ホワイトハウス / whitehouse.gov(用語)

ホワイトハウス / whitehouse.govに関する記事一覧

  • バイデン新大統領就任でホワイトハウスのウェブサイトも刷新、ダークモード採用などアクセシビリティが大きく向上

    バイデン新大統領就任でホワイトハウスのウェブサイトも刷新、ダークモード採用などアクセシビリティが大きく向上

    米国大統領の行動や取り組みをまとめた公式サイト「WhiteHouse.gov」は、就任したばかりのバイデン大統領の下で、まず最初に変更されるものの1つだ。最近流行のダークモードが用意されたほか、読みやすいように大きな文字に切り替えられるなど、ウェブ管理者はサイト全体を最新のアクセシビリティガイドラインに適合させることを約束している。 続きを読む

  • ジェフ・ベゾス氏がホワイトハウスと新型コロナ対策で密に連絡

    ジェフ・ベゾス氏がホワイトハウスと新型コロナ対策で密に連絡

    米国時間3月16日のホワイトハウスのブリーフィングでトランプ大統領は、ホワイトハウスがAmazonのCEOジェフ・ベゾス氏とCOVID-19の流行に関して「毎日」のように連絡しているという報告について、報道陣から真偽を尋ねられた。それに対してトランプ氏は、明確には肯定しなかったものの、事実上認める発言をしている。 続きを読む

  • ホワイトハウスが新型コロナ対策ガイドライン更新、8月まで流行が続く可能性も示唆

    ホワイトハウスが新型コロナ対策ガイドライン更新、8月まで流行が続く可能性も示唆

    トランプ大統領は、新型コロナウイルス感染拡大を遅らせるためのガイドラインのアップデートを発表。ガイドラインには子供たちは可能な限り自宅で学習させる、10人を超える人数の会合を避ける、必要でない旅行やバー、レストラン、フードコートでの食事を避けるといった勧告が含まれている。 続きを読む

  • TwitterとFacebookはホワイトハウスの「ソーシャルメディアサミット」に招待されてないかも

    TwitterとFacebookはホワイトハウスの「ソーシャルメディアサミット」に招待されてないかも

    米国時間7月11日の木曜日に、ホワイトハウスは、著名な保守系のメディア批評家を招待してソーシャルメディアサミットを開催すると伝えられている。ところが、ソーシャルメディアの運営会社は招待されていないようだ。 続きを読む

  • トランプ新政権はホワイトハウスのメディア・ルームにSkype記者4人分を追加する

    トランプ新政権はホワイトハウスのメディア・ルームにSkype記者4人分を追加する

    ショーン・スパイサーの大統領報道官としての仕事始めの一つはトランプ新政権が今週中に4人分のいわゆるSkype記者をプレス・ブリーフィングに追加するという発表だった。 続きを読む

  • ホワイトハウス(Whitehouse.gov)が一般教書演説のライブストリームを130万人に送信

    ホワイトハウス(Whitehouse.gov)が一般教書演説のライブストリームを130万人に送信

    オバマ大統領になってからのホワイトハウスが、過去のどんな政権よりもテクノロジを幅広く使っていることは確かだ。大統領はTwitterのアカウントを持ち、YouTubeを使って斬新な選挙戦や就任後の対話活動を展開し、iPhoneのアプリケーションさえも作った。そのホワイトハウスが、今週行われた一般教書演説への、国民の関心と参加の規模を示す、かなり驚異的な数字を紹介している。 ホワイトハウスは演説のライブストリームを、ブログやWebサイトに埋め込める形で提供した。130万近くの人たちが、WhiteHouse.govのライブビデオのフィードで演… 続きを読む

  • 英国のDirectgov、Change.govと張り合う

    英国のDirectgov、Change.govと張り合う

    英国政府の市民のためのワンストップ・スーパーサイト、Directgov.comは、あらゆる政府サービス向けに世界レベルのオンラインハブを作るためのアイディアを全国の開発者たちに共有させることによって、アイディア創出の道を開いた。Directgovのサイトは2004年に開始され、毎月1100万人以上の訪問があるといわれている。 オバマ大統領のデジタル施策であるChange.gov (現在はWhitehouse.gov)が、ある範囲の話題に関してあらゆる経歴の人たちに門戸を広げているのとは異なり、Directgovは、「Directgov自身… 続きを読む

  • オバマはWebテクノロジをこれからどう活用するか

    オバマはWebテクノロジをこれからどう活用するか

    バラク・オバマ大統領は今週、わが国の44代大統領に正式に就任した。ホワイトハウスで最初の数日はいくつかの技術的な問題に遭遇したが、オバマ政権は過去に例のないほど積極的かつ大々的にテクノロジを活用するだろう。先進的な思想を持ち、Webに詳しい技術者たちが率いるオバマ大統領のメディアチームは、大統領のビジョンであるオープンソース民主主義〔←ママ〕の実現に向けてすでに準備万全である。 オバマ氏の宣誓と同じタイミングで、新政権のメディアチームは火曜日の12:01 PM ESTにWhiteHouse.govの完全な制御権を握った。これは現職政権の公式… 続きを読む

  • Whitehouse.govの新しい顔、そしてブログ

    Whitehouse.govの新しい顔、そしてブログ

    バラク・オバマ大統領が就任演説を行うなか、もうひとつの権力委譲がネット上で進んでいた。東海岸時刻正午に、大統領公式ウェブサイトWhitehouse.govが新デザインに切り替えられた。オバマ氏のスケジュールや、記者会見室へのリンクがあり、オバマ氏の毎週のウェブビデオ演説や、推薦と任命、行政命令、スライドショウなどを、国民誰もが見ることができる。 そしてもちろん ブログもある(コメント機能はない。荒らしやスパムを考えれば理解できるが、何層かのコミュニティー承認システムのようなものが使えないだろうか)。最初のブログ記事は、ホワイトハウスのニュ… 続きを読む