Wikipedia

  • Googleが日頃のお返しに200万ドルをWikipediaに寄付

    Googleが日頃のお返しに200万ドルをWikipediaに寄付

    Googleは長年、そのほかの多くの企業と同じく、コンテンツをWikipediaに依存している。そこで今度は、GoogleとGoogle.orgがお返しをする番だ。 続きを読む

  • Wikipedia上の壊れたリンク(ページが存在しないリンク)をInternet Archiveらの努力で大量に修復

    Wikipedia上の壊れたリンク(ページが存在しないリンク)をInternet Archiveらの努力で大量に修復

    【抄訳】 Webは、脆(もろ)い場所だということがわかってきた。企業や政府機関や教育機関や個人や団体が、しょっちゅう、サイトを立てたり下ろしたりしている。でも問題は、Webが記録のシステムになってることだ。だからページが存在せずリンクが切れていたら、その記録が得られない。そこで、多くのWebページを永久保存しているボランティアサイトInternet ArchiveとWikipediaが協力して、900万の壊れたリンクを生き返らせ、わずかひとつのナレッジベースではあるけれども、この問題を解決した。 続きを読む

  • Amazon、Wikimediaに100万ドルを寄付

    Amazon、Wikimediaに100万ドルを寄付

    今年3月、本誌はWikimediaにこんな質問をした、 「Wikipediaを利用している企業はお返しをしているか?」。答えは、一応イエス、ただしひとつの例外を除いて。「Apple、Facebook、Microsoft、およびGoogleはそれぞれ、従業員からの寄付に上乗せする形でおよそ5万ドルを寄付している。一方、Amazonはそのリスト上のどこにも見つからない」 続きを読む

  • Wikipediaを利用している企業たちはそのことに報いているのか?

    Wikipediaを利用している企業たちはそのことに報いているのか?

    企業は情報をソースとしてのWikipediaに大きく依存しているが、それは必ずしも双方向ではない。 Wikipediaの情報を使って、陰謀論ビデオと戦おうというYouTubeの計画は各方面からの反対を巻き起こした ―― 驚くべきことにWIkimedia自身からも反対の声は挙がった。どうやらGoogleは、今月初めにこの計画をSXSWで発表する前に、Wikimedia財団に対してこの計画について何も知らせていなかったようなのだ。あーあ。 続きを読む

  • Webの最古参の一人Craig NewmarkがWikipediaのハラスメント防止のために50万ドルを寄付

    Webの最古参の一人Craig NewmarkがWikipediaのハラスメント防止のために50万ドルを寄付

    CraigslistのファウンダーCraig NewmarkがWikipediaの“Community health initiative”(コミュニティ健全化運動)に50万ドルを寄付し、このサイトのハラスメントや乱暴な行為を減らし、モデレーターが毎日使うツールを改良して、平和を維持したい、と訴えている。 続きを読む

  • Wikipediaの上ではボットたちが毎日のように喧嘩している

    Wikipediaの上ではボットたちが毎日のように喧嘩している

    ボットはWikipediaの便利なツールだ: 彼らは編集結果をアンドゥーする破壊行為を見つけ、リンクを加え、人間のご主人様が命じた面倒な仕事をこなす。でも、彼らのような自動化されたヘルパーたちですら、争いに巻き込まれ、同じ記事の上でお互いに、書いたり消したりを繰り返す。中には、長年続いている抗争もある。 続きを読む

  • Wikipedia共同ファウンダーのJimmy Wales、自社のWikiページを編集する企業は「狂っている」と非難

    Wikipedia共同ファウンダーのJimmy Wales、自社のWikiページを編集する企業は「狂っている」と非難

    South by Southwest(SXSW)のGuy Kawasakiとの対談で、Wikipediaの共同ファウンダー、Jimmy Walesは、インターネットの共同百科事典上で、利己的な人々が自身のページを編集していることについて強く意見を述べた。 続きを読む

  • Wikipediaが、企業等から報酬を得て宣伝的記事を書いていた、数百名の悪質エディタのアカウントを停止

    Wikipediaが、企業等から報酬を得て宣伝的記事を書いていた、数百名の悪質エディタのアカウントを停止

    Wikipediaのコンテンツはボランティアが書いているが、ときには、それが仇(あだ)となることがある。今朝(米国時間9/1)同団体は、Wikipediaの英語バージョンのボランティアエディタ381名のユーザアカウントを停止した、と発表した。彼らの容疑は、“特定のグループや企業等に有利な記述を報酬をもらって書いていたこと”だ。たとえば彼らは、この、ユーザが自由にエディットできる百科事典に宣伝記事を書き、そのことで報酬を得ていたことを、隠していた。 続きを読む

