仮想現実 / VR(用語)

Virtual Reality。VRに関する記事一覧。

  • HoloeyesとDental Prediction、5GネットワークとVR空間を利用した国際間遠隔医療カンファレンスの実証実験

    HoloeyesとDental Prediction、5GネットワークとVR空間を利用した国際間遠隔医療カンファレンスの実証実験

    医療用画像処理ソフトウェアなどを提供するHoloeyes(ホロアイズ)と歯科医療スタートアップDental Prediction(デンタル・プレディクション)は1月17日、Holoeyesが提供する医療用画像表示サービス(非医療機器)「Holoeyes XR」とオンライン遠隔共有カンファレンスサービス「Holoeyes VS」を活用し、日本とシンガポールの医師が参加する国際間遠隔カンファレンスの実証実験を実施した。5Gネットワークを活用したVR空間での国際間遠隔医療カンファレンスは、世界初の試みとなる。 続きを読む

  • 【コラム】快適なメタバースの実現に欠かせないバーチャルライフの基本的構成要素

    【コラム】快適なメタバースの実現に欠かせないバーチャルライフの基本的構成要素

    Metaのミッションは、仕事、ソーシャルメディア、ゲームなどの異なる環境をシームレスに接続し、人々が仮想空間で実質的に生活して働くことができるようにすることだ。これは明らかに、私たちのネットワークに重大かつ持続的な影響を与えるだろう。単に不具合なく絶えず接続されている必要があるというだけではなく、完全に没入型のコンテンツを4Kや8Kでシームレスに、低遅延かつ最小のラグでストリーミングすることが求められているのだ。 続きを読む

  • FTCがMetaのVR事業を独占禁止法違反で調査中との報道

    FTCがMetaのVR事業を独占禁止法違反で調査中との報道

    Metaに対するFTC(米連邦取引委員会)の反トラスト訴訟が、今週初めに重要なハードルをクリアしたことに続き、この同委員会はさらに、MetaのVR事業に対しても強い関心を寄せているようだ。 続きを読む

  • セカンドライフの生みの親が元祖メタバース企業Linden Labの顧問として戻る

    セカンドライフの生みの親が元祖メタバース企業Linden Labの顧問として戻る

    最も初期の、そして最も永続的な象徴である仮想世界の生みの親が、自らのルーツに戻ろうとしている。「Second Life」の創始者フィリップ・ローズデール氏は、2013年に同氏が共同設立した空間オーディオ企業High FidelityがSecond Lifeの開発会社Linden Labに投資した後、1999年に設立した同社に戦略顧問として再参加する予定だ。 続きを読む

  • 息を呑むような没入型バーチャルコンサートの未来を切り開くAmazeVRが約17億円調達

    息を呑むような没入型バーチャルコンサートの未来を切り開くAmazeVRが約17億円調達

    コンテンツ生成ツールでお気に入りのアーティストのVRコンサートを体験できるバーチャルリアリティコンサートプラットフォームAmazeVRは、1500万ドル(約17億円)を調達した発表した。このラウンドでは、3週間で募集枠を超える申し込みがあった。 続きを読む

  • VRとARはCES 2022でも「ブレイクの寸前」

    VRとARはCES 2022でも「ブレイクの寸前」

    最初のOculus RiftがKickstarterで登場してから、信じ難いことにほぼ10年が経った。10年間の進歩を経て、VRヘッドセットはずいぶん改善された。しかし現時点では、VRの普及は段階的と言っていい。誰もがヘッドセット(VRかAR、あるいはその2つを組み合わせたもの)を顔に装着するようになるとしたら、それは1つの大きな出来事というよりはたくさんの小さなステップの結果だろう。 続きを読む

  • MetaのOculus VRコンパニオンアプリ、クリスマス以降にダウンロード200万回

    MetaのOculus VRコンパニオンアプリ、クリスマス以降にダウンロード200万回

    サードパーティのアプリ分析会社、ApptopiaとSensor Towerの新しいデータによると、Quest 2を含むOculus VRデバイスのモバイルコンパニオンであるMetaのOculusアプリは、クリスマス以降、世界中でおよそ200万回ダウンロードされた。 続きを読む

  • Robloxが中国でのサービスを一時停止、「重要な一時的措置」を実施

    Robloxが中国でのサービスを一時停止、「重要な一時的措置」を実施

    2021年12月8日、Tencentが公開・運営しているRobloxの中国版「罗布乐思(Luobulesi)」が、iOSとAndroidでサービスを開始してから5カ月で突然サーバーを閉鎖した。驚きを隠せない多くのユーザーは、中国のソーシャルメディアで、この急な告知に不満を漏らしている。 続きを読む

  • コネクテッドフィットネス企業にとってパンデミックが続く2022年もビッグイヤー

    コネクテッドフィットネス企業にとってパンデミックが続く2022年もビッグイヤー

    2021年末、ジムなどの営業が再開したために、Pelotonのような企業の業績が後退したのは事実だ。しかし、パンデミックはまだ終わっていない。現在、全国の多くの地域で寒すぎて屋外で運動ができないとはいえ、狭い室内で息の荒い人たちと一緒に過ごすというのは、あまり理想的とはいえない。ここ数年でホームフィットネスの世界が大きく変化したことは間違いない。 続きを読む

  • 現代自動車、メタバースにボストンダイナミクスのロボット「Spot」を送り込む

    現代自動車、メタバースにボストンダイナミクスのロボット「Spot」を送り込む

    現代自動車(Hyundai)がロボット開発に壮大な野心を抱いていることは確かだ。これまで現代自動車は積極的に資金を投入していて、特にロボットのパイオニアであるBoston Dynamicsの買収には10億ドル(約1160億円)以上を費やした。 続きを読む