wercker

  • コンテナ指向の開発自動化プラットホームWerckerが$4.5Mを調達、CLIをオープンソース化

    オランダのWerckerが今日(米国時間1/28)、450万ドルのシリーズA資金の調達を発表した。 Werckerは、マイクロサービスやアプリケーションの開発を自動化するための、コンテナ指向の開発プラットホームだ。デベロッパーはこのサービスのコマンドラインインタフェイスを使ってDockerのコンテナをデスクトップ上で作り、それらのビルドとデプロイの工程を自動化し、そしてそれらをHeroku、AWS、Rackspaceなどさまざまなクラウドプラットホームへデプロイする。 続きを読む

  • アジャイル的SaaSでコードデリバリを円滑化するWerckerがシード資金を獲得

    アジャイル的SaaSでコードデリバリを円滑化するWerckerがシード資金を獲得

    クラウド上の継続的デリバリ*サービスWerckerが、高名な投資家たちのグループからシード資金を獲得した。そのラウンドを仕切ったのはShamrock Ventures、これにGreylock Venture Partnersとアムステルダムの小規模VC Vitulum Venturesが参加した。Vitulumは、インターネットやモバイルのスタートアップにシード資金を提供している。額は公表されていないが、情報筋によると100万ドル弱という。〔*: continual delivery, 用語としてはcontinuous integration(継続的イ… 続きを読む