Wikileaks

  • スウェーデンがアサンジ被告の暴行事件捜査を再開

    スウェーデンがアサンジ被告の暴行事件捜査を再開

    スウェーデンの検察当局は、Wikileaks創設者Julian Assange(ジュリアン・アサンジ)被告が2010年におこした女性暴行事件の捜査を再開した。 続きを読む

  • 英裁判所がウィキリークス創設者に50週の禁固刑

    英裁判所がウィキリークス創設者に50週の禁固刑

    WikiLeaks(ウィキリークス)の創設者Julian Assange(ジュリアン・アサンジュ)被告は今日、2012年に保釈中の条件に違反したとして英国のSouthwark Crown裁判所から50週の禁固刑を言い渡された。 続きを読む

  • ハッキング容疑でウィキリークス創設者を逮捕、米が引き渡しを要請

    ハッキング容疑でウィキリークス創設者を逮捕、米が引き渡しを要請

    WikiLeaks(ウィキリークス)創設者のJulian Assange(ジュリアン・アサンジ)が英国の保釈条件に違反した容疑で今朝早くにエクアドル大使館内で逮捕されてから事態が急展開する中で、Assange容疑者は米国の要請に基づき再逮捕された。 続きを読む

  • ジュリアン・アサンジ、インターネットを遮断されてWikiLeaks編集長を退任

    ジュリアン・アサンジ、インターネットを遮断されてWikiLeaks編集長を退任

    WikiLeaksのトップが交代した。ファウンダーで争い好きのリーダー、Julian Assangeが退き、元WikiLeaks広報担当者のKristinn Hrafnssonが指揮をとる。WikiLeaksが言うところの「異例事態」よってAssangeが「連絡不能」になったためだ。 続きを読む

  • ロシア政府がスノーデンの滞在許可期間を再び延長

    ロシア政府がスノーデンの滞在許可期間を再び延長

    ロシア外務省の担当者が、元NSA(アメリカ国家安全保障局)契約職員で内部告発者のエドワード・スノーデン(Edward Snowden)に対する一時滞在許可の期間が延長されたと明かした。 The Guardianは、ロシアの外務報道官を務めるMaria ZakharovaがFacebook上でこの事実を明らかにしたと報じている。Zakharovaは自身のFacebookページに、スノーデンが居住許可を手に入れるまでの期限が「数年間」延長されたと記していたのだ。 続きを読む

  • オフショア取引の闇を照らす「パナマ文書」の衝撃―文書2.6テラバイトをドイツ紙が入手

    オフショア取引の闇を照らす「パナマ文書」の衝撃―文書2.6テラバイトをドイツ紙が入手

    すべてはSuddeutsche Zeitung〔南ドイツ新聞〕への1通の暗号メールから始まった。それが今や極秘ビジネス文書としてインターネットl史上最大のリーク事件に発展した。 インターネットlはいわゆるPanama Papers〔パナマ文書〕を巡って激しい興奮状態に陥っている。文書の量は約 2.6テラバイトあり、数十万のオフショア企業に関連している。リーク元は世界的には無名のパナマの小さな法律事務所、Mossack Fonseca〔モサック・フォンセカ〕だった。 続きを読む

  • Wikileaksの最新文書、NSAの対同盟国スパイ活動を暴露

    Wikileaksの最新文書、NSAの対同盟国スパイ活動を暴露

    それにしてもNSAはどういう地獄耳だ。つい先ほどWikiLeaksは、NSAの同盟国に対するスパイ活動の方法を極めて具体的に示す文書を公開した。”The Euro Intercepts” と呼ばれる文書群は、NSAによる、フランス、ドイツの経済団体および政府高官に対する組織的スパイ活動を詳細に説明している。 続きを読む

  • CloudFlareがWikileaksの窮地を救う–DoS攻撃を“洗う”プロキシサービス

    CloudFlareがWikileaksの窮地を救う–DoS攻撃を“洗う”プロキシサービス

    1週間あまりDoS攻撃にやられていたWikileaksのWebサイトが復活したが、ぼくが本稿を書いている時点ではまだエラーが出る。同社はTwitter上で、WikileaksはWebセキュリティサービスCloudFlareの助力により同社のオンラインプレゼンスの正常化に努めている、と言っている。 今月の初めにWikileaksは、ハッカー活動家グループAnonymousが民間諜報企業Stratfor Global Intelligenceから(そう、不法に)入手したメールの公開を再開した。その最新のバッチは、Trapwireに関連していた。… 続きを読む

