WWDC

  • 今すぐ知りたい「Sign in with Apple」の15の疑問にお答えします

    今すぐ知りたい「Sign in with Apple」の15の疑問にお答えします

    WWDCで、セキュリティー関連の最大のニュースと言えば、他社のサインインシステムが使われるすべての場面でAppleの新しいシングルサインオンソリューション「Sign in with Apple」を使うよう、アプリ開発者に実装を求めたことだ。 続きを読む

  • WWDCで発表されたiOS、macOS、watchOSのおいしい部分まとめ

    WWDCで発表されたiOS、macOS、watchOSのおいしい部分まとめ

    今回のWWDC基調講演で発表された、iOS、macOS、そしてwatchOSが提供することになる新しい機能の中でもベストな部分を復習しておこう。 続きを読む

  • iOS 13で写真アプリが大改良、目当ての写真がさらに見つけやすく

    iOS 13で写真アプリが大改良、目当ての写真がさらに見つけやすく

    iPhoneの上で写真を見つけようと思ったら、どうするか?やり方はたくさんあるが、でも正直なところカメラロールへ行って光よりも速くスクロールし、自分の目が目的の写真を正しく見つけてくれることを信じるというやり方が圧倒的に多いだろう。 続きを読む

  • アップルの新しいTestFlightでスクリーンショット付きのフィードバックを簡単に送れる

    アップルの新しいTestFlightでスクリーンショット付きのフィードバックを簡単に送れる

    アップルがWWDCで発表した新しいTestFlightでは、アプリをテストしているユーザーがスクリーンショットを撮ってすぐにフィードバックできるようになる。 続きを読む

  • 「Appleでサインイン」はユーザーのプライバシーを守れるか

    「Appleでサインイン」はユーザーのプライバシーを守れるか

    Appleは、アプリにサインアップする際に、サードパーティのサイトやサービスがユーザーの情報を取得することを防ぐ新たな手法を公開した。 続きを読む

  • TechCrunch Japanは本日25時30分よりWWDC19解説生放送を放映、その見どころは?

    TechCrunch Japanは本日25時30分よりWWDC19解説生放送を放映、その見どころは?

    アップルは太平洋標準時の6月3日午前10時(日本時間6月4日午前2時)に、毎年恒例の開発者向けイベント「WWDC」を開催する。TechCrunch Japanでは、今回もWWDC19のライブ中継を見ながらその内容を解説するニコニコ生放送を実施する。放送開始時間は本日25時30分(6月4日午前1時30分)。終了時間はWWDC19の基調講演が終わり次第。 続きを読む

  • アップルがWWDC19を6月3日から開催、参加費は約18万円

    アップルがWWDC19を6月3日から開催、参加費は約18万円

    アップルの年次デベロッパー・カンファレンス[開発者向けイベント)は3年続けて米国カリフォルニア州サンノゼのMcEnery Convention Center(マクネリーコンベンションセンター)で行われることになった。 続きを読む

  • iOS 12、macOS Mojaveのセキュリティー機能を復習しておこう――ビッグイベントはいよいよ明日

    iOS 12、macOS Mojaveのセキュリティー機能を復習しておこう――ビッグイベントはいよいよ明日

    9月といえばAppleが新製品を出す月だ。新しいiPhoneだけでなく、Apple Watchその他のハードウェアもお披露目されるだろう。しかしそれを動かすソフトウェアが同様に重要だ。今年6月、Appleは恒例のWWDCデベロッパー・カンファレンスでiOS 12とmacOS Mojaveを発表した。このアップデートの重点はセキュリティーとプライバシーの改善に置かれていた。 続きを読む

  • Apple、広告トラッキングに対し厳しい姿勢を鮮明にーWWDC

    Apple、広告トラッキングに対し厳しい姿勢を鮮明にーWWDC

    Appleは、1年前のWWDCで発表した広告トラッキングブロッカーを活用してウェブブラウザーSafari上のプライバシー機能を強化するいくつかの策を今年の開発者会議で明らかにした。 続きを読む

  • 日本語版:WWDC関連記事まとめ

    日本語版:WWDC関連記事まとめ

    米国時間6月4日から開催されているWWDC。Appleが手がける毎年恒例の注目イベントだ。TechCrunchでも同イベントを取り上げた記事を続々と公開している。日本語で書かれたWWDC関連記事を以下にまとめたので、ぜひ活用してもらいたい。 続きを読む

  • Apple、watchOS 5を発表

    Apple、watchOS 5を発表

    Appleの WWDCのキーノート講演で、watchOSチームのKevin Lynchが次期バージョンのwatchOSを紹介した。これまでApple Watchはゆっくりだが着実な伸びを見せている。他を大きく引き離す人気のスマートウォッチであり、毎年少しずつ便利になってきている。 続きを読む

