウェアに置き換えるためのAPIを提供してきたTwilioが今日(米国時間6/24)、GoogleおよびLiveOpsと提携して、コールセンターのための新しいサービスを立ち上げた。 続きを読む

  • 楽天が買収したVoIP電話、Viberが同時利用者1億人を達成

    楽天が買収したVoIP電話、Viberが同時利用者1億人を達成

    最近、日本の楽天に9億ドルで買収されたVoIP電話とメッセージのサービス、Viberは、今日(米国時間6/10)、同時利用ユーザーが1億人に達したと発表した。 これまでViberは登録ユーザー数のみ発表してきた。よく知られていることだが、登録ユーザー数と月間ないし毎日のアクティブ・ユーザー数とは大きく異るのが普通だ。 続きを読む

  • Google、ようやくHangoutsで音声通話をサポート、ただしモバイルアプリはまだ

    Google、ようやくHangoutsで音声通話をサポート、ただしモバイルアプリはまだ

    Googleファンの中には、Gmailから音声通話機能が削られたことに、激しく腹を立てている人もいるが、ようやくあの機能が戻ってきた。Google Hangoutsの下に。しかも、単にGmailから通話ができるようになるだけでなく、ユーザーはGoogle Plusで誰かにちょっかいを出したり、HangoutsのChrome拡張機能を使いながら、友達や家族に電話をかけられる。 続きを読む

  • 音声素材のクラウドソーシングVoip!を提供するGroodがEast Venturesから資金調達を実施

    音声素材のクラウドソーシングVoip!を提供するGroodがEast Venturesから資金調達を実施

    ソーシャルゲームを中心に、スマートフォンアプリのリッチ化が進む中、差別化要因として音声が重要視されてきている。しかし、声優業界は年功序列で若い人達が仕事を受注できないことが多く、トップ層ばかりに仕事が舞い込み、単価が高くなってしまうことに加え、1人の声優がこなせる案件数が限られているので、良い声優を見つけることも難しい。 このようなニーズに応えるべく今年1月にリリースされた音声素材のクラウドソーシングVoip!を運営するGroodがEast Venturesから資金調達を実施したことを発表している。額面は公表されていないが、小額の調達のよ… 続きを読む

  • 消費者向けVoIPのRebtelがAPI/SDKの無料提供でデベロッパ世界に進出, Twilioらのお株を奪う気だ

    消費者向けVoIPのRebtelがAPI/SDKの無料提供でデベロッパ世界に進出, Twilioらのお株を奪う気だ

    【抄訳】 スウェーデンの(より小さな)Skypeと呼ばれることもあるVoIPプロバイダRebtelが今日(米国時間4/24)SDKをリリースしたので、iOSやAndroidのアプリデベロッパはAPIを直接呼び出すことにより、自分のアプリにRebtelのボイスコールを埋め込むことができる。Index VenturesとBenchmarkが投資しているRebtelは、小売企業や消費者に安価に提供しているVoIPサービスですでに利益を上げている。その月間アクティブユーザ数は2200万に達する。 Rebtelが今回無料で提供するAPIは、既存のスタ… 続きを読む

  • 音声素材のクラウドソーシングVoip!が本日リリース

    音声素材のクラウドソーシングVoip!が本日リリース

    ここ数年、スマートフォンの普及によりソーシャルゲームはよりリッチな機能を必要とされている。昔ならゲーム機とテレビを接続し、家の中でしかプレイできなかったゲームも今ではスマートフォンひとつあれば、どこに居ても楽しめるようになった。最近では、実に多くのソーシャルゲームがリリースされ、ストーリー・イラストはクオリティが高く、すでに差別化が困難になってきている。 そこで、ゲーム内の音声に目をつけ、音声での差別化を支援するために音声素材のクラウドソーシング「Voip!」を本日Groodが正式にリリースした。 Voip!は音声素材に特化したクラウドソ… 続きを読む

  • Facebook、iOSメッセンジャーアプリのVoIP通話を米国で提供開始

    Facebook、iOSメッセンジャーアプリのVoIP通話を米国で提供開始

    今年Facebookは、iPhone版Facebookメッセンジャーアプリ利用者向けの無料(キャリアーのデータ通信料を除く)通話機能を、当初カナダでテストを開始したが、このほど米国でもサービスが利用できるようになった。米国の同アプリユーザーには無料通話ボタンが表示される。双方がFacebookメッセンジャーアプリを使っていれば、いつでも通話できる。 これはFacebookユーザーにとってかなり便利な機能だ。しかもSkypeやViberなどのVoIP通話アプリと違って、音声通話の準備を整えている相手のネットワークがFacebook上にすで… 続きを読む

  • Skype、同時利用者数4500万を達成。成長ペースは早まり、新たな段階にむけて邁進中

    Skype、同時利用者数4500万を達成。成長ペースは早まり、新たな段階にむけて邁進中

    Microsoft傘下となり、最近9歳の誕生日を迎えたSkypeだが、皆さんは最近もお使いだろうか。もしかすると「少し人気に陰りが出てきたか」と考える人もいるかもしれない。しかし事実はその真逆であるようだ。実のところSkypeは先週、同時利用者数45,469,977人のピークを記録した。これは過去最高となる数値だ。ピアツーピアによる音声/ビデオ/チャットサービスは今年も順調に成長を続けていると言えそうだ。2012年に入って利用者数は70%の成長を示しており、昨年同期の30%と比べてもSkypeの健在ぶりがわかる。 続きを読む

  • Viberはスグレモノ―SkypeをしのぐiPhone向けVoIPアプリ登場

    Viberはスグレモノ―SkypeをしのぐiPhone向けVoIPアプリ登場

    今日(米国時間12/2)リリースされた新しい無料のiPhoneアプリViber (iTunes リンク)の機能は 基本的にはSkypeのモバイルアプリと同様だが、いろいろな面でずっと優れている。iPhoneユーザーにとってほとんど理想のアプリといえそうだ。私の見たところ、大ヒット間違いなしだ。 iPhone向けViberは3GまたはWiFiネットワークを通じて他のViberユーザーと100%無料通話ができる。バックグラウンドで作動し、待機中はバッテリーを消費しない(完全に停止しているときでも通話が受けられる。この点は後でさらに説明する)。Bl… 続きを読む

  • TruphoneのVOIPアプリがBlackberry対応に

    TruphoneのVOIPアプリがBlackberry対応に

    iPhoneアプリで有名になった携帯VoIP通話ソフトウェアデベロッパー「Truphone」が、BlackBerry 8801とCurveの端末対応アプリのベータ版を公開した。新プロダクトは「Truphone Anywhere for Blackberry」という名称。 ロンドン拠点のTruphoneのサービスでは、Wi-Fiと携帯ネットワークの両方を使ってVoIP通話が楽しめる。Symbian OSのNokia端末対応版がデビューは先だが、金脈を掘り当てたのはiPhoneアプリ公開になってから。Windows Mobile対応版はまだ出ていないが… 続きを読む

  • GoogleはVoIPから撤退していない

    GoogleはVoIPから撤退していない

    GoogleがGoogle Mapsからクリック・トゥ・コール(Click to call)サービスの撤退を決めたのは、たった数週間前の話。なのに今日(米国時間12/8)、VoIP, Inc.会長兼CEOのAnthony J. CataldoはCEOcastで、同社がまだGoogleと共同で事業を進めていることを明らかにした。 クリック・トゥ・コールは地元商店にイタズラ電話をかける人があまりにも多かったため、Google Mapsでは11月末から利用中止となっている。Cataldoは電話でこの点については何も触れなかった。また、こうした問題をどうした… 続きを読む