今さら聞けない

今さら聞けない〇〇 WTF Is…?

  • いまさら聞けない中国預託証券(CDR)入門 ―― 1兆ドル規模の投資市場の誕生か

    いまさら聞けない中国預託証券(CDR)入門 ―― 1兆ドル規模の投資市場の誕生か

    先日、中国政府は新たに、1兆ドル規模の投資市場の創出を発表した。もちろんエイプリルフールの冗談ではない。 AlibabaやTencentのような、中国の巨大テック企業が世界で最も価値のある企業であることや、Xiaomiのような次世代スタートアップがIPOを控えていることは実に喜ばしい。中国の人びとの多くが興奮することになるだろうが、それらの成功とは裏腹に、そこには深刻な皮肉が横たわっている。これらの中国のハイテク企業は、実際には中国の証券取引所で購入することはできないし、中国の個人投資家たちもそれらの株式を購入することはできない。 続きを読む

  • いまさら聞けない「対米外国投資委員会(CFIUS)」とは?

    いまさら聞けない「対米外国投資委員会(CFIUS)」とは?

    オープンソースコミュニティの大多数の人びとにとって、コードとテクノロジーは「フリー」(「自由」という意味と「無償」という意味を兼ねている)なものとして捉えられている。より良い現在と未来を追求するために、人類すべてと共有されるべきものなのだ。しかし、政府の視点はそれとは異なっている。彼らの心の中では、テクノロジーは他の国に対して競争優位をもたらす戦略的資産なのだ。これらの資産は富と雇用、そして最終的には国内の平穏へとつながるのだ。 米国はテクノロジーリーダーであり、自身の競争上の優位性を守るための、強力な経済戦争ツールを所有しているのだ。… 続きを読む

  • いまさら聞けない「ゼロレーティング」入門

    いまさら聞けない「ゼロレーティング」入門

    あなたがビデオを見たり、写真を投稿したり、あるいはメッセージを送るたびに、そのアイテムを構成するバイトはインターネットプロバイダによって分析され集計されている。そしてそのデータ量が一定量まで積み上がったら、通信制限に達したということだ。全く迷惑な話だ、そうだろう? しかし、もしそうしたデータヘビーなアプリやサービスの中に、制限に向けてカウントされないものがあるとしたらどうだろう?それが「ゼロレーティング」と呼ばれるものだ。理屈の上では良いものに聞こえるものの、実際には問題を含んでいる。さて、どのようにそれは動作し、誰がそれを行い、そして… 続きを読む

  • いまさら聞けないライダー(Lidar)入門

    いまさら聞けないライダー(Lidar)入門

    その昔、人びとは目から放たれた見えない光線が世界を照らし、それが見るものへの視覚をもたらしているのだと考えていた。もちろん、それは間違いだったのだが、だからといってそれが「見る」ための完璧な方法ではないということではない。実際、それこそがライダーの基本アイデアなのだ。ライダーは、今や考古学から自動運転車に至るまでその有用性が証明されたデジタルイメージ手法である。 ライダー(Lidar)は頭字語の1種で、通常は「light detection and ranging(光による検知と測距)」の略語とされる。まあ最初の2語の間に「imaging」を… 続きを読む

  • いまさら聞けないバックドア入門

    いまさら聞けないバックドア入門

    この20年は、コミュニケーションと情報の保存の手段が、継続的にアナログからデジタルへ移行してきた時代だ。 そして、そうした移行の直後には(危険性の認識に歩調が伴わないこともあったが)、その情報の安全性を保とうとする動きが伴っていた。ハッキングの脅威とユーザーのプライバシーを守りたいという欲求は、データの暗号化に繋がった。これは保存時と転送時の両方に普通に適用されるようになっている。そして、あなただけがキーを持っているので、銀行があなたのセキュリティボックスを開くことができないように、適切な暗号化を施することで、サービスを提供しホストして… 続きを読む

  • 今さら人に聞けないVPN入門…VPNの神話をはぎ取る

    今さら人に聞けないVPN入門…VPNの神話をはぎ取る

    あなたは今、映画を見ている。スポーツカーに乗った悪者が、高速道路を走って逃げようとしている。ヘリがそれを、上空から追っている。やがて車は、出口が複数あるトンネルに入り、ヘリは車の行方を追えなくなる。 VPNの仕組みは、この映画のトンネルに似ている。そのトンネルは複数の道をひとつの入り口へつないでいるが、トンネルの中で何がどうなっているのかは、ヘリには分からない。 続きを読む

  • いまさら聞けないコンピュータービジョン入門

    いまさら聞けないコンピュータービジョン入門

    部屋の向こうから誰かがあなたにボールを投げて、あなたがそれをキャッチする。実にシンプルだ。実のところ、これは私たちが理解しようとしてきたプロセスの中でも最も複雑なものの1つだ – ましてや再現は困難だ。私たちが見るように見ることができるマシンを発明することは、見かけ以上に困難な仕事だ、コンピューターにそれをやらせることが難しいというだけでなく、そもそも私たち自身がそれをどのようにやっているのかがはっきりしないからだ。 実際に起こっているのはおおよそこのなようなことだ:ボールのイメージがあなたの目を通過して網膜に映る、そこである程… 続きを読む

  • いまさら聞けない「ダークウェブ」入門

    いまさら聞けない「ダークウェブ」入門

    おそらくLinkedIn、Tumblr、そしてDropboxのパスワードが、その辺りを漂っているという話を聞いたことがあるだろう。あるいは、ドラッグや他の違法商品を販売していたサイトSilk Roadを運営していた罪で、逮捕された男の物語を読んだことがあるかもしれない。たぶん「ダークウェブ」という言葉が見出しに踊るのを見たか、その言葉が友人から発せられるのを聞いたのではないだろうか。しかし、一体全体「ダークウェブ」とは何だろう?どうすればそこに行けるのか?そして、何がそれを「ダーク」にしているのか? 続きを読む

  • いまさら聞けない機械学習入門

    いまさら聞けない機械学習入門

    機械学習についての沢山の記事を目にして、何やら深遠なものが発見されつつあると思う人もいるかもしれないが、実際はその技術はコンピューティングと同じくらい古いものだ。 歴史上最も影響力のある計算機科学者のひとりであるアラン・チューリングが1950年に、コンピューティングに関する彼の論文の中で「機械は考えることはできるか?」という問いかけを始めたことは偶然ではない。空想科学小説から研究室に至るまで、私たちは長い間、自分自身を人工的な複製が、私たちに自分自身の意識の原点、より広義には、私たちの地上での役割、を見出すことの役にたつのだろうかと問い… 続きを読む

  • いまさら聞けないコンテナ入門

    いまさら聞けないコンテナ入門

    いまどき開発者会議に行って、ソフトウェアコンテナについて聞かずに済ますことはできない:Docker、Kubernetes、Mesos、その他多くの海事にちなんだ名前が耳に入ってくる。Microsoft、Google、Amazonそして他の皆も、昨年あたりからこのバンドワゴンに飛び乗っているようだ、だが皆が夢中な理由は何だろう? 続きを読む