  • Apple発インテリジェントスピーカーのHomePod、2月9日に発売開始

    Apple発インテリジェントスピーカーのHomePod、2月9日に発売開始

    AppleのHomePodが、いよいよ売り出されることになった。発売開始は2月9日で、2017年のWWDCでアナウンスして7ヵ月後の出荷となる。価格は349ドルで、販売開始時はアメリカ、イギリス、そしてオーストラリアでの限定展開となるようだ。 続きを読む

  • 意外な展開:MacBook Airはまだ生きている

    意外な展開:MacBook Airはまだ生きている

    MacBook Airはどっこいまだ生きている。昨年Appleは薄く軽くなったMacBook Proを発売したが、みんなはやっぱり新しいMacBook Airを欲しがっている。MacBook Proの重さは13インチのMacBook Airと変わらないが、まだ値段が高い。それがみんなまだMacBook Airを好きな理由だ。 続きを読む

  • Siriに翻訳機能が加わり、声も人間らしくなる

    Siriに翻訳機能が加わり、声も人間らしくなる

    Siriが少し賢く、ちょっとだけ人間らしくなる。これは矛盾していない。 Appleの音声アシスタントは、これまでより男女とも明瞭で人間らしい声になり、イントネーションもよくなって、新しいスキルも身につける。iOS 11ではSiriの総合的能力が向上する。 続きを読む

  • Apple、10.5インチのiPad Proを発表

    Apple、10.5インチのiPad Proを発表

    Appleはつい先ほど新しいiPad Proを発表した。 新しいiPad Proは画面サイズが10.5インチになったが、本体の大きさは以前の9.7インチモデルとほぼ同じだ。これはAppleがベゼルをかなり細く削ったことを意味している。 続きを読む

  • WWDC:AppleがHomePodを発表――Amazon Echoに対抗するスマートスピーカー

    WWDC:AppleがHomePodを発表――Amazon Echoに対抗するスマートスピーカー

    AppleがAmazon Echoに対抗する製品を開発しているという情報は事実だった。この製品は(もっともなことに) HomePodと呼ばれる。AppleのCEO、ティム・クックは今回のWWDCカンファレンスのキーノートで「われわれはホーム・ミュージックを再発明した」と述べた。つまりAppleスピーカーは単にSiriを登載したスピーカーではなく本格的な音楽用だった。 続きを読む

  • Apple、MacBookを近くアップデート――6月5日のWWDCで発表か

    Apple、MacBookを近くアップデート――6月5日のWWDCで発表か

    Bloombergによれば、AppleはMacBookとMacBook Proのアップデートを近々行う予定だ。Appleはこれを6月5日のWWDCカンファレンスのキーノートで発表するはずだという。 Retinaディスプレイの12インチMacBookがアップデートされたのは1年前だが、このモデルは全体的に優れたデザインなので、新バージョンはスペックの強化程度にとどまるだろう。 続きを読む

  • 間近に迫るWWDC。目玉は新iPadおよびSiriスピーカー

    間近に迫るWWDC。目玉は新iPadおよびSiriスピーカー

    信頼できるアナリストであるKGIのMing-Chi Kuoや9to5macの情報によれば、Appleは間もなく開催されるWWDCカンファレンスにて、複数のハードウェアデバイスを新たに発表する予定であるそうだ。ひとつはベゼルを薄くして画面を広くしたiPadとなりそうだ。こちらのデバイスについては、既にさまざまな噂も流れている。また、Amazon Echoの競合プロダクトの登場も噂されている。 続きを読む

  • Webに接続するiOSアプリは2017年1月からHTTPSの使用が絶対条件になる、デベロッパーはご注意を

    Webに接続するiOSアプリは2017年1月からHTTPSの使用が絶対条件になる、デベロッパーはご注意を

    Worldwide Developers’ Conference(WWDC)のセキュリティプレゼンテーションでAppleは、App Storeのすべてのアプリが、App Transport Securityと呼ばれる重要なセキュリティ機能へ切り替えるべき締切日を、明らかにした。それは、2017年の1月からだ。 App Transport Security(ATS)は、AppleがiOSに導入した機能だ。ATSが有効になっていると、Webサービスに接続するアプリはHTTPでなくHTTPSを使わなければならない。HTTPSは通信を暗号化するの… 続きを読む

  • Apple、App Storeのレビュー・ガイドラインを改訂。定期購読のルールは明確化されず

    Apple、App Storeのレビュー・ガイドラインを改訂。定期購読のルールは明確化されず

    Apple毎年恒例のデベロッパーカンファレンス、WWDCの数あるニュースリリースの一環として、AppleはApp Storeレビュー・ガイドラインを改訂した ― App Storeに申請するアプリが受理されるか却下されるかを事前に判断するために、デベロッパーが利用する文書。Appleの説明によると、ガイドライン内容そのものに変更はなく、「よりわかりやすく」書き、「状況に応じた説明」が加えられたという。残念ながら、定期購読でアプリを収益化する機能の拡大等、新しいApp Storeのルールに関する追加説明は入っていない。 続きを読む