wikimedia

  • Googleが日頃のお返しに200万ドルをWikipediaに寄付

    Googleが日頃のお返しに200万ドルをWikipediaに寄付

    Googleは長年、そのほかの多くの企業と同じく、コンテンツをWikipediaに依存している。そこで今度は、GoogleとGoogle.orgがお返しをする番だ。 続きを読む

  • Amazon、Wikimediaに100万ドルを寄付

    Amazon、Wikimediaに100万ドルを寄付

    今年3月、本誌はWikimediaにこんな質問をした、 「Wikipediaを利用している企業はお返しをしているか?」。答えは、一応イエス、ただしひとつの例外を除いて。「Apple、Facebook、Microsoft、およびGoogleはそれぞれ、従業員からの寄付に上乗せする形でおよそ5万ドルを寄付している。一方、Amazonはそのリスト上のどこにも見つからない」 続きを読む

  • Wikipediaを利用している企業たちはそのことに報いているのか?

    Wikipediaを利用している企業たちはそのことに報いているのか?

    企業は情報をソースとしてのWikipediaに大きく依存しているが、それは必ずしも双方向ではない。 Wikipediaの情報を使って、陰謀論ビデオと戦おうというYouTubeの計画は各方面からの反対を巻き起こした ―― 驚くべきことにWIkimedia自身からも反対の声は挙がった。どうやらGoogleは、今月初めにこの計画をSXSWで発表する前に、Wikimedia財団に対してこの計画について何も知らせていなかったようなのだ。あーあ。 続きを読む

  • YouTubeは陰謀論退治にWikipediaを使う――Wikimedia財団では計画を知らなかった

    YouTubeは陰謀論退治にWikipediaを使う――Wikimedia財団では計画を知らなかった

    YouTubeには「飛行機雲は有害な薬品を散布している」や「月面着陸は捏造」といったたぐいの陰謀論が横行している。YouTubeではこういう陰謀論を退治する機能を準備していることを発表した。陰謀論がアップされた場合、それに関連するWikipediaの記事にリンクするというもので、ひとつの努力には違いないが、あまり優れたアイデアとは思えなかった。 続きを読む

  • Wikipedia、途上国向け無料アクセスプログラムを終了へ

    Wikipedia、途上国向け無料アクセスプログラムを終了へ

    Wikipedia Zeroのスタートから6年、Wikimedia Foundationはプログラムを終息させようとしている。2012年に発表された同プログラムは、携帯電話キャアーと提携することによって、通信料金が障壁となっている途上国でもWikipediaの無限の情報を利用できるように、通信コストを免除しようとする試みだった。 続きを読む

  • Wikipediaが、企業等から報酬を得て宣伝的記事を書いていた、数百名の悪質エディタのアカウントを停止

    Wikipediaが、企業等から報酬を得て宣伝的記事を書いていた、数百名の悪質エディタのアカウントを停止

    Wikipediaのコンテンツはボランティアが書いているが、ときには、それが仇(あだ)となることがある。今朝(米国時間9/1)同団体は、Wikipediaの英語バージョンのボランティアエディタ381名のユーザアカウントを停止した、と発表した。彼らの容疑は、“特定のグループや企業等に有利な記述を報酬をもらって書いていたこと”だ。たとえば彼らは、この、ユーザが自由にエディットできる百科事典に宣伝記事を書き、そのことで報酬を得ていたことを、隠していた。 続きを読む

  • WikipediaなどWikimedia FoundationのサイトがデフォルトでHTTPSを採用…政府機関による検閲などを抑止へ

    WikipediaなどWikimedia FoundationのサイトがデフォルトでHTTPSを採用…政府機関による検閲などを抑止へ

    【抄訳】 Wikipediaなどの重要なwikiプロジェクトをホストしているWikimedia Foundationが今朝(米国時間6/12)、今後はすべてのサイトのトラフィックをHTTPSにより暗号化する、と発表した。同団体によると、これにより各国の政府などがユーザトラフィックをモニタすることが困難になり、またISPがWikipediaなどの記事を検閲することも難しくなる。 続きを読む

  • Wikipediaは運用インフラもボランティアが貢献できる–そのための環境をWikimediaが整備

    Wikipediaは運用インフラもボランティアが貢献できる–そのための環境をWikimediaが整備

    Wikipediaとその関連プロジェクトはすべて、言うまでもなく何千ものボランティアが支えている。しかしその物理的なインフラは、オープンソースソフトウェアが基盤であるにもかかわらず、その稼働を外部ボランティアが支援することは、きわめて難しかった。その作業の多くは、有給の社員が担当している。しかしここ1年半ほど、Wikipediaと姉妹プロジェクトの母体であるWikimedia Foundationはひそかに、Wikimedia Labsというものを準備していた。それはOpenStackを使う新しいプロジェクトで、Wikimediaのチーム… 続きを読む

  • Wikipediaが機能とデザインを一新, 検索候補語提案機能が良くなったのが嬉しい

    Wikipediaが機能とデザインを一新, 検索候補語提案機能が良くなったのが嬉しい

    Wikipediaは圧倒的に、世界でいちばん訪問者の多いサイトだ。このことは、今後も当分変わらないだろう。今朝(米国時間5/13)のWikimedia Foundationの発表によると、そのWikipediaにいくつかの変更が加えられ、利用者と貢献者の両方にとって、より使いやすくなった。 いちばんはっきり分かるのは、新しいルック&フィールだ。ジグソーパズルふうの地球を描いたロゴも、新しくなった(これまでのは2003年作)。Wikimedia Foundationはロゴの歴史について単独の記事を提供しているので、興味のある方はご覧… 続きを読む

  • Wikipedia(とPediaPress)が好きな項目を印刷製本してくれる

    Wikipedia(とPediaPress)が好きな項目を印刷製本してくれる

    しばらく前から、Wikimedia財団とドイツのスタートアップ、PediaPressの提携により、Wikipediaから必要な項目を抜き出して編集し、印刷製本することができるようになっている。当初、ドイツ語で提供が始ったが、先週、6カ国語が追加され、昨日(米国時間2/26)から通常の英語版もサポートされるようになった。(ただし、現在利用は登録ユーザーに限られている)。 ここで実際にチェックしてみることができるが、ヘルプ・ページを先に見たほうがよいかもしれない。出版される本には、目次ないし内容一覧が含まれ、PediaPressからPDFフ… 続きを読む

  • Wikimedia、西海岸に引越し

    Wikimedia、西海岸に引越し

    Wikipediaの経営母体「Wikimedia Foundation」がフロリダ州セントピーターズバーグからサンフランシスコに本社を移転する。WikimediaはWikipediaはじめWiktionary、Wikibooks、WikiNews、Wikispeciesなどピア製作コンテンツのサイトを傘下に持つ財団。 新拠点はWeb開発者とエンジニア探しが容易で、営利版の兄弟サイト「Wikia」のあるサンマテオにも近い。ファウンダーJimmy Walesの自邸はそのままフロリダに残るようだ。 [原文へ] 続きを読む