  • Wikileaksがシリア政府職員のメールおよそ250万通を公開へ

    Wikileaksがシリア政府職員のメールおよそ250万通を公開へ

    Wikileaksがさきほど(米国時間7/5)、シリアの政府職員が送受した240万通あまりのメールを分析中である、と発表した。それらのメールには、この、国際的に忌み嫌われている体制と、そのほかの政府や団体との関係の詳細が記述されている。WikileaksのファウンダJulian Assangeによると、“この資料はシリアを困らせるだけでなく、シリアに対抗している外部勢力にとっても、都合の悪い情報を含んでいる”、ということだ。 このメール集は、2月にAnonymousがハックしたデータの一部で、それらのデータには、現… 続きを読む

  • Wikileaksへの資金供給を断った支払い機関は“藪をつついて(多数の)蛇を出す"

    Wikileaksへの資金供給を断った支払い機関は“藪をつついて(多数の)蛇を出す"

    Wikileaksの使命を認めない人もいる。危険分子だとみなす人たちもいる。いずれにしてもWikileaksに対して否定的な見解の人は、皆無ではない。しかし、一つだけ否定できないことがある。Wikileaksはまともな団体であり、そのリーダーも名前も(場所は明かさないが)サーバも銀行口座もetc.,etc.もある。彼らには原則もある(それを気に入らない人もいるかもしれないが)…ある種の本人性情報は削除する、また、一定の方法でのみプレスに配布する。などなど。 世界的に有力な支払い機関(複数)は、Wikileaksへの寄付を拒絶している。彼… 続きを読む

  • Wikileaksが資金枯渇で運営中断(ビデオあり)

    Wikileaksが資金枯渇で運営中断(ビデオあり)

    Wikileaksは資金が枯渇しかけている。Visa、Mastercard、Paypalその他の金融機関による送金拒否のため、寄付の受け入れが困難になっているからだ。クレジットカード会社等のWikileaksへの振込拒否は昨年から始まったが、電子資金移動ブロックの効果がとうとう出てきたわけだ。 Wikileaksではウェブサイトに「財政問題が解決するまで一時新たなリークの公開を停止する」と告知した。 われわれれは財政的な生き残りの方法を探る間一時的に新たな情報の公開を停止する。われわれはこの1年間、不当な金融的封鎖と戦ってきた。われわれは… 続きを読む

  • 最新のWikiLeaksより: エジプト人投稿のビデオの削除取消で国務省とGoogleが交渉

    最新のWikiLeaksより: エジプト人投稿のビデオの削除取消で国務省とGoogleが交渉

    ますますエスカレートしている反ムバラク運動に呼応してWikiLeaksの最新リリースは、エジプトないしMENA関連だ。2008年11月のある公電がとくにおもしろくて、2007年に国務省がYouTubeに、エジプト人のブロガーたちが投稿した複数のビデオの取り下げについて話をしたことを暴露している。その公電は国務省に対するアクションリクエストで、こういう要求だ: GoogleのPabloという人物(Googleの法務部長か?)に接触して、Googleにエジプト人ブロガーへのアクセスを復旧させろ、彼はビデオが削除されたことに苦情を申し立てて… 続きを読む

  • TwitterはWikiLeaksの関連アカウント情報を求める裁判所命令を事前開示–'ユーザの味方'という姿勢を示す

    TwitterはWikiLeaksの関連アカウント情報を求める裁判所命令を事前開示–'ユーザの味方'という姿勢を示す

    合衆国司法省がTwitterに対し、2703(d)裁判所命令により、WikiLeaksの関係者たちのアカウントに関する情報の開示を要求した*。司法省が求めているデータは、ユーザJacob Appelbaum(@ioerror)、Rop Gongrijp(@rop_g)、Birgitta Jonsittir(@birgittaj)、Julian Assange、Bradley Manningsらのアカウントの、2009年11月から現在までの“通信記録とそのほかの関連記録”だ。こわー。 Salonの記事によると、最初の(封印さ… 続きを読む

  • WikiLeaksのiPhoneアプリ、削除前に$5840の収益、$4443をWikiLeaksに寄付

    WikiLeaksのiPhoneアプリ、削除前に$5840の収益、$4443をWikiLeaksに寄付

    App storeから削除されたWikiLeakのiPhoneアプリを作ったIgor Barinovが、削除されるまでのダウンロード状況を公開した。被害総額? ダウンロード数4443回、収益5840ドル11セント。モスクワに住むBarinovは、ダウンロード1回につき1ドル、計4443ドルをWikiLeaksに寄付すると言っている。 Barinovが、その動機について本誌の最初の記事へのコメントに書いている。「Wikileaksが何を載せるかに興味はない。だが、ぼくにとって大切なもの ― ぼくのドメイン、ぼくのトラフィック、ぼくの127.0.0.… 続きを読む

