Wildfire

  • Google、Wildfireを買収―Google+に加えてFacebookとTwitter向けマーケティング・サービス開始へ

    Google、Wildfireを買収―Google+に加えてFacebookとTwitter向けマーケティング・サービス開始へ

    先ほどGoogleがソーシャル・マーケティング・ソフトウェアの有力デベロッパー、Wildfireを買収したことが明らかとなった。 Wildfireは企業がFacebook、Google+、Twitter、Pinterest、YouTube、LinkedInなどのソーシャル・メディアを利用したキャンペーンを行うことを助けるソフトウェアを開発している。創立以来4年で従業員は400人となり、1万6000社の顧客にサービスを提供している。複数の情報源やブログ記事によれば買収額は2億5000万ドル前後という。 続きを読む

  • Facebookページの強制タイムライン化が迫る―調査によれば95%のページで好影響

    Facebookページの強制タイムライン化が迫る―調査によれば95%のページで好影響

    3月1日にFacebookはFacebookページにタイムラインを導入した。明日、1ヶ月の移行期間が終了すると、すべてのFacebookページは強制的にタイムライン化される。しかし案ずるには及ばない。ページへの「いいね!」の率はほとんど変わらなかった。それどころか95%のページでは記事あたりの「いいね!」の率もメンションの率も増えたという調査が出ている。 ソーシャル・マーケティングのプラットフォーム、WildfireがTechCrunchに提供してくれた資料によると、 「いいね!」の数が減少したのはそれが1000万以上になるような巨大ブラ… 続きを読む

  • ソーシャルメディアプロモーションツールを提供するWildfire、Facebook Pageビルダーなどで構成する新Suiteを提供開始

    ソーシャルメディアプロモーションツールを提供するWildfire、Facebook Pageビルダーなどで構成する新Suiteを提供開始

    2010年、FBfundの出資を受ける零細サービスが立ち上げられた。Wildfireという名前で、ブランドや企業がTwitterやFacebookを舞台に主催する懸賞、コンテストなどバイラルキャンペーンを手助けするサービスを提供していた。当時の従業員は8名ほどだった。 現在、このWildfireのチームメンバーは120名以上となり、有名ブランドや大企業のキャンペーンを行って大いに利益をあげている(もちろん、小規模クライアントの仕事も行っている)。そしてこの度、これまでの主力だったバイラルキャンペーンプロダクトに加えて「Social Mar… 続きを読む

  • Wildfire、TwitterおよびFacebookのフォロワー/ファン数分析ツールを発表

    Wildfire、TwitterおよびFacebookのフォロワー/ファン数分析ツールを発表

    もう何年もの間、テック系企業はウェブサイトの評価を月間の訪問者数およびページビューにて測ってきた。そしてこの度Twitter、Facebook、およびメールを通じたコンテストやキャンペーンの運営を行なっているWildfireが、評価計測ツールのソーシャルメディア版とも言えるものをリリースした。TwitterやFacebookでのフォロワーの多寡や、一定期間内でどれだけフォロアーを増やしたかという数値を解析することができる。http://monitor.wildfireapp.comからツールにアクセスすることができる。 使い方は非常に簡… 続きを読む

  • FacebookのfbFundを獲得したWildfireがPromotion Appを発表(ベータ招待あり)

    FacebookのfbFundを獲得したWildfireがPromotion Appを発表(ベータ招待あり)

    FacebookのfbFundを獲得したWildfireがWildfire Promotion Builderというウェブアプリケーションをプライベートベータとして発表した。このアプリケーションは、コンテスト、クーポン、くじ引き、景品などを提供する企業ブランドのインタラクティブプロモーションを作成するためのツールだ。アプリケーションはFacebook Connectの機能を利用し、Facebookの自社ページにプロモーションタブを表示し、同時に自社ウェブサイトでプロモーションキャンペーンを実施できる(MySpace、Bebo、その他の独立し… 続きを読む