  • WikipediaなどWikimedia FoundationのサイトがデフォルトでHTTPSを採用…政府機関による検閲などを抑止へ

    WikipediaなどWikimedia FoundationのサイトがデフォルトでHTTPSを採用…政府機関による検閲などを抑止へ

    【抄訳】 Wikipediaなどの重要なwikiプロジェクトをホストしているWikimedia Foundationが今朝(米国時間6/12)、今後はすべてのサイトのトラフィックをHTTPSにより暗号化する、と発表した。同団体によると、これにより各国の政府などがユーザトラフィックをモニタすることが困難になり、またISPがWikipediaなどの記事を検閲することも難しくなる。 続きを読む

  • Wikipedia、自前の「Fact Card」作成/共有できる新版iOSアプリケーションをリリース

    Wikipedia、自前の「Fact Card」作成/共有できる新版iOSアプリケーションをリリース

    Wikimediaは最近、モバイル版アプリケーションの機能改善に取り組んでいる。しばらく前にAndroid版の新しいアプリケーションがリリースされていたが、このたびiOS版も登場した。ビジュアル面を改良し、検索が容易となり、またFacebook、Twitter、Google+などのソーシャルネットワークにて記事や画像をシェアしやすくなっているのが特徴だ。 続きを読む

  • Wikipedia、Android版アプリケーションをバージョンアップ(画像閲覧性の向上等)

    Wikipedia、Android版アプリケーションをバージョンアップ(画像閲覧性の向上等)

    Wikimedia Foundationは、モバイル版のWikipediaアプリケーションのリニューアルを行った。より快適に閲覧できるようにし、検索性能を向上させ、そして画像も見やすく変更したと主張している。今回のアップデートはまずAndroid版がリリースされた。iOS版も間もなくリリースされることになっている。 続きを読む

  • Wikipediaのインタフェイスを現代化するWikiWandが$600Kを調達

    Wikipediaのインタフェイスを現代化するWikiWandが$600Kを調達

    人気サイトWikipediaに魅力的なインタフェイスを与えるWikiWandが、エンジェル投資家Saar Wilfから60万ドルを調達した。たしかにWikipediaは全世界からのビジター数でトップテンの一つだし、インターネット上の重要な情報源だが、ルックスはそれがローンチした2001年から変わっていない。 WikiWandはそれを、ブラウザのエクステンションで解決しようとしている。今はChromeとSafariとFirefox用が用意されているが、WikiWandのサイトでそのインタフェイスを見ることもできる。Wilfは自分の会社Fra… 続きを読む

  • Wikipediaの共同ファウンダー、たくまずしてBitcoinによる寄付キャンペーンを始める

    Wikipediaの共同ファウンダー、たくまずしてBitcoinによる寄付キャンペーンを始める

    Jimmy Walesは、WikipediaにBitcoinで寄付する方法を試しているのか? Redditのあるスレッドによれば、彼がそれを考えていることは間違いない。それは1件のツイートで始まった ― Wikipediaの共同ファウンダーはCoinbaseに個人アカウントを開設した。 続きを読む

  • 小論文の宿題のために英語のWikipediaを今日どうしても見たい人, ブラックアウト回避策をお教えしよう

    小論文の宿題のために英語のWikipediaを今日どうしても見たい人, ブラックアウト回避策をお教えしよう

    本誌のホームページを見てもお分かりのように、今日(米国時間1/18)はインターネットにとって悲しい試練の日だ。RedditやWikipediaなど人気サイトの多くが喪に服し、猫のおもちゃや知識が欲しくてもSOPA反対のメッセージしか見れない。正義の名の下(もと)に、今日はおそろしく退屈な一日になるのだ。でもSOPAは、とくにその施行部分が憲法に違反しているし、仮にその目的が正当化されるとしても、実効性はほとんどない。 以上はこれからWikipediaのお話をするためのイントロだけど、でも、みなさんもしっかり理解していただきたい。SOP… 続きを読む