  • 元Wikileaksの幹部、新世代のリークサイト、Openleaksを準備中

    元Wikileaksの幹部、新世代のリークサイト、Openleaksを準備中

    予想通りの展開というべきか、Wikileaksのナンバー2、Daniel Domscheit-Bergは「われわれはここ数ヶ月のうちに新世代のリーク・ソフトを開発する」と語った。新しいシステムはOpenleaksと呼ばれるという(われわれの記事)。OpenleaksはWikileaksの問題点、特に一点集中タイプの組織であった点を改良したものになる。 Wikileaksとは異なり、Openleaksは情報の発表者ではなく、単なる「チャンネル」に徹することを目指す(Domscheit-Bergによれば「報道機関始め世界のさまざまな組織が匿名… 続きを読む

  • インターネットそのものは止められない: WikiLeaksの離反者たちがOpenLeaksを立ち上げ

    インターネットそのものは止められない: WikiLeaksの離反者たちがOpenLeaksを立ち上げ

    WikiLeaksのファウンダJulian Assangeは今、イギリスの拘置所でぐつぐつ煮られているが、逮捕の理由となったスウェーデンにおける性犯罪に加えて、合衆国政府からの告訴も迫っているようだ。そこで一部の元スタッフが、WikiLeaksと競合する告発サイト、OpenLeaksの立ち上げを準備している。サイトの創始者は、かつてAssangeの右腕と言われたDaniel Domscheit-Bergで、彼はAssangeの独裁的なやり方を嫌って9月にWikiLeaksを辞めた。 OpenLeaksのやり方は、WikiLeaksとやや違う… 続きを読む

  • 万一のときはWikiLeaksのミラーサイトを見よう

    万一のときはWikiLeaksのミラーサイトを見よう

    世界中に何千とあるミラーサイトのどれかの上で、WikiLeaksを見たい人はいるかな? サイトが健在で、しかも内容が最新のやつを見つけるためには、かなり手間と時間がかかるだろうね。 反戦活動の情報サイトAntiwar.comが立ち上げたwikileaks.antiwar.comへ行くと、ユーザを彼/彼女の地域の最良のWikiLeaksミラーサイトに自動的にリダイレクトしてくれる。 続きを読む

  • メディアはWikiLeaksの味方だ–"情報をリークした者が勝つ"(LeWebカンファレンスで)

    メディアはWikiLeaksの味方だ–"情報をリークした者が勝つ"(LeWebカンファレンスで)

    フランスのパリで行われたLeWeb ’10カンファレンスの今日(米国時間12/8)のメディアパネルでは、WikiLeaksがメインの話題になった。 “インターネットは重大な転機を迎えた–WikiLeaksだけの問題ではなくなった“、Weblogs SLのJulio Alonsoはこう言った。”WikiLeaksに起きていることが、やがてほかのサイトにも起きるだろう“、と彼は警告する。 “この惑星上のすべての政府が寄ってたかってインターネットを検閲しようとするのは… 続きを読む

  • WikiLeaksに見る「Google中国問題」の経緯

    WikiLeaksに見る「Google中国問題」の経緯

    WikiLeaksが外交公電をリークし始めた一週間前には、その一部が、Googleの中国本土からの撤退のきっかけとなった、中国人によるハッカー攻撃事件の解明の手がかりになる、とThe New York Timesが報じた。しかしそれらの公電そのものは、やっと今日(米国時間12/4)になってリリースされた。今日のNYTは、その内容を相当詳しく報じている。特定の公電を見つけるのは相当手間がかかるから、以下に主なもの4つを再掲しよう。うち3つはWikiLeaksにあったもの、残る1つはNew York Times紙のWikiLeaksドキュメントのペ… 続きを読む

  • WikiLeaks情報漏えいした容疑のマニング二等兵はイギリスの中学校でソーシャルネットワークを作っていた?

    WikiLeaks情報漏えいした容疑のマニング二等兵はイギリスの中学校でソーシャルネットワークを作っていた?

    奇妙な話が聞こえてきた。何万というアメリカの機密文書をWikiLeaksに漏えいしたとされるアメリカ陸軍の情報担当兵がはFacebookが現れる何年も前に初歩的なソーシャルネットワークを作っていたという。 ブラッドレー・マニング2等兵は2007年にアメリカ陸軍に加わり、バグダッドに駐留し、機密情報を扱うネットワークの管理を担当していた。マニングがWikiLeaksに渡したとされる情報には、米軍のアパッチヘリコプターがイラク市民とロイターの記者2名を攻撃したとされるビデオ、アフガニスタンにおける7万6000件の米軍の文書(2010年7月に… 続きを読む