wikimedia-foundation

  • Webの最古参の一人Craig NewmarkがWikipediaのハラスメント防止のために50万ドルを寄付

    Webの最古参の一人Craig NewmarkがWikipediaのハラスメント防止のために50万ドルを寄付

    CraigslistのファウンダーCraig NewmarkがWikipediaの“Community health initiative”(コミュニティ健全化運動)に50万ドルを寄付し、このサイトのハラスメントや乱暴な行為を減らし、モデレーターが毎日使うツールを改良して、平和を維持したい、と訴えている。 続きを読む

  • Wikipedia、Android版アプリケーションをバージョンアップ(画像閲覧性の向上等)

    Wikipedia、Android版アプリケーションをバージョンアップ(画像閲覧性の向上等)

    Wikimedia Foundationは、モバイル版のWikipediaアプリケーションのリニューアルを行った。より快適に閲覧できるようにし、検索性能を向上させ、そして画像も見やすく変更したと主張している。今回のアップデートはまずAndroid版がリリースされた。iOS版も間もなくリリースされることになっている。 続きを読む

  • Wikipediaの共同ファウンダー、たくまずしてBitcoinによる寄付キャンペーンを始める

    Wikipediaの共同ファウンダー、たくまずしてBitcoinによる寄付キャンペーンを始める

    Jimmy Walesは、WikipediaにBitcoinで寄付する方法を試しているのか? Redditのあるスレッドによれば、彼がそれを考えていることは間違いない。それは1件のツイートで始まった ― Wikipediaの共同ファウンダーはCoinbaseに個人アカウントを開設した。 続きを読む

  • Wikipediaが機能とデザインを一新, 検索候補語提案機能が良くなったのが嬉しい

    Wikipediaが機能とデザインを一新, 検索候補語提案機能が良くなったのが嬉しい

    Wikipediaは圧倒的に、世界でいちばん訪問者の多いサイトだ。このことは、今後も当分変わらないだろう。今朝(米国時間5/13)のWikimedia Foundationの発表によると、そのWikipediaにいくつかの変更が加えられ、利用者と貢献者の両方にとって、より使いやすくなった。 いちばんはっきり分かるのは、新しいルック&フィールだ。ジグソーパズルふうの地球を描いたロゴも、新しくなった(これまでのは2003年作)。Wikimedia Foundationはロゴの歴史について単独の記事を提供しているので、興味のある方はご覧… 続きを読む

  • Facebookが世界第4位のサイトになった

    Facebookが世界第4位のサイトになった

    Facebookの全世界での成長ぶりには驚嘆するしかない。6月には単月で新たに2400万人のユニークユーザーを世界で獲得し、総ユニーク数を3億4000万人とした。これでFacebookは、Google、Microsoft、Yahooに次ぐ世界第4位のサイトになった。comScoreによる(下の表参照)。Facebook自身は、2億5000万人のアクティブ登録ユーザーがいること以外、公式には認めていない(Facebookの一部のページには登録ユーザー以外でも行くことができる) この1年間、同サイトには前年比157%、2億0800万人の訪問… 続きを読む

  • フランスの携帯大手OrangeがWikipediaとコンテンツ提供と広告展開で契約

    フランスの携帯大手OrangeがWikipediaとコンテンツ提供と広告展開で契約

    ヨーロッパ最大の携帯電話企業の一つであるFrance TelecomのOrangeが、Wikimediaと提携して、Orangeの携帯電話とWebサイト上の、両者共同ブランドのチャネルからWikipediaのコンテンツを提供する。両者間の利益分配契約により、非営利団体のWikimediaは広告収入の一部を取得する。 Orangeは同社のWebおよびモバイルのポータルの上に、特別のWikipediaコンテンツチャネルを作る。さらにOrangeは、Orangeのポータルから直接、Wikipediaのコンテンツにアクセスできるための、ウィジェッ… 続きを読む

  • WikiPock、全Wikipediaを$10であなたのポケットに

    WikiPock、全Wikipediaを$10であなたのポケットに

    ユーザー投稿百科事典のWikipediaはウェブ上で無料で提供されているが、読者はこれに$10払う気はあるだろうか? パリのスタートアップ、WikiPockは英語版のWikipedia全体を4GB以下(画像は含まず)に圧縮して携帯電話向けに販売している。他の言語版(ドイツ語、フランス語、ポーランド語、オランダ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語が提供されている)の場合、サイズはもっと小さい。 このアプリをインストールすると、Wikipediaの記事をインターネットに接続せずに携帯電話で検索、閲覧できる。携帯のメモリー、あるいはmicr… 続きを読む

  • Wikipedia(とPediaPress)が好きな項目を印刷製本してくれる

    Wikipedia(とPediaPress)が好きな項目を印刷製本してくれる

    しばらく前から、Wikimedia財団とドイツのスタートアップ、PediaPressの提携により、Wikipediaから必要な項目を抜き出して編集し、印刷製本することができるようになっている。当初、ドイツ語で提供が始ったが、先週、6カ国語が追加され、昨日(米国時間2/26)から通常の英語版もサポートされるようになった。(ただし、現在利用は登録ユーザーに限られている)。 ここで実際にチェックしてみることができるが、ヘルプ・ページを先に見たほうがよいかもしれない。出版される本には、目次ないし内容一覧が含まれ、PediaPressからPDFフ… 続きを読む

  • Mozilla、ウェブ用オープンビデオフォーマットに助成金10万ドル

    Mozilla、ウェブ用オープンビデオフォーマットに助成金10万ドル

    Mozilla Foundationが、ウェブ用のオープンビデオフォーマット制定に力を注いでいる。このために、オープンソースのビデオコーデック、Theoraの開発およびサポートに向けて助成金 $100,000(10万ドル)を供出し、その管理をWikimedia Foundationに一任した。何よりまた同組織では、ブラウザーのFirefoxのTheoraおよびオープンソースの音声コーデック、Vorbisのサポートも開発中だ。 他のビデオコーデックやエンコーダーの多くが、ライセンス料が必要であったり制限がかけられていたりする。Mozillaは、… 続きを読む

  • Wikipediaの記事、ついに1千万件に到達

    Wikipediaの記事、ついに1千万件に到達

    Wikipediaについに第1千万項目目の記事が投稿された。Nicholas Hilliard という16世紀ハンガリーの画家の伝記である。(英語版はここに)。 Wikipediaでは、この1千万の記事は250種類の異なる言語で書かれているとしている。英語はWikipediaで依然としてもっとも広く使われている言語で、230万項目が書かれている。(2007年9月に200万番目 の英語の記事 が投稿された)。英語の次に広く使われているのは、ドイツ語、フランス語、ポーランド語、日本語、イタリア語、オランダ語、ポルトガル語、スペイン語、スウェーデン語… 続きを読む

  • 人類の知識の集積のために―Wikipediaに$3Mの寄付

    人類の知識の集積のために―Wikipediaに$3Mの寄付

    今日(米国時間3/26)、Wikipediaを運営している非営利団体、Wikimedia財団はAlfred P. Sloan財団から$3M(300万ドル)の寄付を受けたことを発表した。この寄付は3年間に渡って分割払いされる。 昨年同財団は$2.7M(270万ドル)の総収入があり、総支出は$2.1M(210万ドル)だった。(ここに収支報告がある)。今年の収入はこれによってずっと多くなるはずだ。この寄付に加えて、昨年Wikipediaは一般からの寄付を募る運動を広く展開していた。財団には15人の職員がいるが、2010年には25人まで増員したいと… 続きを読む