  • Wikipedia、「顔写真は寄付がいちばんたくさん集まる位置に掲載されている」と回答

    Wikipedia、「顔写真は寄付がいちばんたくさん集まる位置に掲載されている」と回答

    どうも私はBrandon Harrisのファンになってしまったようだ。彼はWikipediaの最新の寄付要請バナー広告(全員必ず寄付するべし)に顔写真が掲載されているプログラマーだ。 なぜ彼のファンになったかというと、まず第一にWikipediaのプログラミングという世界でもっとも価値の高い仕事のひとつをしているからだ。第2に、われわれが大いにからかう記事を書いたのに、 彼はコメント欄にやってきて「ハグ」と書き込んでくれた。第3に、われわれは過去1週間なんであんな目障りでこっけいな場所に顔写真を掲載するのかと不思議がっていたわけだが、Bra… 続きを読む

  • Wikipediaファウンダー、ジミー・ウェールズへの個人的お願い

    Wikipediaファウンダー、ジミー・ウェールズへの個人的お願い

    拝啓 ジミー・ウェールズ様 またあなたにお目にかかりましたね。そうそう、クリスマスが近づいているのですね。最新の知識を無限に供給し続けるという高貴な目的を達成するために必要とされる2950万ドルを募るための広告ですね。この点についてはあなたの貢献に私たちは皆深く感謝しています。 しかし去年など、視線恐怖症になりそうなこの馬鹿げたデザインのバナー広告にはパロディーのChromeエクステンションさえ作られました。 今年のWikimedia財団への寄付を要請するバナーでは、ジミー、あなたはどいうわけか顔写真を左寄せするレイアウトを選びました。という… 続きを読む

  • イタリアのWikipedia、「ネット傍受法案」に抗議して自主的に閉鎖

    イタリアのWikipedia、「ネット傍受法案」に抗議して自主的に閉鎖

    真のオンライン行動主義の精神に基づいて、イタリアのWikipediaサイトは自主的に閉鎖された。 現在議会で審議中の「傍受法」(DDL intercettazioni)に抗議するためだ。この法案は、いかなるウェブサイトもそこで言及されている当事者から「イメージを低下させるおそれがある」として抗議を受けた場合、48時間以内に訂正するか抗議者の要求するコメントを掲載しなければならないというものだ。曖昧かつ包括的すぎてサイト運営者にとって非常な重荷になるように聞こえる? 聞こえるのではなく、実際そのようなものとして意図されているのだ。 もしこの法… 続きを読む

  • ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズからへのメッセージをお読みください

    ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズからへのメッセージをお読みください

    編集部注:本稿のゲストライターであるHunter Walkは、Wikipediaで1980年代のヘアメタルバンドについて調べることに膨大な時間を費している。彼のWikipediaへの執着は、YouTubeの消費者向け製品責任者という彼の本業とは無関係である。 Wikipediaは世界で5番目に大きいウェブサイトであるが、広告を掲載せず、悲しいかな、ほぼ恒久的に支払い能力を欠いている。Googleで「Jimmy Wales personal appeal」[Jim Wales 個人的な援助要請](WalesはWikipediaのファウンダー)を検索す… 続きを読む

  • 顧客満足度調査: Facebookなどソーシャルメディアサイトは消費者が高く評価していない

    [筆者: Lora Kolodny] ForeSee ResultsとAmerican Customer Satisfaction Indexが行った共同調査によると、合衆国の消費者はFacebookやMyspaceのようなソーシャルメディアサイトを、ケーブルテレビや航空会社、それに国税庁と同じぐらい低く評価している。 The Annual E-Business Report for the A.C.S.I.と題されたその調査報告書は、30のオンラインメディアブランドを、3つのカテゴリー: ポータルと検索エンジン、ニュースと情報サイト、ソーシャルメディアサイトに分… 続きを読む

  • Wikipediaが機能とデザインを一新, 検索候補語提案機能が良くなったのが嬉しい

    Wikipediaが機能とデザインを一新, 検索候補語提案機能が良くなったのが嬉しい

    Wikipediaは圧倒的に、世界でいちばん訪問者の多いサイトだ。このことは、今後も当分変わらないだろう。今朝(米国時間5/13)のWikimedia Foundationの発表によると、そのWikipediaにいくつかの変更が加えられ、利用者と貢献者の両方にとって、より使いやすくなった。 いちばんはっきり分かるのは、新しいルック&フィールだ。ジグソーパズルふうの地球を描いたロゴも、新しくなった(これまでのは2003年作)。Wikimedia Foundationはロゴの歴史について単独の記事を提供しているので、興味のある方はご覧… 続きを読む